TopTVドラマ大河ドラマ > 西郷どん 第15回「殿の死」ネタバレ感想
« 日高屋でがっつり生姜焼き定食を食べてきた | メイン | 外環 三郷南~高谷JCTは6月2日に開通 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

西郷どん 第15回「殿の死」ネタバレ感想



西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」第15回の感想です。

第15回 「殿の死」

あらすじ

慶喜(松田翔太)が将軍就任の決意を固めた事で、吉之助(鈴木亮平)へと向かっていた。近衛忠煕(国広富之)の働きかけもあり天皇より勅命を受ける。

スポンサードリンク

だが、勅命には慶喜を推すとは書かれておらず。しかし、成年とある事から慶喜を時期将軍へ就任させるには十分とみられていた。

一方、篤姫 (北川景子)は、家定(又吉直樹)との仲を深めていた。家定が、秋でもないのに実をつけた柿の木を描いていたのを不思議がる篤姫。家定は、秋になれば実が出来るとし、秋になったらいっしょに柿を食べようというのだった。しかし、この直後家定は突如病に伏せるのだった。

家定が倒れた事で、直弼(佐野史郎)が暗躍しだす。突如、大老に就任した直弼は、次の将軍は慶福に決まる。篤姫が、直弼に詰問するものの大勢は変わらず。慶福が大奥へ訪問すると、これを受け入れるしかなかった。

京でこの報せを受けた忠煕は、直弼が九条関白とつながっており、成人の文字を修正された勅命により慶福が将軍になったとした。万策尽きた忠煕は、ただ嘆くばかりだった。吉之助は、急ぎ薩摩へ戻る事とするのだった。

斉彬(渡辺謙)に、慶喜の将軍就任が失敗におわった事を報告する吉之助。突如、馬を駆り出し、かつて吉之助と出会った小山へと向かう。万策尽きたとする斉彬は、吉之助のお庭方の役目を解除するのだった。

落胆する吉之助は、西郷家へ帰っても覇気がないままだった。この様子を見かねた、正助(瑛太)は吉之助に激怒する。かつての西郷ならば、ここで諦めはしないだろうと。

吉之助はこれに奮い立ち斉彬の元へと向かう。強引に斉彬との対面を果たした吉之助は、京への出兵を直訴するのだった。京へ出兵する事で、あらたな勅命をうけて朝廷と幕府が協力して異国へ立ち向かうようとりはからい、戦をせずに幕府へ対抗するためだった。

斉彬は、これを受け入れ出兵の準備を始める。そして吉之助には「今から俺になれ」とし、先に吉之助を京へと送り込むのだった。
京へと戻ってきた、吉之助は精力的に、薩摩藩士の出兵の受け入れ準備を進めるのだった。一方、薩摩では斉彬が指揮をとり、兵の鍛錬につとめていた。しかし、斉彬は突如倒れてしまう。斉彬は亡き人となってしまうのだった。

感想

怒涛の安政5年がやってきました。薩摩にとっても、西郷にとってもいろいろいな事があった年です。

まずは、将軍家定の死去。篤姫との仲が良好な上に、慶喜を次期将軍へとの言葉も取り付けていただけに、この急死は一橋派にとっては大打撃になりました。

これと同時に、大老に就任した、井伊直弼の動向が活発になりました。経緯は、そのままなのかどうかはわかりませんが、慶福を次期将軍と就任させる事に成功。この後、安政の大獄へと向かう事になります。

急転直下での家定の死と、慶喜将軍就任の失敗。これにより吉之助もショックを受けるわけですが、斉彬が思いのほかショックを受けていたようで。あげく、お庭方を解かれた吉之助のあの弱りよう。あの様子をみたら、正助も叱りつけたくはなるというものです。

結果、京への出兵を斉彬に直訴する訳ですが、これも正助の言葉があったからものと考えるとおもしろいものがあります。が、しかし、ここで斉彬倒れる。斉彬の死去で、吉之助の運命もまた大きく影響を受ける事になります。

次回は、直弼による安政の大獄が本格化。吉之助は、どうでるかという

 

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-02~2018-12-08

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6