TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ おんな城主 直虎 第20回 「第三の女」 ネタバレあり感想
« 「女囚セブン」5話 ネタバレ感想 裏ボスと黒幕 | メイン | カール ショック!! 中部以東で生産終了 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ おんな城主 直虎 第20回 「第三の女」 ネタバレあり感想



おんな城主 直虎

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第20回の感想です。

第20回 「第三の女」

あらすじ

井伊に直親(三春馬浦)の娘と名乗る高瀬(高橋ひかる)がやってくる。直虎(柴咲コウ)は動揺しながらも、娘かどうか判るまで井伊の屋敷にいるようにとするのだった。

スポンサードリンク

この事を知ったしの(貫地谷しほり)が井伊の屋敷に現れる。だが、しのは直虎が出家までして井伊を守っていた頃に直親が子をなしていた事で逆に直虎をなぐさめるのだった。

政次(高橋一生)は、今川と武田に亀裂が入った今、武田からの間者が入ってもおかしくはないと直虎に気をつけるようにいう。

一方、松平元康(阿部サダヲ)の元には、今川より書状が届いていた。今川の衰退に手を貸したくもなる元康だったが、松平もそのような余裕はなかった。

南渓(小林薫)からの伝手で、たしかに高瀬の母であるユキという女が存在している事がわかる。南渓は、父親が誰かは分からぬだろうとも言うのだった。

高瀬を引き取ろうという直虎に、政次は、それでも間者として追い出す分には井伊としてのメンツもたつだろうと直虎に忠告するのだった。
だが、外から聞こえてきた高瀬の鼻唄は、かつて直親が吹いていた笛の音と同じものだった。高瀬の母がくちずさんでいたものだった。これを聞き、高瀬が直親の娘だと確信するのだった。

直虎が、初代様の井戸にいたところ、しのが訪れる。2人は、直親がいいような事を言いながらも、子をなしていた事で、一致団結する。直親をスケコマシと罵るのだった。そして、直親が見てみたかったと思うほどの女に育てると誓うのだった。

あらためて、直親の子として、井伊に向かえられた高瀬。弟・虎松とも面会する。
一方、松平からの使者があらわれ、今川を取り巻く情勢を聞かされるのだった。武田の今川侵攻には織田がかかわっており、松平も駿府には手が出せぬと。織田と結んで西に憂いをなくした、武田が今川に攻め込む事に問題はなくなっていた。

年が明けて、翌年駿府へ向かっていた政次は、氏真(尾上松也)より武田には海は見せぬという決心を聞かされるのだった。一方で、方久(ムロツヨシ)は種子島の製造を駿府の商人に取られてしまうのだった。

方久は、駿府での商いは止めて、気賀にて商いをおこなうと言い出す。直虎は、方久につれられて気賀へと足を運ぶのだった。しかし、そこにはかつて井伊に現れた盗賊もいるのだった。

感想

直親の娘・高瀬登場で、まさかの直虎としのが一致団結。もう2人で言いたい放題でした。たしかに、あらためて過去の発言が出てくると、直親はスケコマシですわ。あの顔であのような事を言われたらいい気分にもなるというもの。

政次からは、間者と疑われていたわけですが、果たしてどうなんでしょうかね。直親の娘だったとしても、間者の線は残っている可能性がありそうです。

虎松が何気に、高瀬と言葉をかわしたがらなかったのも、何か嫌なものを感じたのかもしれません。

今回久々に、元康が登場しました。年代的には既に徳川家康と名乗っていた頃になる気がします。今川氏真の様子からして、政次が井伊に出兵するという史実がありますが、この辺が絡んでくるのかもしれません。

次回は、気賀にて盗賊の頭が再登場。この先の話とどうからんで

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-10-12~2018-10-18

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6