TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ おんな城主 直虎 第35回 「蘇えりし者たち」 ネタバレあり感想
« ほぼ月刊 こーいちぶろぐ 2017年8月号 | メイン | 五十路への階段登る »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ おんな城主 直虎 第35回 「蘇えりし者たち」 ネタバレあり感想



おんな城主 直虎

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第35回の感想です。

第35回 「蘇えりし者たち」

あらすじ

瀬戸方久(ムロツヨシ)からの報せで、堀川城が壊滅した事を知った直虎(柴咲コウ)は、堀川城へと向かう。南渓(小林薫)や、傑山(市原隼人)、昊天(小松和重)とともに生きている者を探す直虎。直虎は、そこで瀕死の状態ながらも生きていた龍雲丸(柳楽優弥)を見つけるのだった。

スポンサードリンク

龍潭寺へ龍雲丸を担ぎ込み必死の手当をする直虎。一進一退の状態を繰り返す龍雲丸の様態であった。

堀川城でのなで斬りもあって、堀江城の大沢基胤(嶋田久作)は降伏。家康(阿部サダオ)は、いよいよ掛川城攻めへ全力をあげる事となる。しかしながら、この状況に家康は常慶(和田正人)を呼び出して、ある策を頼むのだった。

寝ずの看病をしていた直虎の元に、鈴木重時(菅原大吉)の息子が現れる。大沢攻めで父が討ち死にしたゆけお経を読んでもらいたいのだという。直虎は、頼みを聞き入れお経を読むのだった。その歌うような経が流れる中、長く眠っていた龍雲丸が目を覚ますのだった。

龍雲丸が目覚めた事で喜ぶ直虎たちであった。龍雲丸は、南渓よりほかの皆が助からなかった事を悟るのだった。そんなおり、近藤康用(橋本じゅん)の手のものが現れるのだった。怪我人の手当をしてほしいというのだった。これは、近藤に恩を売るいい機会だという龍雲丸に、直虎はのたれ死ねばいいのだと言い放つ。

それでも、昊天と共に、井伊谷城へ行ってみてみるとそこで大怪我をして倒れていたのは、近藤康用自身であった。近藤の手当をするために刃物を持った直虎に、近藤が恐れる様を見ながらも、殺すつもりならこのまま放置しておくとし手当を始めるのだった。

龍潭寺へ戻った直虎の元に、直之(矢本悠馬)が訪ねてくる。隠れ里で暮らしている皆の手紙を持って。隠れ里では、なんと政次の真似が流行っているのだという。皆の中にまだ政次が生きていると知り泣き、そして笑う直虎であった。
その様子をみて笑う龍雲丸。振り向くと、そこにはなんと頭を丸めた方久がいるのだった。今度は、武器ではなく皆を助ける薬を売りさばいて富を得るのだといい、そのために昊天に弟子入りするために僧になるのだというのだ。

一方、家康は常慶の働きもあって、氏真(尾上松也)と対面を果たしていた。今川と和睦するというのだった。長引く戦に嫌気がさしてきていたという家康。家康の提案に感謝する氏真であった。

井戸にいた直虎の元に、昊天らが現れ龍雲丸が見当たらないという。直虎は、気賀まで出向き龍雲党のアジトにいた龍雲丸を発見するのだった。まだ傷が癒えていなかった龍雲丸は倒れ込んでいたのだった。龍雲丸はここに戻ってきている者がいないかと思ってきたのだという。なぜ自分ばかりが助かるのかと涙を流す龍雲丸。直虎も、自分も同じだといい。なぜ、但馬ではなく自分ばかりが生き残ったのかと共に涙するのであった。

掛川城を出る事になった氏真は北条を頼る事となる。そして、家康は掛川城へ入城し、これにて遠江全域を支配することになるのだった。この報せを聞いた信玄(松平健)は怒りを露わにするのであった。

感想

政次の死、そして堀川城の悲劇と立て続けに辛い回が続きましたが、龍雲丸の生還。そして、久しぶりに笑える話が散りばめられてて、つかの間の休息回となりました。

龍雲丸に薬を飲ませるべく口移しで飲ませていた事を、南渓和尚がやっていたと嘘をつく直虎。そりゃ、南渓和尚が口移しと聞いたら驚くし、丁度いいタイミングで南渓が戻ってきて、それは笑ってしまいます。

そして、隠れ里での政次のモノマネブームも。なぜ、こんな事になってしまったのか。しかし、皆なんやかんやで政次の事をよく見ていたというか、皆特徴をとらえていました。

さすがにこの回ばかりは神妙な顔をしていた方久が出家。まさかの薬で金儲けを思いつくとは。どこまで行っても銭の犬の方久を見てなぜか少し安心してしまいました。

龍雲丸が生き残りましたが、この先どう物語に関わってくるのでしょうか。今更、井伊に仕えて武家に入るとは思えないのすが、一人になったいましばらくは直虎たちと行動を共にするのでしょうね。

ようやく、徳川が遠江を平定しましたが、このままで終わるはずもなく。今度は、武田が脅威となる訳です。

次回は、井伊家にとっての分岐点となりそうな、虎松の松下家への養子になる話のようです。実際には、この後井伊家は直政の元復活するわけですが、今の状況では松下家に虎松が入ってしまうと井伊家としては終わりになるのですよね。武田信玄の動きも出てきそうですし、また時代が動いていきそうな情勢です。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 【訃報】偉大なるサッカー仲間 大杉漣さん急逝
  2. 2月恒例 ビアード・パパの生チョコシューがやっぱり美味しい
  3. 西郷どん 第7回「背中の母」ネタバレ感想
  4. 昨年オープンしたベイフロント蘇我のくら寿司で腹いっぱい食べてきた
  5. のび太おばあちゃんの話題が出ると会いたくなってしまう
  6. Pokémon GO ホウエン地方の新ポケモン続々
  7. すき家の復刻メニュー ごまだれきんぴら牛丼を食べてみた
  8. 西郷どん 第6回「謎の漂流者」ネタバレ感想
  9. 伝説のすた丼屋 圧倒的存在感 鬼盛りすたみな唐揚げカレーを食べ切った
  10. ブログデザイン変更
  11. 松屋 甘辛ダレにチーズたっぷり 「チーズダッカルビ定食」を実食
  12. 台湾で震度7クラスの地震発生 今こそ恩返しの声広がる
  13. 西郷どん 第5回「相撲じゃ!相撲じゃ!」ネタバレ感想
  14. ほぼ月刊 こーいちぶろぐ 2018年1月号
  15. ブルーレイレコーダー(REGZA DBR-W1007)購入で分かったHDVRの事実
  16. 西郷どん 第4回「新しき藩主」ネタバレ感想
  17. 大戸屋 ネギたっぷりの炭火焼きチキンが香ばしい「塩葱だれの炭火焼きチキン定食」を食べた
  18. 富士そばの蕎麦とも相性ばっちり!?ミニ合鴨ロースト丼を食べてみた
  19. ビアード・パパ 期間限定 甘酸っぱさがたまらない 贅沢いちごシュー
  20. 西郷どん 第3回「子どもは国の宝」ネタバレ感想

PVランキング

2018-02-15~2018-02-21

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6