TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第6回 「悪いしらせ」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第5回 「兄との約束」 ネタバレあり感想 | メイン | 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第7回 「敵か、あるいは」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第6回 「悪いしらせ」 ネタバレあり感想



鎌倉殿の13人

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。感想です。

第6回 悪いしらせ

あらすじ

比企親子は、頼朝(大泉洋)が挙兵した事で、援軍を送るか迷っていた。 そこへ、石橋山にて、源氏大敗。頼朝は行方知れずとの報が入る。
頼朝の行方を探していた、大庭勢。梶原景時(中村獅童)が、潜伏していた頼朝を発見する。なぜか、これを見逃すのだった。

スポンサードリンク

一方、時政(坂東彌十郎)は、武田義信(八嶋智人)の元へ援軍を要請していた。案の定、源氏の棟梁の座を認めるのなら助太刀すると言ってきた。
時政はあっさりと認めるが、義時(小栗旬)は無理だろうと。義信は、北条は助けてやっても良いとし、家人になれと。そして、法皇からの院宣をもってこいとする。

帰り道を襲われた時政、義時。時政は、心が折れたとし、伊豆山権現へいってりくたちを救いひっそり暮らそうと言い出す。
さらに、途中海へ出ると三浦義村(山本耕史)たちを発見する。川を渡れず戻ろうとしたところ、畠山重忠(中川大志)に襲われたのだと。

義時は、頼朝と合流するが、兄・宗時(片岡愛之助)は戻ってきていないという。
義時たちが船へ戻ってみると、誰も居ない。三浦勢は、大庭の兵に襲われて既に船を出していた。頼朝は小舟で、阿波へと向かった。

なんとかたどり着いた頼朝たち。安藤の館で休息を取る。ここでも宗時とは合流できず。さらに、三浦も衣笠で敗戦、逃げ延びてきた。
任田が館から持ってきた観音像。これは、宗時が取りに行ったはずだった。時政は、これからは義時が宗時の跡を継ぐのだと言うのだった。

義時は、頼朝に今一度挙兵するよううながす。既に、頼朝がいなかろうと戦うだろうと。頼朝は再び挙兵を決意する。既に千葉と上総に書状を送っているという。

だが、その上総広常(佐藤浩市)は書状を破り捨てていた。

感想

頼朝が安房に逃げるまでまるまる一話でした。

時政がもうホントに風見鶏というか、案外一貫性がない。でも、いざというときは敵をけちらし、義時に指針を示す。このしっかりしたころのギャップがまたなんだかたまらないキャラクターだなぁ。

頼朝もよく逃げ落ちたという状況でした。梶原景時はのちに頼朝につくようなのですが、この時点で見過ごしたのはちょっと謎ではあります。

宗時は、石橋山の戦いで討ち死にとあるのですが、この作品では館へ戻ろうとしたところを襲われての最後。宗時が死んだことは、なんとなくわかっていた程度なんですよね。まあ、明らかな報せがなければ、逃げ延びている可能性もあるとも言えますが、ここまできて音沙汰がないとね。

ここから頼朝の反抗のはずでしたが、上総広常が案外曲者のようです。あっさり仲間になるかと思ったら、そうでもないのか。次週の展開が気になるところです。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6