TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ おんな城主 直虎 第1回 「井伊谷の少女」 感想
« 宇多田ヒカル旋風再び iTunes全米チャート2位に!! | メイン | Pokémon GOはレベル22に »

大河ドラマ おんな城主 直虎 第1回 「井伊谷の少女」 感想

2017年1月13日

おんな城主 直虎

新大河ドラマ始まりました。2期連続の戦国時代ものになります。

第1回 「井伊谷の少女」

あらすじ

のちの井伊直虎、おとわ、そして亀之丞、鶴丸は、鬼ごっこに興じていた。おとわは2人に追い詰められて、滝の中に飛び込んでしまう。

スポンサードリンク

滝壺のの中から帰ってきたおとわ。父・直盛(杉本哲太)の子には男子がおらず、男勝りなおとわを跡取りにとつい漏らしてしまうのだが、おとわもいずれは跡継ぎになると考えていた。

しかし、亀之丞との縁談が持ち上がる。当主になるつもりだったおとわは戸惑うが、いずれは跡継ぎをなさねばならぬと旦那様としての亀之丞に納得するのだった。

おとわは、滝壺の中から助け出されたり、馬の餌が与えられたりといった事を不思議に思っていた。当初は忍だと思っていたおとわだが、和尚から竜宮童子ではと教えられる。亀之丞、鶴丸とともに、竜宮童子探しに奔走するおとわ。
ある日、見つけた洞穴の中で、男の遺体を発見してしまう。実は、亀之丞の父・井伊直満(宇梶剛士)が北条に当てた密書をたずさえていたものを殺されたのだった。

直満は、駿府の今川義元(春風亭昇太)に呼び出されて、謀反の疑いをかけられて謀殺されてしまう。実は、鶴間の父・小野正直(伊吹満)が今川へ密告していたのだった。

父・直満だけではなく、亀之丞の首も差し出すように申し付けられていた直盛。しかし、亀之丞の首を差し出す訳にはいかず密かに逃がすのだった。今川の追手がせまるなか、亀之丞は捕まってしまったかに思えた。しかし、それは亀之丞に扮したおとわだったのだ。

感想

直虎の子供時代が描かれました。いいなずけとなる井伊直親も登場しています。この頃の井伊家は今川義元の配下にあり、直満が謀反の疑いをかけられた事で窮地となっています。

少々、体も弱い亀之丞に比べて男勝りなおとわだったので、許嫁と聞いてもっと拒否感があるかと思ったら、思いのほかあっさりと納得してしまいましたね。幼馴染の間柄である亀之丞は恋するというよりも友情の方が大きいようにも思えますが、亀之丞をささえて行こうという気持ちもあったようですね。

この頃の井伊家は波乱万丈で、主家の今川家が織田信長に大敗してしまって、父・直盛も討ち死にしてますからね。直虎は、この井伊家をささえて後世に繋がせる重要な役割をになったという事になります。

次回は、おとわから直虎への流れ

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。