Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第36節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 3発逆転で3試合ぶりの勝利
« 日本vsニュージーランド 倉田の代表初ゴールでしぶとく勝利 | メイン | 日本vsハイチ 2点のリードを守れずAT弾で辛うじて引き分け »

2017年 J2 第36節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 3発逆転で3試合ぶりの勝利

2017年10月 9日

Pasion 力戦奮闘

2017年J2第36節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsファジアーノ岡山の試合観戦で、フクダ電子アリーナまで行ってきました。

来場時には霧雨が残っていましたが、ほどなくして雨もあがり晴れ間も見えてきました。気温もあがって、観戦日和となりました。
アウェイ2連戦で今期2度目の連敗。J1プレーオフ進出が絶望的にはなったものの、まだまだシーズンは続きます。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

vsファジアーノ岡山 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤、ボムヨン、右SBに真希、左SBに乾、ダブルボランチに勇人と矢田、右SHに船山、左SHに為田、1.5列目に清武、トップにラリベイという布陣でした。町田が怪我という事もあって、今シーズン初めてダブルボランチでの布陣となりました。

ボールが落ち着かない展開で始まったゲーム、まずは前半4分岡山がロングボールからヘディングで狙うが枠には飛びません。

ジェフは、前半5分、ロングボールを受けた船山が、右サイドの真希にはたいて突破、真希からのリターンを受けた船山がシュートも左に外れます。さらに、前半12分船山が右サイドを突破した折り返しに清武が狙っていくが、これはブロックされます。

岡山は前半19分、豊川が裏に飛び出して優也と1対1になったものの、オフサイドの判定。しかし、前半21分、岡山は長いボールから赤嶺が落としたボールを拾って右サイドを突破。この折り返しに赤嶺がワンタッチで合わせてゴール。岡山が先制します。
さらに、岡山は前半26分にCK。ニアに入れたボールから中央に速いボールを送るが、これはなんとかジェフDFがクリアします。

ジェフは、前半26分、ラリベイの落としから船山がシュートを狙うが左に外れます。前半30分、ジェフのCK。フリーの状態からラリベイのヘディングシュートは味方に当たってしまいます。

前半32分には、為田の突破から中にボールを入れてラリベイが飛び込むが、これはクリアされます。前半34分、ジェフのCK。逆サイドに抜けたボールを拾った矢田からのクロスにラリベイが狙うが枠には飛ばせず。
前半36分、乾がDF人の間を突破して折り返すがクリアされてCKに。このCKは、GKがパンチングで逃れるが、このボールをひろった真希がクロスをあげるとフリーになっていた近藤がゴール右隅にヘディングで流し込んでゴール。ジェフが同点に追いつきます。

近藤のゴール直後

ジェフは、前半44分、ボムヨンがミドルシュートを狙うが上に外れます。岡山は、前半47分にFK。ニアに送るが、これは跳ね返します。

前半は、このまま1-1で折り返します。

ジェフは後半8分、左からのボール。流れたところを真希がシュートも止められます。後半11分、ジェフのCK。フリーとなっていた乾が頭で合わせてゴール。ジェフが逆転に成功します。

乾のゴール

さらにジェフは後半14分、ラリベイがボールを受けてミドルシュート。ゴール右上に決まってジェフが3-1と突き放します。

岡山は、後半18分に石毛がシュート。優也が止めるがファンブルしてしまうが、これはなんとかクリアする。後半23分には、ミスパスから岡山にボールが渡って、最後はオルシーニがシュートも左に外れる。

後半28分、船山に代えて大久保を投入。3バックに変更となります。

後半29分、岡山がシュートを狙うが右に外れます。

ジェフは、後半30分、ラリベイから右に展開。清武がシュートも防がれます。後半31分には、こぼれたボールに勇人がミドルシュートもGKの正面となってしまいます。

後半31分、清武に代えて壱晟を投入。勇人がアンカーとなり、ISHに矢田と壱晟に変わり、為田が2トップ気味となります。

後半33分、岡山のシュートは優也が抑えます。ジェフは、後半38分、矢田が持ち上がって、ラリベイがシュートも枠を外れます。
このプレーで足がつったラリベイに代えて指宿を投入します。

試合は、最後までジェフが得点を許さず。このまま3-1で勝利しました。

vsファジアーノ岡山 試合終了時メンバー

戦評

試合後のラインダンス

序盤は、最後のところでミスパスが出たりしてなかなかリズムに乗れませんでした。徐々に、主導権を握り始めたところで岡山に先にゴールを割られてしまいました。なんでもないところから赤嶺にボールを落とされて簡単に右サイドからボールを入れられてしまいました。後ろから追う形ではありましたが、乾もボムヨンもブロックにいってほしかったですね。

この後、船山がトップ下、右に清武にかえて、岡山の圧力が弱まった事もあってジェフペースとなります。セットプレーからラリベイがヘディングで狙っていったものの得点には至らず。それでもセットプレー崩れからでしたが、同点に追いつきました。この試合、怪我で出れるか微妙だったという近藤が頭で合わせて同点に追いつきました。真希のボールも見事でしたが、近藤がうまくフリーになっていました。

そして、後半は立て続けに2得点を奪って勝負をものにしました。CKから乾が完全にフリーとなっていて、頭で叩き落とすシュート。この形だと乾の高さがいきます。さらに、ラリベイのゴラッソ。岡山のDF2人がなぜかチェックにこなかった事もあり、2人の間を狙い打ちました。

連敗中の岡山相手でしたが、3試合ぶりの勝ち点3。ホームではやはり強いというところを見せてくれました。ただ、アウェイで2連敗したとはいえ、すごく悪かったというわけでもなく、岡山戦がすごく良かった訳でもなかったと思います。やはり、決めるところで決めれるかどうかの差が大きかったように思います。この試合のように、セットプレーからゴールが奪えるとすごく楽になるのですが、なかなかアウェイではそれも難しくなっていました。

順位は10位に上がったものの、残り6試合でプレーオフ圏とは勝ち点差7。しかも、勝ち点57が3チームとあって、すべてのチームが勝ち点を落としていってくれないといけない状況なので、プレーオフ進出はやはり絶望的な状況に変わりありません。さらに、9位大分との差も勝ち点6で、一桁順位もかなり難しい状況です。

残り試合も6試合となり、ホームでは3試合が残っているので、せめてホームでは全勝といきたいところですね。なお、昨年の勝ち点は53でしたので、残り試合で勝ち点4以上で昨年の勝ち点を上回る事となります。まずは、昨年を超えるところからいきたいものです。

選手評価
GK 優也 6.5
DF 近藤 6.5
DF ボムヨン 6.0
DF 大久保 6.0 
DF 乾 6.5
DF 真希 6.5
MF 勇人 6.0
MF 矢田 6.0
MF 為田 6.0
MF 清武 5.5
FW 船山 6.0 
FW ラリベイ 6.0 
FW 指宿 - にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。