TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第27回 「安土城の決闘」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ どうする家康 第26回 「ぶらり富士遊覧」 ネタバレあり感想 | メイン | 大河ドラマ どうする家康 第28回 「本能寺の変」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第27回 「安土城の決闘」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」感想です。

第27回 安土城の決闘

あらすじ

信長(岡田准一)は、何者かに命を狙われる夢を見ていた。

家康は、安土城でのもてなしを受ける事となった。一方で、家康(松本潤)は信長を殺す計画を立てていた。やるならば京だと。伊賀者を忍び込ませていた。
本能寺で信長を討つとした。秀吉(ムロツヨシ)は毛利攻め、勝家は北国攻めと主だった武将は出払っているのだ。
家臣団の間では、意見が別れるが、家康は安土へと向かう事となる。

スポンサードリンク

徳川一行は、安土城の宴へと招かれた。
家康は、淀の鯉が運ばれてきたが、なにやら中々口に運ばない。信長は、臭うなら食べない方がよい、当たるといけないと止めさせた。
信長は、この膳を持ってこさせた、光秀(酒向芳)を扇子で滅多打ちにして、出て行けと言い放った。

この件で明智光秀は、秀吉の毛利攻めの手伝いに回される事としらされる。すると、光秀が誤りたいと申し出てきた。
光秀は、上様はしくじりを決して許さないとして、自分はもう終わったと語る。そして、信長が家康と2人きりで語り合いたいと言い残し去っていく。

家康は、信長の元へ向かった。信長は本当に臭ったのかと問いただす。家康は、光秀の処分は程々にと返す。上様は厳しすぎるという家康に、信長はお前が甘すぎると返すのだった。
信長は、お前のところの家臣は、友垣のように思っているようだとし。足元をすくわれると忠告する。家康は、それならそれで仕方がないとした。かつて、古い家臣に言われたとし、もし裏切られたのなら、それまでの器だったのだと。
家康は、信長は1人でなんでも出来るとし常人ではないと。まさに、天を治めるために、遣わされたのかもしれないと話す。しかし自分は違うとし、これまで生き延びてこられたのは周りの助けがあったからだと続ける。

家康は、先に京へ行って待っているとし、立ちさろうとする。信長は、京で待ち伏せして、俺を討つつもりかと問。お前には無理だと忠告する。さらに、謝って欲しいかと問い、妻と子を殺して謝ってほしいかと問いただす。だが、謝らんとし、くだらんと答える。
家康は激昂するが、信長はだからお前では無理なのだとした。10人殺せば10の痛み、万殺せば万の痛みがあると。俺はどれだけ殺したと問う信長。いずれ報いを受けるだろうとし、誰かに殺されるだろうと。だが、覚悟は出来ているとした。

乱世を終えたあとの政は、戦乱の世より大変になるだろうと。まだ、やる事が多すぎると。憎め、恨んでいい、俺の側で支えろと。
家康は、そなたのようには出来ないとしながらも、わしのやり方で世を治めるとした。弱いなりに出来ることがあると。行き詰まっているのはお主の方ではないのかと続け、弱き兎が狼を食らうのだとした。
出来るならやればいいと信長は答える。僅かな手勢を率いて京へ向かうとし、お前に覚悟があるならば、俺を討てとした。

家康が去ったあと、信長は、幼き頃父から言われていたことを思い出していた。強くなれとし、信じるのは己だけだとし、家臣も信じるなと語っていた。

家康は、京にて半蔵ら伊賀者と合流していた。準備は整っていた。

一方、備中・高松の秀吉は、毛利攻めに手を焼いていた。これ以上、手間取れば、なんとされるかと。そろそろ、いかくなってくれないかなとつぶやく秀吉だが、自分ではやらなとこぼした。

家康の元に、信長が京へ向かったと報せが入る。100ばかりの手勢で来ると。家康はやれるとし、天下を取るのだとつぶやく。

感想

安土城の決闘のサブタイトルの通り、今回はまさに信長と家康の決闘でしたね。

おそらくは作中、長篠の戦い前のいざこざ以来、初めて信長が腹を割って家康と問答したのではないかなと。誰もが怖れる織田信長。ただ、家康だけは、別のなにかを思っていたのかもしれません。

信長と家康。何が違ったたのか。ただ、こう育ったから、こういう信長が生まれたし、家康も周りの家臣たちがいたから今の家康がある。ただ、それだけの事だったのかもしれないです。

信長には信長の苦渋がある。このまま続ければ、いつかは誰かに殺されるであろうと。もしかしたら、その誰かが家康であってくれと思っていたのかもしれない。それこそ、信長と違うやり方で天下を収められて居たかもしれないと。

次回、本能寺の変。京で信長を襲うはずだった家康が、なぜか光秀が襲う事に。何がどうなって、史実通りの本能寺の変。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6