TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 青天を衝け 第十三回 「栄一、京の都へ」 ネタバレあり感想
« 今年もやってきた 松屋の期間限定 ごろごろ煮込みチキンカレー | メイン | 大河ドラマ 青天を衝け 第十四回 「栄一と運命の主君」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 青天を衝け 第十三回 「栄一、京の都へ」 ネタバレあり感想



青天を衝け

大河ドラマ「青天を衝け」。感想です。

第十三回 栄一、京の都へ

あらすじ

栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)は、京へ向かう前に、江戸へ向かっていた。途中の熊谷宿に立ち寄っていた。
そこで聞こえてきた、薩摩言葉。五代才助であった。栄一たちと出会うのはまだ先の事であった。
江戸に着いた、栄一たちだったが、円四郎(堤真一)は既に旅立った後だった。しかし、やす(木村佳乃)から円四郎よりご証文を預かっていた。
江戸で装束を揃えてもらい、京へと旅立つのだった。

スポンサードリンク

京に着いた、栄一を驚かせたのは、新選組だった。土方に目を付けられた栄一たちだったが、そのまま去っていた。浪士が浪士を見回らせていという、それをやらせているのは円四郎だと言うのだ。
栄一たちは、円四郎に礼を言い立ち去るつもりだった。

この頃、政の中心は江戸から京へと動いていた。
慶喜(草彅剛)たちは、朝儀参与に任命されていた。ここで力を持っていたのは薩摩勢であった。
松平春嶽(要潤)は、まだ薩摩を疑っているのかと問うていた。いまの国難は公儀だけでは切り抜けられるぬと。天子様が、横浜港を閉じよなどと無理難題を言うならば、徳川は政の委任を返上するべきだと。

栄一たちは、円四郎に会えずじまい。次第に、金も尽き借金まみれに。栄一は、攘夷を果たすべく長七郎に手紙をだし呼び出す。
それを受けて、長七郎(満島真之介)は、血洗島から旅立つ。途中、宿を探す傍ら、祝い事の列に遭遇する。狐の面をした集団に、長七郎は自分をたぶらかすものと斬りかかってしまったのだ。

栄一たちの元に、長七郎入牢の文た届く。江戸へ戻ろうと言い出す喜作をなだめる。横濱襲撃計画などを書いた文も押収されてしまったのだ。
慌てる栄一たちの元に客人がやってくる。平岡円四郎から呼び出しがかかったのだった。

円四郎は会うなり、江戸でなにか企てたかと問いただす。公儀から追手がかかっているというのだ。まずは包まず話せと。喜作と栄一は、事の成り行きを話し出す。円四郎はあらためて、家来にならないかと2人を誘うのだった。

感想

いよいよ、栄一が京へやってきました。そして、なんとか円四郎と再会。しかし、長七郎は捕まるし、なかなか前途多難。

元々、攘夷を目指していたはずなのに、一橋家の家来になるって流れなので、なかなかぶっ飛んでいます。まあ、栄一たちは、まだ世の流れを理解しきれていないので、この流れは運が良かったとも言えるんですが。

京での流れも、西郷どんのときと違って見えるのは、立場が違えば見え方が違うというところなんでしょうな。あのときは、薩摩側からの視点でしたからね。慶喜、または栄一から見た視点だと違って見えるのでしょうね。

次回、いよいよ、一橋家の家来へ。慶喜との再会なるかってところですね。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-14~2024-05-20

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6