TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 麒麟がくる 第十五回 「道三、わが父に非ず」 ネタバレあり感想
« Pokémon GOはレベル35に | メイン | ほぼ月刊 こーいちぶろぐ 2020年4月号 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 麒麟がくる 第十五回 「道三、わが父に非ず」 ネタバレあり感想



麒麟がくる

大河ドラマ「麒麟がくる」。感想です。

第十五回 道三、わが父に非ず

あらすじ

利政(本木雅弘)は、仏門に入り名を道三とした。家督は嫡男の斎藤高政(伊藤英明)に継がれる事となるのだった。

スポンサードリンク

それから二月後、光安(西村まさ彦)から夜分に呼び出しを受けた十兵衛(長谷川博己)の前にいたのは斎藤道三の次男・孫四郎であった。高政の事を快く思わぬ孫四郎は、明智が戦闘にたち国衆たちをまとめあげて、高政に退いてもらいたいのだという。だが、十兵衛は、これをあっさりと断るのだった。

その後、高政から呼ばれた十兵衛は逆に、孫四郎をそそのかしているという帰蝶(川口春奈)に釘をさすために尾張まで出向くように命を受ける。困り果てた十兵衛は、隠居した道三のもとへ相談に向かうのだが、織田との盟約をどうするかは決めていないとし、高政に任せるという。信長が彦五郎に敗れるようならそれまでと。だが、信長は彦五郎に負けるような器でもないとするのだった。

尾張では守護の斯波義統が彦五郎の方の坂井大膳らに殺され、息子の斯波義銀は信長のもとへ逃げ延びる。彦五郎より囲碁の誘いを受けていた織田信光は、清州城で彦五郎を暗殺する。これに乗じて信長は一気に清州城を占領、尾張をほぼ手中に収めるまでに至った。

これにより、信長を買っていた道三は喜び、孫四郎たちも祝の馬を送るなどするのだった。高政は、孫四郎らの動きに目を光らすようになる。

駿府でも信長の躍進が伝わっていた。駒(門脇麦)はまたもや藤吉郎(佐々木蔵之介)に付きまとわれていた。藤吉郎は侍になるといい、今度は尾張へ向かい信長に仕えるのだと。そのまえに字をおしえてくれと駒に頼み込むのだった。

美濃では、高政が病にふせっていると聞き、孫四郎、喜平次が見舞いにやってきていた。だが、高政の命を受けていたものに殺されてしまう。2人が殺された事で、道三は嘆き怒り狂うのだった。道三は、すでに稲葉山城を退いていた。

感想

高政へ家督を譲った事は次なる騒乱への引き金にしかならなかったようで。結局の所、高政を慕っていたものたちはいたが、孫四郎はこころよく思っていなかったのでうまくいくはずもなく。これに輪をかけて、道三が買っていた織田信長があっさりと彦五郎を追い払い尾張を手中にしようかという勢いになった事も焦りの要因であろう。

高政は、何故か信長とは対面をせず。一度もあった事のない信長を軽く見ていた事もあるが、父・道三に気に入られていた信長が気に食わなかったというのもあるだろうが。

尾張での信長の躍進の影に帰蝶あり。信光をそそのかして、彦五郎を殺させたりと暗躍してますな。尾張で勢いを増す信長は、駿府にも届いていたし、美濃でも話題になっていた。ただのうつけものと思われていたのが、これはなかなかどうして侮れないと見られ始めていたのかどうか。

そして、次週は、道三と高政の戦が始まるようです。長良川の戦いの幕開けです。これにより、道三は討ち死にするわけですが、どんどん時代が進んでいっているという感じがしてきました。

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)
池端 俊策
NHK出版 (2020-01-11)
売り上げランキング: 416
関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-10~2024-05-16

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6