TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ おんな城主 直虎 第34回 「隠し港の龍雲丸」 ネタバレあり感想
« 伝説のすた丼屋 夏メニュー スタミナたっぷりのすたみな豚キムチカレーを食らった | メイン | 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」感想(ネタバレあり) »

大河ドラマ おんな城主 直虎 第34回 「隠し港の龍雲丸」 ネタバレあり感想

2017年8月29日

おんな城主 直虎

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第34回の感想です。

第34回 「隠し港の龍雲丸」

あらすじ

政次(高橋一生)を処刑した近藤康用(橋本じゅん)は井伊を自らのものとした。南渓(小林薫)には、政次の死を持って井伊への咎めはしないと伝えるのだった。。

スポンサードリンク

直虎(柴咲コウ)は、一人碁を打ち政次の帰りを待っていた。政次が死んだ事はなかった事となり、近藤をどうするかを政次とともに考えるのだという。いたたまれなくなる、傑山(市原隼人)や昊天(小松和重)だったが南渓は共に考えようと直虎に言うのだった。

政次の死を知らされた隠し里の、なつ(山口紗弥加)や祐椿尼(財前直見)たちにも悲しみが広がっていた。政次を自ら刺殺した、直虎の事も案じるのだった。

一方、掛川城を落とせずにイた家康(阿部サダオ)は、湖岸の堀江城の大沢にも手を焼いていた。その大沢が、堀川城の方久(ムロツヨシ)の元へと現れる。あやうく難を逃れた方久だったが、城は大沢の手に落ちてしまうのだった。

この事態に中村屋(本田博太郎)は、民達を乗せていったん気賀を逃げるとし、徳川の元へ下るという。龍雲丸(柳楽優弥)は、同行せず。自分たちの事は自分たちで決めるとするのだった。

その頃、井伊では鈴木重時(菅原大吉)が、牢に落ちていた辞世の句を持ってきていた。政次をただ待っていた直虎は、これを読み政次がもういなくなった事に再び気づくのであった。

堀川城に集められる気賀の民達、その中には龍雲党の者たちもいた。龍雲丸は、隠し港より民を連れて気賀から逃げる事を決めるのだった。
一方、徳川の陣では方久が気賀に助けを求めにやってきていた。さらに、中村屋も到着する。家康は、堀川城の隠し港に船を付けて民を救い出し、大沢の配下のものたちの首を取るように命じるのだった。

その夜、堀川城では龍雲党が作戦を結構していた。兵たちを海へ落とし民たちを船へ扇動していた。後は逃げるだけとなったところで、遠くから中村屋の船が見える。だが、そこから放たれたのは矢であった。中村屋の船に乗ってやってきた徳川の兵たちが次々と民を含めた城兵たちを襲うのだった。
酒井忠次(みのすけ)は、大沢の兵だけでは、大沢基胤(嶋田久作)は下らないとし、見せしめのために皆殺しを決行していたのだった。

突如徳川の兵に襲われた堀川城。龍雲党の一味も奮闘するが、次々とうち果てていく。龍雲丸も奮闘するが、カジを助け手をだしたその瞬間に後ろから刺されてしまうのだった。
その頃、直虎は悪夢から覚めていた。人を殺す夢を見たという。それは、まさしく龍雲丸が直虎の手によって貫かれる瞬間だった。

堀川城の惨事を知らせるために、龍潭寺に方久がやって来るのだった。これを聞いた、直虎は走り出してしまうのだった。

感想

政次を最期を迎えた次に堀川城の悲劇が描かれるとは。堀川城では、徳川方により一方的に惨殺が行われたとされています。徳川は、この後直政の主君となるわけで徳川の動向がどう描かれるのかと思っていました。

堀川城の城主が瀬戸方久としていた、本作品が方久がどうなるのかと思っていましたが、直前に抜け出して城は大沢の手に落ちていたというのは、見事な流れでした。これで、徳川に襲われていたときの城主は大沢という事にもなります。さらに、徳川の殺戮も、酒井忠次の独断という事で描かれています。これにより、家康に対するイメージの悪化も抑えられてはいます。

気賀に残っていた龍雲丸の動向も気になっていましたが、まさに徳川殺戮の犠牲となってしまいました。龍雲丸も大きな傷を負ってしまったようです。龍雲丸もこのまま退場となってしまうのでしょうか!?

政次の死を受け入れられずにいた直虎。まさか、このような状態になっていたとは。政次の死を再度思い出してからまもなく、今度は気賀にて悲劇が起こるという直虎にとっては辛い日々となりました。

なお、今回堀江城攻めに参加するとしていた鈴木はそのまま討ち死にとなってしまったようです。

次回は、堀川城のその後。龍雲丸はどうなるんでしょうか。そして、掛川城の今川も落ちる頃合い

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。