TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 青天を衝け 第二十七回 「篤太夫、駿府で励む」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ 青天を衝け 第二十六回 「篤太夫、再会する」 ネタバレあり感想 | メイン | ドラクエウォーク 第6章コンプリート »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 青天を衝け 第二十七回 「篤太夫、駿府で励む」 ネタバレあり感想



青天を衝け

大河ドラマ「青天を衝け」。感想です。

第二十七回 篤太夫、駿府で励む

あらすじ

明治元年。篤太夫(吉沢亮)は、駿府で勘定組頭となっていた。
今、民部公子(板垣李光人)のいる水戸に戻れば、重用されるであろうが、平岡円四郎のように疎まれるとし、慶喜(草彅剛)は駿府に置くように仕向けたのだった。

スポンサードリンク

篤太夫は、旧幕臣と商人を集め、コンパニーを作るとして説明するのだがわかってもらえず。旧幕臣は、商人とともに働くのは嫌だとし、商人も御用金を収めるのは嫌だと。

篤太夫は東京へ向かい、三野村左衛門(イッセー尾形)と会う。正金を手に入れるためだったが、思っていたよりも少ない額だった。
篤太夫は、正金を元手に、良い米をつくるための物資を買う。そこで、五代才助と出会うのだった。

函館ではいまだ戦いが続いていた。官軍を前に、五稜郭まで戦線は引いていた。

駿府に、千代とうたがやってきた。あてがわれた部屋が小さいとうたは言い、苦笑いするのだった。

篤太夫は、武士には刀を外すようにと、商人には駿府を支える矜持を持つようにと伝える。駿府での商いは軌道に乗り始める。

一方、函館では、土方(町田啓太)が負けを悟り最後の死に場所と決める。しかし、成一郎(高良健吾)には生きろとし逃がすのだった。

箱館戦争が終わった事は、渋沢たちのもとにも聞こえてきていた。
新政府であ、戦勝終結に喜ぶも、駿府で商人と協力し利益を得ている事を危惧していた。
フランスからの書や、駿府での事は、渋沢が行っていたと広まりだすのだった。

感想

いよいよ、明治。渋沢栄一の本領発揮となるのです。まあ、いきなり武士と商人が仲良くと言われても、そうは簡単にはいかなかったでしょうが。旧幕臣には恩義があり、商人たちにもこれからは駿府を支えるという矜持を植え付けさせるという事で、うまく走り出しました。

栄一たちが、走り出す中で、まだ箱館戦争は続行中だったのですよね。土方歳三が討ち死。成一郎は生き延びる。生の匂いがすると土方は言ってたけれども、土方もやすやすと死ねる人物でもなかったろうにとも思うのですがね。

駿府でうまくいきはじめて、新政府からも目をつけられる。そりゃまあ、徳川を封じ込めたはずが潤い始めているわけですから、放ってはおけない。むしろ、そんな事ができる人物がいたならば、新政府からもほしい存在でしょうから。

という事で、次回は新政府へ向かう栄一です

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6