TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第24回 「変わらぬ人」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第23回 「狩りと獲物」 ネタバレあり感想 | メイン | 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第25回 「天が望んだ男」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第24回 「変わらぬ人」 ネタバレあり感想



鎌倉殿の13人

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。感想です。

第24回 変わらぬ人

あらすじ

頼朝(大泉洋)は、曽我兄弟の謀反を切り抜けて、鎌倉へ帰還していた。範頼(迫田孝也)が、頼朝不在の中で鎌倉殿になろうとしていたとして、義時につれてくるように命ずる。

スポンサードリンク

その範頼は、焚き付けた比企能員(佐藤二朗)の元に向かうが、巻き添えを嫌って仮病を使う。
範頼は、起請文を書いて頼朝に、忠誠を誓う。あくまでも鎌倉のために取った行動と弁明する。しかし、広元(栗原英雄)は署名に源頼朝とあり、源氏の名から降りるつもりはないと追求するのだった。

範頼を処分すると決めた頼朝であったが、比企尼が訪れていた。わざと過剰な処分を話、弟である範頼の処分を軽くしようとするが、疑われるだけで罪だと取り合わぬ。範頼は、死罪は免れ、伊豆の修善寺に幽閉される事となった。

修善寺送りになった範頼を時政が慰める。曽我兄弟の事件で謀反の疑いをかけられていた岡崎義実のところへ、梶原景時(中村獅童)がやってくる。首を斬るなら出家はさせぬと話す景時。義実は鎌倉を去る。

義時は、比奈(堀田真由)といっしょに暮らしていた。頼朝より起請文を書いて離縁せぬよう言われていると。
義村(山本耕史)は、突如隠居して弟に家督を継がせようかと思うと言い出す。義時は、まだもう少し付き合ってくれと頼むのだった。

頼朝は、京での権力を高めるために一条と大姫を婚姻させようと目論む。だが、大姫は木曽よしたかという許嫁がいると断るのだった。
これに困った頼朝は、政子(小池栄子)になんとかするようと言いつける。仕方がなく、全成を使って、義高を降ろさせるという策に出るが、まんまと大姫に見破られてしまう。
大姫は、巴(秋元才加)のところへいき義高の事を話してほしいと話す。だが、巴は自分の事を話し、義仲が死んで、自分が死ななく良かったと話すのだった。

頼朝は2度目の上京を果たす。京で実権を握っていた九条兼実だったが、土御門通親は、頼朝に会う気はないとされてしまう。
頼朝は大姫を帝の后にすべく動いていた。丹後局へ、入内の件を頼みにいく政子だったが、その対応は実に冷たいものだった。

その夜、大姫は行方をくらます。大雨の中、義村がこれを見つける。義村は、鎌倉殿の事も北条の家の事も忘れなさいと話し、己の生きたいように生きるのですとするのだった。
だが、大姫は病に倒れ入内の話しは延期となる。鎌倉へ戻っても大姫の容態は悪化する一方となる。大姫は衰弱し、20歳で命を落とす。

政子は悲しみにくれ、時政も涙にくれていた。だが、頼朝は、まだ諦めていぬとし、三播の入内の話をすすめるとした。頼朝は、大姫が亡くなったのは呪詛とし、範頼を殺害する。
頼朝は、ここのところ満足に眠れていない。頼朝にも死期が近づいていた。

感想

もう、頼朝が止まらない。悪い意味で。特に謀反の意思もなかった範頼までもが殺される事となってしまった。それにしても、善児怖すぎでしょ。

大姫は、最後まで義高の事を想い亡くなりました。結局、義高を殺した事がここまで響いてきてしまったのですね。

果たして頼朝は変わってしまったのか。それとも、こういう人だったのか。鎌倉殿となり、追われる側になった頼朝が、回りを恐れるのも無理はない。いつ寝首をかかれてもおかしくないわけですから。ただ、ここまで、処罰し続けると本人に取っても呪われているのではと思てしまうのも無理はないでしょうね。

頼朝の命も残りわずかとなります。もっとも、頼朝が亡くなった後の方が、大変な事に

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-14~2024-05-20

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6