TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 青天を衝け 第十六回 「恩人暗殺」 ネタバレあり感想
« 吉野家 牛カルビ黒カレーがお肉感たっぷりのカレーで美味かった | メイン | 松屋 復刻メニュー ごろごろチキンのチーズトマトカレーをいただく »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 青天を衝け 第十六回 「恩人暗殺」 ネタバレあり感想



青天を衝け

大河ドラマ「青天を衝け」。感想です。

第十六回 恩人暗殺

あらすじ

関東へ旅立つ、栄一(吉沢亮)たちのところへ、円四郎(堤真一)がやってきた。いっしょに茶でも飲もうかというのだ。
無理して死にに行く事はないという円四郎。侍は、金も米も生まないと。お前は、お前のまま生き抜けと伝えるのだった。

スポンサードリンク

栄一から文が届き、渋沢家でもようやく、一橋家に仕えている事が伝わる。
故郷にも戻れるかもしれぬと栄一たちも、心躍らせるのだが。

水戸で尊皇攘夷に立ち上がった、藤田小四郎の騒乱に阻まれる。徳川慶篤は、天狗党の騒乱を鎮圧するよう命ずるのだった。
軍資金を集めるべく、その足は、惇忠(田辺誠一)の元へも向かった。だが、大義名分もなき争乱に手助けはできないと断るのだった。
だが、後日岡部の陣屋から呼び出しがあり、さらに取り調べに侍たちがやってくるのだった。

その頃、京でも攘夷派の御用あらためが行われていた。新選組による、討伐を受ける。池田屋事件である。
この襲撃は、慶喜が企てたと噂になっていた。

栄一は、江戸でやす(木村佳乃)の元に立ち寄る。その足で、一橋家の所領を周り、人材を集めて回るのだった。
かつての仲間、真田範之助(板橋駿谷)の元を訪れる。だが、水戸で恭平した藤田小四郎に加勢しようとしていた。
一橋家に仕えぬかという、栄一と喜作の言葉にも耳を貸さず。

人集めも一段落し、血洗島へも寄ろうと話す喜作。だが、市右衛門から宿にいる栄一に文が届く。惇忠が水戸への関与を疑われて、牢に繋がれている事。陣屋のものたちも2人が勝手に村を抜け出したのをいかっていると。ひとまず、血洗島へ見合わせろとあるのだった。

水戸での騒乱に、水戸徳川家も騒乱の中にいた。
京にいる、慶喜たちも、水戸の兵は当てにならぬと諦めるしかなかった。
慶喜(草彅剛)は、人々がいう自らの輝きによって、狂わされていると。そんな、輝きなどないと話すのだ。円四郎は、権現様の再来だと思っていると話すのだった。

そんな日、平岡円四郎は、水戸攘夷派によって斬られてしまうのだった。円四郎が殺された事は、すぐに慶喜の耳にも入る。円四郎の遺体の前で泣き崩れる慶喜であった。

篤太夫と成一郎が、円四郎の死を知るのは半月後の事でした。

感想

平岡円四郎死す。渋沢栄一と、徳川慶喜を引き合わせた張本人。まさしく、栄一たちからすれば恩人でしかない。慶喜との出会いで、栄一の運命はかわるのだらから、円四郎の役割は大きい。

この頃の栄一は、攘夷を志すというのは、簡単なことではないとして、真田たちを説得するわけですが、かつての栄一たちと同様に広い世がある事をまだ知らないのです。

幕末の世は凄まじい勢いで動いていますな。次回、京では長州が起こす禁門の変。水戸から発した天狗党の乱。まだまだ、これも序曲にすぎない

 

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-10~2024-05-16

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6