TopTVドラマ大河ドラマ > 西郷どん 第42回「両雄激突」ネタバレ感想
« 短期人間ドック結果 2018 眼も耳も悪くなる | メイン | 伝説のすた丼屋 ねぎで肉が見えない ねぎ盛りすた丼を食べてみた »
このエントリーをはてなブックマークに追加

西郷どん 第42回「両雄激突」ネタバレ感想



西郷どん 明治編

大河ドラマ「西郷どん」第42回の感想です。

第42回 「両雄激突」

あらすじ

菊次郎が海外への留学をすると決め、父・隆盛(鈴木亮平)と共に東京へとやってくる。隆盛に農業の事を学ぶようにすすめられ、菊次郎は旅立っていくのだった。

スポンサードリンク

隆盛は、帰国が遅れていた利通(瑛太)ら使節団に代わって、留守政府での政治をすすめていった。徴兵制度や、学制の制定、太陽暦の採用など、後の世にも影響があった政策を着々とすすめていっていた。

アメリカからイギリスへと向かった利通からの文には、欧米の列強との差がありありと綴られていた。どうすれば、欧米に追いつけるか日々悩んでいたようすが伝えられているのだった。

そんな折、関係が悪化していた朝鮮国への対応が議論となっていた。兵を送るべきという板垣退助(渋川清彦)に対して隆盛は、戦になれば在留日本人が人質になってしまうとこれを拒否。丁重に対応し全権の使節を送るべきとし、自らを推すのであった。

忙しい日々を送っていた隆盛だったが、宮中で火災が発生する。天皇はなんとか避難していたものの、隆盛は翌日まで対応に迫られるのだった。帰宅した隆盛は家につくなり倒れてしまい、目が覚めたのは2日後であった。

岩倉らに先立ち、大久保利通が帰国する。しかし、留守政府ですすめられていた議会は、人選も代わっており、肝心の隆盛も病でおらず。江藤新平(迫田孝也)や板垣からは相手にされず、早々に追い出されてしまうのだった。

西郷の屋敷を訪れた利通だったが、隆盛の推し進めた留守政府のやり方に不満をあらわにし、即刻江藤らの参議を辞めさせるように進言するのだった。しかし、ここまで大久保らがいない間、政をすすめてきた隆盛には到底いにそうものではなく、利通との間に亀裂がうまれてしまう。欧米列強との差をその目で感じていた利通と、国内での政策を推し進めていた隆盛との間の差は埋められるものではなかった。

岩倉具視(笑福亭鶴瓶)らが帰国し、明治天皇に成果を上げられなかった事を詫びる岩倉と伊藤博文(浜野謙太)。岩倉は憔悴したまま帰ろうとするが伊藤により、木戸孝允(玉山鉄二)や山県有朋(村上信五)ら旧・長州藩の面々が待つ酒宴へと連れて行かれるのだった。木戸は、山県らの自業自得だとは言うが、これで長州が政から外れてしまうと嘆くのだった。しかし、伊藤は、大久保までもが外れていると言う。そんな中、大久保利通がその場へと現れ、帰国した岩倉に挨拶するのだった。

後日、岩倉帰国後はつの閣議がおこなわれ、参議として大久保も呼ばれていた。既に、留守政府で決められていた、隆盛の朝鮮使節を了承してもらう運びとなっていたが、利通から受け入れられるものではないと反対されてしまうのだった。その目は、かつての友・大久保ではなく、敵となった大久保の姿があった。

感想

いよいよ、大久保と西郷が決定的に決裂する事となりました。もちろん、ドラマ内では、大久保が見聞きしてきたものは、ほとんど伝わってはきておらず、どちらかといえば留守を守ってきていた西郷の立場として見てしまいます。大久保からすれば、欧米諸国と日本との差をありありと感じてしまい、このままのスピードでは追いつけないという焦りがあったのでしょうね。

たとえ、留守政府が勝手に政をすすめていたとしても、大久保のような強硬策はなんの解決にもならない気がするのですが、西郷との意識の差が決定的にずれてしまっていたのでしょうね。西郷の方からすれば、明治になったばかりの日本はまだまだやらねばならぬ事が山積みであり、それに力を貸してくれた江藤や板垣の事をないがしろにするわけにはいかないというのは、よくわかる事だと思います。

もっとも、西郷の方はまだ大久保と仲直りしてやり直せるという腹づもりでいたのでしょう。実際、議会で熱くなっても、最後には議論ですすめていこうという姿もありましたから、大久保とも話せばわかるというふうに思っていったのだと思います。

正直、大久保が受けてきた衝撃がどれほどのものなのかは伝わってこないのでわからないですが、どうしても自らが先頭にたち日本を欧米列強と肩をならべるべく推し進めたいという思いがあったのでしょう。しかし、これまでいっしょにやってきた西郷とここまで対立し敵対しするというのは、ちょっと理解しがたいものがあります。何がそこまで大久保利通を変えてしまったのだろうかと。

次週は、明治六年政変。大久保と西郷の仲は完全に決裂し、西郷はまたもや東京を離れる事となりそうです。そして、ますます西南戦争が近づいてきている

 

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-08~2018-12-14

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6