TopTVドラマ大河ドラマ > 西郷どん 第7回「背中の母」ネタバレ感想
« 昨年オープンしたベイフロント蘇我のくら寿司で腹いっぱい食べてきた | メイン | 2月恒例 ビアード・パパの生チョコシューがやっぱり美味しい »
このエントリーをはてなブックマークに追加

西郷どん 第7回「背中の母」ネタバレ感想



西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」第7回の感想です。

第7回 「背中の母」

あらすじ

西郷家では、祖父・龍右衛門(大村崑)が亡くなる。

スポンサードリンク

斉彬は江戸へメリケンの船が向かっている情報を得る。これを知り江戸へ向かう事になると考え、才能のある二世を探らせるのだった。さらに、於一 (北川景子) を自らの養女とするのだった。江戸へ行き輿入れしてもらうのだというが、その相手はまだ知らせなかった。

満佐(松坂慶子)は、吉之助(鈴木亮平) に嫁取りを急かすが、吉之助は斉彬(渡辺謙) が江戸へ伴う二世を探している事を知り拒むのだった。しかし、ある日満佐が熱を出して寝込んでしまう。吉兵衛(風間杜夫) から満佐が祖父の病気をもらってしまったのだといい、吉之助に嫁をもらうように諭すのだった。病の母の事を思い、吉之助は嫁をもらう事を決意するのだった。

吉之助は、伊集院家より須賀(橋本愛) を嫁にもらう事となる。須賀は、無愛想ではあったが、懸命に西郷家に馴染もうとするのだった。そして、満佐も自らの命が長くない事を悟り、西郷家でのあれこれを須賀に授けようとするのだった。

ある日、須賀は西郷家に馴染めるかを問われて、まだわからないと素直に答えてしまう。吉兵衛は、自らの事を例えに出し、満佐が自分に惚れてくれた事で自分も満佐が好きになったとし、まずは吉之助の事を好きになるのがいいと説くのだった。
だが、次の日一向に目を覚まさない吉兵衛。吉兵衛は、そのまま亡くなってしまったのだった。須賀は、1年のうちに2人死ぬと3人目を欲しがるとし、人形をいっしょに埋めた方がいいと言うのだが、そんな事は迷信だとされてしまうのだった。

その後、満佐の病状も悪くなる一方となる。密さは、吉之助に頼んで、城山の上に背負われ連れて行ってもらうのだった。かつて、ここで父・吉兵衛との思い出を語る満佐。吉之助が江戸行きの人選から漏れた事を、吉之助が江戸行きを申し出ていなかったのだろうと言うのだった。満佐は、吉之助に背負われたまま、息を引き取るのだった。

感想

吉之助の嫁取りの回でした。そして、西郷家では、同じ年に祖父、父、母と亡くなっているのですね。これは、西郷家にとっては辛すぎる年となりました。吉之助にとっても辛い年だった訳ですが、父もなくなって一家を切り盛りしなければならなくなり経済的にも辛くなったようです。

須賀自身、たしかに無愛想で不器用ではありましたが、こんな年に嫁入りした事で不吉な嫁とされてしまうようです。最終的には、吉之助と離縁する事になるようです。嫁入りから途中まで一言もしゃべらないのはさすがにちょっと怖いものがありましたが。その後、酒を飲み始めてから口を開きだすというのがまた。

西郷家の1年がメインになってしまったので、あまり大きな事変はなかったのですが、今後への大きな布石として、篤姫となる於一が斉彬の養女になりました。斉彬自身は、将軍家への輿入れを最初からもくろんでいたのでしょうね。まあ、あの篤姫は、たしかによく食べて強運の持ち主ではありました。

次週は、いよいよ黒船来航。吉之助も江戸に向かう事になるようです。その前に、須賀との離縁話となるのでしょうかね。史実では、西郷家の困窮に見かねて伊集院家が須賀を引き取るという事になっているので、どういうに描かれるのでしょうか!?吉之助と於一の再会もあるようです。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-10-12~2018-10-18

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6