Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第12節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 ラッキーゴールも試合内容では完勝
« 2018年 J2 第11節 ヴァンフォーレ甲府vsジェフ千葉 土壇場の同点劇でアウェイ初勝ち点 | メイン | 2018年 J2 第13節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 小島のゴールを守りきりアウェイ初勝利 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第12節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 ラッキーゴールも試合内容では完勝



PASION

2018年 J2 第12節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsファジアーノ岡山の試合を観戦にフクダ電子アリーナまで行ってきました。前節アウェイで初勝ち点。なんとか、これをホームでの勝利でつなげたい1戦です。

朝方の雨は止んで、曇ってはいましたが、かなり蒸し暑く感じる陽気になりました。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

vsファジアーノ岡山 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GKに優也、CBに近藤、増嶋、右SBに茶島、左SBにサリーナス、アンカーに熊谷、ISHに町田と矢田、右SHに船山、左SHに為田、トップに指宿という布陣でした。両SBに茶島とサリーナスという攻撃的な布陣。中盤はアンカーをおく構成となっています。

開始2分での岡山のCK。跳ね返したボールを仲間がシュートも上に大きく外れます。

ジェフは、前半5分にFK。短くつないでいくがカットされてしまいます。前半8分には、為田のボール奪取から左サイドを突破。折り返したボールを船山がシュートもDFにブロックされてしまいます。続くCKは、矢田のクロスはGKが弾き出して再度のCKに。CKは跳ね返されたボールをひろって右に展開。矢田のクロスははねかえされるが、サリーナスがシュートも右に外れる。

ここからはジェフがボールを保持する時間が長くなるものの、なかなか攻めきれずに膠着状態となります。

岡山は前半25分、後藤がシュートも左に外れます。ジェフは、前半26分、為田がまたもやボール奪取から左サイドを突破。指宿に預けて、シュートもブロックされます。岡山は前半27分、齊藤がシュートも上に外れます。

前半33分、為田から矢田に渡ってクロスも指宿には合わず。前半38分には、為田がカットインから戻したボールをサリーナスへ。相手DFがスライディングにはいってこぼれたボールを矢田が狙うが相手に当たって弱くなりGKがキャッチする。

さらに前半38分、増嶋からのロングフィードを船山がシュートもGKに止められる。岡山は、前半42分、上田がシュートも優也がキャッチします。

前半は、このまま0-0で折り返します。

ジェフは後半2分、町田からの横パスを受けた矢田がミドルシュートも上に外れます。後半7分のCK。戻してから茶島が左足シュートも、枠を肥大に外れます。

岡山は、後半9分にFKも、これは難なくクリアします。

ジェフは後半9分、指宿に代えてラリベイを投入します。

ジェフは後半11分、為田から右サイドの船山に展開。船山のクロスは相手に当たったものの、再び船山へ。船山が浮き玉のクロスを送るとポストに当たってそのままゴールイン。ゴールが決まってジェフが先制します。

船山のゴール直後

この後は、岡山の反撃もあって一進一退の攻防となります。後半21分、岡山は仲間がシュートも枠を外れます。後半23分、濱田が2枚目のイエローで退場となります。

ジェフは後半33分、為田に代えてエベルトを投入。3バックとなります。ラリベイと船山の2トップ気味に。

岡山は後半39分、大竹の突破からシュートも優也が防ぎます。

ジェフは後半40分、船山に代えて清武を投入します。

ジェフは後半42分、町田からのパスを受けた清武がシュートも、GKがキャッチします。

その後は、ジェフがうまく時間を使い。最後は、岡山の攻撃をしのぎきり1-0で勝利しました。

vsファジアーノ岡山 試合終了時メンバー

戦評

試合後の整列

試合としては、ほぼほぼ完勝だったと思います。岡山の堅守にチャンスこそ多くは作れませんでしたが。シュート10本は上々。ハイプレスも、行くところと行かないところを切り分けてました。奪われた瞬間にすばやくチェックに行くことで、ボールを奪ったり、奪えなくても守備の大勢を整える時間が出来たので、大きく崩れる事はありませんでした。

甲府戦に比べればラインは高めでしたが、ハイラインという感じではなく、うまくバランスを取りながらのライン設定だったと思います。あのくらいのライン設定だと、相手もなかなか裏を取りづらくなるので守備としては安定してきますね。

後は為田の調子がかなり上がってきました。かなり動きがキレていたように思います。こうやってみると、開幕時はまだまだ本調子でなかったんだなと思えてきました。
心配された、両SBも周りがうまくサポートしていた事で守備での綻びはほぼ見られず。逆に、両サイドを高くして相手が中々サイドで高くまで侵入できない状況を作り出していました。

船山のゴール自体は、本人も言っていたようにクロスがミスキックになったものが入ったラッキーゴールですが、あの1点は大きかった。得点こそ1点でしたが、攻守にバランスが取れた試合運びは、今季一の出来といっていいんじゃないでしょうか。

次はアウェイの大宮戦。ここをどう戦うかですね。アウェイとはいえ首都圏なので、そこまで移動によるハンディもなく、中2日の試合としてはやりやすいでしょう。甲府戦ほどではなくても、ややリトリートしてという場面を増やしていくのか、この試合をベースとした戦いをするのか。アウェイで勝てれば確実に順位も上に行けるので、そろそろアウェイでも勝ち点3が欲しいところです

選手評価
GK 優也 6.5
DF 近藤 6.0
DF 増嶋 6.5
DF エベルト 6.0
DF サリーナス 5.5
DF 茶島 5.5
MF 熊谷 6.5
MF 矢田 6.5
MF 町田 5.5
FW 船山 7.0
FW 為田 6.5
FW 指宿 5.5 
FW ラリベイ 6.0
FW 清武 6.0

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-08~2018-12-14

最近のエントリー

  1. 2019年シーズン J1,J2,J3の顔ぶれが決定
  2. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  3. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  4. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  5. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  6. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  7. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  8. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  9. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  10. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗
  11. 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗
  12. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  13. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  14. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  15. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  16. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  17. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  18. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  19. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  20. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6