TopTVドラマ大河ドラマ > 西郷どん 第17回「西郷入水」ネタバレ感想
« GWは浅草橋呑み 「新橋やきとん 浅草橋店」でダラダラ呑み | メイン | GW呑み 2次会は「串屋横丁 浅草橋一号店」で飲み直し »
このエントリーをはてなブックマークに追加

西郷どん 第17回「西郷入水」ネタバレ感想



西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」第17回の感想です。

第17回 「西郷入水」

あらすじ

幕府から追手から逃れて吉之助(鈴木亮平)と月照(尾上菊之助)は、薩摩まであと僅かというところまでやってきていた。

スポンサードリンク

月照の策もあり、薩摩の関所を通過し西郷家までのがれてきた吉之助と月照。月照は、しばらくの間西郷家で匿う事となった。

江戸では篤姫 (北川景子)が天祥院と名を変え、将軍・家茂の母という立場となっていたが、かつての将軍継承争いもあり信頼されてはいなかった。この状況に、幾島(南野陽子)は自らは暇をもらい京都へ戻る事を頼む見込むのだった。

薩摩でも、斉興(鹿賀丈史)が江戸より戻ってきていた。斉彬の遺言により久光(青木崇高)の子・茂久が家督を継ぐ事となるのだった。

吉之助は、藩に取り合い月照を安堵してもらう事を頼もうとするが、斉興が帰ってきた事により藩の情勢が変わっている事を正助(瑛太)より聞き伝えられるのだった。正助は、吉之助の身柄を安堵するためにも、なんとか2人の身柄を安堵しようと、山田為久を伝手に願い出る事を考える。

だが、久光が亡き斉彬の意思をつぎ、京へ出兵する事を考えていたのとは裏腹に斉興は幕府への恭順をとる策をとる。薩摩藩を安堵すべく旧来のやり方に戻そうとしていた。これには、実施の久光も、お家取り潰しをちらつかされた茂久も逆らえずにいた。この状況に、山田も吉之助と月照の安堵は願い出るわけにはいかなかった。

諦めきれない正助は、久光の元にむかい西郷と月照の安堵を頼もうとするが、逆に久光の怒りを買ってしまうのだった。正助は、最後の手として斉彬に西郷に月照を斬らせる事で、吉之助の身柄の安堵を願い出るのだった。

正助の言葉により、吉之助は月照を斬る事を承諾するのだった。吉之助は月照を処刑すべく船を出すのだった。だが、西郷家へ向かった正助は、吉之助が大事にしていた短刀が飾られている事で、吉之助自身も死のうとしている事に気づくのだった。

船で沖へと出た吉之助と月照は、2人共々海へと身を投げるのだった。

感想

斉彬の意思を継いで、なんとか生きる事を決心した吉之助でしたが、前途は多難でした。薩摩へ戻ってきても、あの斉興が実権を取り戻していて斉彬亡き後の薩摩藩は吉之助の敵となってしまっていました。

身を潜めながら薩摩へと帰ってきた吉之助に比べれば堂々と薩摩へ帰ってきた斉興の方は難なく帰ってきたようです。斉彬の遺言どおりに久光の子・茂久に家督を譲らせたのも自らが実権を握りやすいということろがあっての事でしょう。

父・斉興に逆らう事も出来ない久光はこの後、斉興が亡くなるまでは表舞台には立てずじまいとなります。正助に当たりたい気持ちもわかるというものです。正助は、ここら辺がまだ情勢を見誤っていたのだろうなという気もします。それに斉興が吉之助を匿うという策に本当にのったかも怪しいものではあります。いずれにせよ月照を亡き者すれば幕府への申し開きも出来るわけで、その後の吉之助の処遇もどのようにでも出来たでしょうから。

そして、月照とともに海に身を投げる事となりました。結局、月照だけが亡くなり吉之助自体は助かる訳ですが、奄美大島へと送られる事となります。

次回以降は、奄美編がスタート。しばらくは中央の政局からは離れる事に

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-05-19~2018-05-25

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6