TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 麒麟がくる 第十一回 「将軍の涙」 ネタバレあり感想
« ほぼ月刊 こーいちぶろぐ 2020年3月号 | メイン | Ingress Pioneerゴールドメダルゲット »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 麒麟がくる 第十一回 「将軍の涙」 ネタバレあり感想



麒麟がくる

大河ドラマ「麒麟がくる」。感想です。

第十一回 

あらすじ

松平竹千代と、織田信広との人質交換がなされて、ますます今川方有利に傾いていた。竹千代は、駿府へと送られ今川義元(片岡愛之助)との対面を果たすのだった。

スポンサードリンク

信秀(高橋克典)は、弓も強く引けぬほどの状態となっていた。翌年、今川に攻め込まれるが防戦一方となり美濃に援軍を求めるのだった。

利政(本木雅弘)は、織田に援軍を出すかを家臣たちに問うていたが、誰も織田には援軍を出したがらなかった。仕方がなく、織田には米は出すが兵は出せぬと光安(西村まさ彦)を通して、十兵衛(長谷川博己)を向かわせるのだった。

信長(染谷将太)と対面した十兵衛であったが、意外にも兵を出さぬ事を咎められはしなかった。信長は、今川と和議を結ぶしかないとするが手立てがない。十兵衛は、かつて守護土岐家の内紛が起きた際に将軍家に間を取り持ってもらった事を話す。信長と帰蝶(川口春奈)に、京で将軍と親しいものとよしみをかわした十兵衛に将軍に仲介を頼むのだった。

美濃へ戻った十兵衛だったが、利政は金は出さぬとし、勝手にしろと言われてしまう。仕方なく、高政(伊藤英明)に取り持ってもらい土岐頼芸(尾美としのり)と対面するが、利政が守護の座をねらっているとし協力しようとはしなかった。むしろ高政に父・利政の首を取るように迫るのだった。

一方、京では三好長慶(山路和弘)の下剋上により戦がおこっていた。将軍・足利義輝(向井理)は近江に逃げるしかなかった。近江へとやってきていた十兵衛は混乱の中細川藤孝(眞島秀和)との再会を果たす。藤孝のとりなしで、朽木へ逃げ延びていた将軍・義輝との対面を果たすのだった。
義輝は、かつて十兵衛が言っていた、将軍は武士の棟梁であり、将軍が戦をやめるように言えばやむのだと。そのような事も出来ぬ自分を嘆き涙する義輝であった。義輝は、織田と今川との和議をとりなす文を出すといい和議へと向かうのだった。

感想

ああ、織田信秀、道三と争っていた頃の覇気がどんどんなくなっていくなあ。そして、光秀は、相変わらず都合よく使われている感じ。まあ、光秀自身の人と引き合うところも仇なのかもしれないですが。信長が今川義元を打ち破るのはまだ先の話。この頃は、さすがに今川とは和議をという話になりました。

道三も、息子を始め家臣団からの嫌われっぷり。唯一頼みにしているのが明智家という事なので、こちらも大変そうです。そして、土岐頼芸がまた息子の高政を焚きつけるのがほんとに上手で。

足利将軍家は衰退の一途ですが、義輝はまだ将軍の復権を考えているんですよね。それが結局は叶わぬわけですが。いろいろあって将軍とのかかわり合いがあった光秀。この後も足利将軍家との結びつきが続きますね。

次回は、光秀の結婚会。一方で、信秀はもう先が長くない。信長が家督を譲られる前の話になります。

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)
池端 俊策
NHK出版 (2020-01-11)
売り上げランキング: 416
関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-14~2024-05-20

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6