TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ おんな城主 直虎 第3回 「おとわ危機一髪」 感想
« 【ネタバレあり】映画「君の名は。」2回目もやっぱり良かった | メイン | 映画 マジンガーZの新作が製作されるだと!? »

大河ドラマ おんな城主 直虎 第3回 「おとわ危機一髪」 感想

2017年1月26日

おんな城主 直虎

新大河ドラマ「おんな城主 直虎」第3回の感想です。

第3回 「おとわ危機一髪」

あらすじ

自らが出家すれば鶴松との縁談はなくなると考えたおとわは髪の毛を切ってしまう。しかし、これを見ていた小野正直(伊吹満)は、井伊家が今川の下知に従わないと伝えるとした。

スポンサードリンク

今川からおとわを人質に差し出すよう下知が下る。直平(前田吟)は、今川と一戦交えるかまえをみせるが、今川に勝てるはずもなく、おとわを人質にさしだしても井伊家は跡取りを失ってしまう。

直盛(杉本哲太)は、南渓和尚(小林薫)の発案で、今川におとわを出家させる事を認めさせるのが得策とする。かくして、おとわは駿府へと向かう事となる。

おとわは、駿府で南渓の妹・佐名の娘・瀬名と出会う。南渓は、今川家の軍師・太原雪斎(佐野史郎)を介して、今川義元(春風亭昇太)におとわを出家させる事を認めさせようとするが失敗してしまう。さらには、おとわを介して佐名を使い、義元の母・寿桂尼(浅丘ルリ子)に取り付いてもらうよう頼もうとするが、これも拒まれてしまう。

打つ手なく、おとわは今川館へ向かう事となる。おとわは、そこで寿桂尼と対面。さらに、蹴鞠をしている龍王丸と蹴鞠の勝負を申し出る。竜王丸に勝てば褒美が出るとして、何度負けても勝負をいどみついには龍王丸がしくじりおとわが勝ってしまう。

何度となく勝負を挑んでの勝利であり褒美は認めないとしていた龍王丸であったが、父・義元があらわれ、雪斎の助言もありおとわに褒美を出す事とした。おとわは、これにより今川の人質に免れるとの褒美を貰うこととなるのだった。

今川から、おとわの出家を条件に、井伊家をお咎めなしする文をたずさえて、おとわは井伊家に舞い戻るのだった。

感想

佐名曰くのなまくら坊主・南渓和尚がまた役立たずでした。元はと言えば、南渓の道は一つではないという助言からおとわの出家騒動がはじまったのでしたが、結局最後まで役には立たず。

ただ、南渓の言った「道は一本ではない」を自らの力で再現させてみたのは、おとわでしたね。龍王丸にしつこく蹴鞠で勝負を挑んで根負けさせてしまうあたりがおとわらしいところでしょう。さすがにあれだけ勝負を挑んでの1勝で褒美をもらおうとは虫が良すぎるとは思いますが。

義元は皆の前ではまったく声を発しなかったのに、雪斎の前では普通に喋るのだな。おとわのあのような振る舞いに対してあっさりと人質を放免していまう辺りそれほど悪い人物でもないようにも見える。

のちの築山殿である瀬名姫の子役は、菜々緒にそっくりで幼少期の役にぴったりでした。これが、後で菜々緒になるんですよね。鶴丸役の子役も、高橋一生に似ているなとは思います。

次回は、おとわが丸坊主になり出家します。そして、ついにおとわから次郎法師へ。柴咲コウが登場

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。