TopTVドラマ大河ドラマ > 西郷どん 第25回「生かされた命」ネタバレ感想
« 今期(2018年春)見てたアニメを並べる | メイン | ほぼ月刊 こーいちぶろぐ 2018年6月号 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

西郷どん 第25回「生かされた命」ネタバレ感想



西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」第25回の感想です。

第25回 「生かされた命」

あらすじ

座敷牢で倒れていた吉之助(鈴木亮平)は、土持正照(斎藤嘉樹)、川口雪篷(石橋蓮司)によって助け出される。土持の機転により、土持の屋敷に、座敷牢を作らせて、そこに吉之助を入れる事にするのだった。

スポンサードリンク

土持家の働きもあって回復した、吉之助は座敷牢へと入れられる。そこで、吉之助は島の子供たちに学問を教える事とするのだった。

その頃、久光(青木崇高)は江戸よりの帰りに、かの生麦事件をおこす。イギリスは、幕府に対して賠償請求をつきつけるのだが、慶喜(松田翔太)は薩摩に支払わせるべきとし、応じない考えをしめした。
これにより、薩摩ではイギリス軍がいつ攻めてくるかと騒動になる。大久保一蔵(瑛太)は、久光にイギリスを迎撃するように考えを述べる。一蔵の働きかけにより、寺田屋事件で謹慎となっていた信吾(錦戸亮)らの謹慎もとけ、生麦事件での主犯となっていた奈良原は海江田武次(高橋光臣)は自害しようとしていたが、これも止められる。

薩摩へイギリス軍が攻め込もうという知らせは沖永良部島にも届く。気が気ではない、吉之助はイギリス軍が沖永良部島へ攻め入る夢をみるのだった。
土持よりイギリス軍は、琉球で補給して薩摩へ攻め入るつもりだとし、沖永良部島にも砲撃してくる可能性を語る。吉之助は、雪篷と協力し丸太を黒塗りして大砲にみせかける作戦を考えるは、戦には縁のない島民は当初だれも力をかさなかった。しかし、子供たちが手伝いをし始めて、島民や代官たちも力を貸し始める。

しばらくして、薩摩よりしらせが届き、薩摩がイギリス軍を追い払ったことが知らされるのだった。そして、ほどなくして吉之助の召喚の命も下るのだった。

薩摩より迎えの使者がやってくる。それはなんと、信吾であった。寺田屋騒動があり安否をきにかけていた信吾との再会を喜ぶ吉之助。吉之助は、沖永良部島の島民らに別れをつげて薩摩へと向かうのだった。
薩摩へ向かう途中、信吾が気を利かせて奄美大島に立ち寄り、愛加那 (二階堂ふみ)との再会を果たす。菊池玄吾はなれなかった事を詫びる吉之助だったが、自分のことよりも民の事を考える吉之助だから惚れたのだと愛加那は言うのだった。

感想

2回目の遠島は2話で終了。徳之島での愛加那との再会で始まり、大島での愛加那との再会で終わるという事になりました。愛加那とは、この2度の再会で今生の別れとなります。

その後の、薩英戦争の発端となる、生麦事件でしたが、あっさりと描かれました。吉之助にとっては伝聞でしかきいていないことであり、あのくらいがちょうどいいのでしょう。さらに、薩英戦争自体はまったく描かれず。わずか2日で終わった事もあって、吉之助のところには事後報告だけが届いた事になります。

沖永良部島でも牢に入れられていたとはいえ、やっぱり西郷どんは西郷どんで、いつの間にか皆に慕われるようになってましたな。西郷の教えは、薩摩の教えなわけですが。

川口雪篷が、ナポレオンを知っていたのかはわかりませんが、時代的にはナポレオンよりも後なので知っていてもおかしくないという事にはなります。雪篷が革命の旗をふって西郷を送り出すのは、これからの西郷の進む道を暗示しているのでしょうかね。

次週は、スペシャルという事で1回休み。続きは再来週で、吉之助は京へと。どうやら、糸との再会も描かれるようです。まあ、確かに遠島から帰って数年後に糸と結婚するわけなので、時期的にはあってるんですが、最後の愛加那との別れをみると、複雑な気持ちにもなります。

流れからいくと、禁門の変、長州征伐が今後描かれる事になるようです。さらに、幕末の英傑たちが登場してきて、いよいよ幕末もの

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-07-10~2018-07-16

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6