TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ おんな城主 直虎 第26回 「誰がために城はある」 ネタバレあり感想
« ほぼ月刊 こーいちぶろぐ 2017年6月号 | メイン | 津田沼パルコ 西友跡地は「つだぬマルシェ」に »

大河ドラマ おんな城主 直虎 第26回 「誰がために城はある」 ネタバレあり感想

2017年7月 4日

おんな城主 直虎

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第26回の感想です。

第26回 「誰がために城はある」

あらすじ

六左衛門(田中美央)や龍雲丸(柳楽優弥)達雲龍党の活躍もあり、三河へと売られた材木を見事に駿府まで取り戻す事ができた直虎(柴咲コウ)。材木が取り戻された事で、一切の咎めもなく許されるのだった。直虎は、久しぶりに寿桂尼(浅丘ルリ子)と再開し、井伊の発展を誓うのだった。

スポンサードリンク

今川の元にあった井伊の材木が気賀へと送られていた。気賀へ城を築こうというのだ。龍雲丸は、井伊までやって来て怒鳴り散らす。政次(高橋一生)は知っていたようだが、今川が決めた事であり井伊は預かり知らぬものと一蹴する。直虎も、今の井伊に今川に逆らう事は出来ないとなだめるのだった。

その後、龍雲党は火をつけたり、牛や馬を落としたりと築城の邪魔を始める。町衆達もあくまで今川に抵抗するか、大沢基胤(嶋田久作)に追随するかで2つに割れてしまうのだった。

大混乱となってしまった気賀を見かねて直虎は政次の反対を押し切り気賀へと向かう。気賀の状況を把握した直虎は、井伊の材木を売るかどうかは出方次第と、町衆たちと龍雲丸を集めるのだった。町衆たちは、武家が入ることで商売がやりにくくなる事を危惧していた。直虎は、ならば築城自体は悪いことではないのではと説き、築城する事は許し商売をうまく出来るように大沢氏に掛け合うのがいいのではと取り付けるのだった。

だが、ただ一人、龍雲丸だけは、築城に反対するのだった。龍雲丸の父は、城を守って死んだというのだ。人を守るはずの城で人が死ぬのが許せないのだった。直虎は、城がある事で守られる事もあるとし、人が助かるかどうかは城主の采配次第と説くのだが、ならば気賀の城主になるのかと聞かれて、答えられずに引き下がってしまう。

井伊に帰ってきた直虎は、龍雲丸たちの事を気にかける。方久(ムロツヨシ)は、この話を聞き、ならば井伊が気賀の城主になればいいのではと提案するのだった。ただ一つの難しいのは、今川の許しをもらう事。しかし、難しいのはそれだけだと。

感想

気賀を今川が収めるというところで紛糾する話に終始しました。元々町人の町だった気賀に武士が入るということでの抵抗ではありましたが、さすがに今川に逆らうのはむりがあるというもの。それは、井伊にとっても同じで、今は今川に楯突くことなど出来るはずもないのでした。

ここで、直虎も予想していたとおり、龍雲丸は武士の家の出のようでした。しかも城持ちだった事を考えると、身分も良かったはずです。

気賀に建てられた城、堀川城は史実では大沢氏の城となっていますが、瀬戸方久の城だったという説もあるようです。今回は、どういう扱いになるのかは気になるところですね。

確かに、気賀が井伊の支配下になったほうがなにかと都合はいいのでしょうが、後の堀川城の悲劇を考えるとどっちがいいのかとも思います。次回、武田義信が自害し、武田と今川は完全に決裂。今川方には時間がなくなってきました。この状況で、井伊が気賀を収めるという事が出来るのでしょうかね

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。