TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 青天を衝け 第四回 「栄一、怒る」 ネタバレあり感想
« 東日本大震災から10年 #東北魂 | メイン | 津田沼PARCOが2023年2月で閉店へ »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 青天を衝け 第四回 「栄一、怒る」 ネタバレあり感想



青天を衝け

大河ドラマ「青天を衝け」。感想です。

第四回 栄一、怒る

あらすじ

藍の買付をその後も続ける栄一(吉沢亮)。
さらには、惇忠の影響もあり、書物に読みふけり、話で盛り上がるのだった。

スポンサードリンク

江戸では、13代将軍に、徳川家定(渡辺大知)が付いていたが、実務をおこなっていたのは、阿部正弘(大谷亮平)と、徳川斉昭(竹中直人)であった。
一方で、平岡円四郎(堤真一)は、徳川慶喜(草彅剛)の小姓となっていた。

血洗島では、藍農家をねぎらう宴会が、栄一の仕切りで開かれていた。
栄一の仕切った、宴会で、藍の出来によって番付をつけるというものだったが、大いに盛り上がった。

翌年、ペリー(モーリー・ロバートソン)が再びやってくる。
阿部は迷った末、日米和親条約を締結した。

栄一は、父の名代とし、御用金を申し付けられる。
だが、岡部の代官に即答出来ぬと、ひと悶着おこしてしまう。
代官の態度に腹を果てた栄一。500両は軽々しく名代が即答できる額ではないするのだ。
栄一は、代官を悪く言うが、父は、泣く子と地頭だといい、すぐに払ってきなさいとだけ言い立ち去るのだった。

翌日、500両を持参した、栄一だったが代官は、話も聞かずに立ち去るのだった。

感想

江戸と血洗島での動向がどうつながるのか、まだまだ見えません。栄一は、この頃より商売では才覚を発揮し始めていたようです。まあ、これに比べると岡部の代官は、悪しき昔ながらのお代官様という感じですなぁ。

慶喜の小姓となった平四郎。ちょっと、聞かない名ですが、これからどうからんでいくのか。栄一と慶喜を引き合わせる役回りのようですが。

次回も、まだまだ延長上。江戸では大地震が起こるようです。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6