TopTVドラマ大河ドラマ > 西郷どん 第13回「変わらない友」ネタバレ感想
« 松屋で復活の「ごろごろ煮込みチキンカレー」がやはり美味しい | メイン | Pokémon GOはレベル30に »
このエントリーをはてなブックマークに追加

西郷どん 第13回「変わらない友」ネタバレ感想



西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」第13回の感想です。

第13回 「変わらない友」

あらすじ

将軍家定への輿入れが決まった篤姫 (北川景子)だったが、その直後に安政大地震が発生する。輿入れのために用意されたものもことごとく壊れ台無しになってしまったため、輿入れは1年の延期となってしまう。

スポンサードリンク

吉之助(鈴木亮平)らの尽力もあり、1年後ついに篤姫の輿入れの日を迎える事となる。吉之助が篤姫と再び出会うのは江戸城開城のときとなるのだった。

江戸城・大奥へと輿入れした篤姫。そこにいたのは、なんと家定(又吉直樹)自身であった。家定は、篤姫に丈夫であるか、先に死なぬかと問いかけ去っていくのだった。

篤姫の輿入れを済ませた斉彬(渡辺謙)は、一旦薩摩へと帰る事となり、西郷もまた帰郷する事となる。その途中、京へ立ち寄った斉彬は。近衛忠煕(国広富之)と会うののだった。さらに、僧侶の月照(尾上菊之助)に、来る日の一橋慶喜の将軍推挙を頼むのだった。

そして、吉之助はいよいよ薩摩へと帰って来るのだった。しかし、度重なる借金で西郷家は困窮し、ついには家を売らねばならぬという寸前の状態であった。

その夜、共に帰郷した有村俊斎(高橋光臣)や、大久保正助(瑛太)らと飲み交わすのだった。しかし、斉彬の事を聞かれても、その命は明かす事が出来ない事ばかりで、質問攻めにあって、つい苛ついてしまうのだった。だが、正助が自ら嫁をもらう事になった事を告白し、その場は再び盛り上がるのだった。

薩摩へ帰ってきた斉彬は、その後も尽力的に働くのだった。お家の事ばかり心配する弟の久光(青木崇高)に対し、この国が危機であるとし、大砲を作ったり軍艦を買い入れたりする事の意義を問うのだった。答えに戸惑う久光に対して、吉之助は「大事な事は勝つ事ではなく、異国と対等に付き合う事」であると答えるのだった。

いよいよ正助の祝言の日がやってくるのだった。しかし、吉之助は突如斉彬より呼び寄せられるのだった。なんと、江戸で阿部正弘(藤木直人)が亡くなったというのだった。急ぎ、江戸へ戻らねばならなくなったとするのだった。これにより、慶喜を将軍にするのは一旦頓挫してしまうだろうと。しかし、吉之助は篤姫がいるとして、斉彬のために働く事を誓うのだった。さらに江戸へ向かうにあたって、大久保正助を推挙するのだった。

吉之助が戻ってきた頃には既に祝言は終わってしまっていたが、正助だけは待っていたのだった。だが、正助をいっしょに連れて行く事を推挙した事で、2人の間で喧嘩となってしまう。
結局、喧嘩別れしたまま吉之助の出立の日が来るのだった。しかし、正助は祝言の夜の日の事を聞いていた嫁の満寿(美村理江)の説得もあり、吉之助の元へ向かう事となるのだった。吉之助もまた、正助を置いてきた事が気がかりとなっていて、途中まで引き返していたのだった。吉之助と正助は出会い、共に薩摩から出立するのだった。

感想

ドラマは1回休みとなっての続き。安政大地震ではかなりの被害もあったようで、篤姫の輿入れにもやはり大きく影響があったようです。篤姫の大奥での働きはこれから描かれると思いますが、まずは強烈な又吉家定の洗礼を受ける事になりました。

物語としては、西郷と大久保の関係性があらためてとりあげられます。この2人は、友でありライバルであるという生涯にわたる関係は、この頃から続いていくわけなのですよね。西郷からの申し入れが上から目線とみられても仕方がない部分もありますが、逆に西郷が大久保に助けられる日も来るわけなので、お互い様というところではあります。

この後の展開として大きく関わりのあるであろう、月照や近衛忠煕も登場しました。月照は、西郷とともに入水自殺をはかるわけですが、もう少し先の話になります。

一時の安息となった薩摩帰郷でしたが、阿部正弘の死去により斉彬ら慶喜擁立派は窮地に立つわけです。実際問題として、慶喜は14代将軍とはなれずに終わる訳です。また、阿部正弘が亡くなったという事で、斉彬の死もまた近づいた事になります。あと数話といったところでしょうね。

再びの江戸編で、西郷はよりいっそう幕末の中心に関わっていく事に

 

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-05-19~2018-05-25

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6