Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2015年 J2 第4節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 拮抗した試合を制して首位浮上
« U-23選手権2016予選 U-22日本vsU-22マカオ 快勝か辛勝か!? | メイン | U-23選手権2016予選 U-22日本vsU-22ベトナム 苦しい試合も2連勝 »

2015年 J2 第4節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 拮抗した試合を制して首位浮上

2015年3月30日

一意専心

2015年 J2 第4節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsファジアーノ岡山の試合観戦でフクダ電子アリーナまで行ってきました。

午前中は天候がよかったのですが、午後から曇り始めて試合前には雨が降り出しました。

スポンサードリンク

ホーム開幕戦に比べると客入りは少なかったですね。毎試合1万人超えるようになるといいんですが。

試合展開

円陣ダッシュ

ジェフの先発は、GKに高木、CBに大岩とキム、右SBに金井、左SBに太亮、ボランチに勇人とパウリーニョ、右SHにネイツ、左SHに谷澤、トップ下に井出、トップに森本という布陣でした。

4戦連続で同じ先発となりました。サブは、岡本、水野、鈴木が外れて、岡、伊藤、町田が今季初のベンチ入りを果たしています。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2015年 J2第4節 vsファジアーノ岡山 先発フォーメーション
9.森本
26.井出
11.ネイツ
7.佐藤勇
5.パウロ
8.谷澤
13.金井
20.キム
2.大岩
17.中村
21.高木

試合は、お互いに球際に厳しい白熱した攻防となりました。

前半2分には岡山にシュートを打たれるものの枠を外れます。逆に、ジェフは3分にネイツが落としたボールを森本が拾ってシュートも防がれます。

前半10分、ジェフは、ミスパスからシュートまで持ち込まれたものの高木の正面となり助かります。

前半13分、左サイドからのクロスに森本が合わせるものの相手に防がれます。

お互いにセットプレーのチャンスがあったものの得点は奪えず。
相手のボールをお互いに跳ね返す場面が多くなり、ボールが落ち着きません。

前半18分、太亮が思い切ってミドルシュートを狙うもののバーの上を越えます。

岡山にロングボール1本からヘディングシュートを打たれたものの、高木の正面となります。

激しい攻防が続く中、森本や勇人が頭を切り頭にテーピングをまく状態に。岡山の方も度々接触プレーで倒れる場面があり、激しい攻防となりました。

前半28分、ジェフのCKに森本がヘディングで合わせるもののわずかに枠を外れます。

ジェフのCKのチャンス

その後は、やや岡山ペース。CKのチャンスを作られるものの、ここはしのぎ切ります。

前半は得点生まれず。0-0で折り返します。

後半は、ジェフの勢いが出てきます。後半3分には、左サイドに流れた井出が中央にボールを送ると、走りこんできた勇人がミドルシュートを狙いますが、わずかに枠を外れます。

さらに、後半4分には、太亮が左から切れ込んでミドルシュートを狙うもののGKに防がれます。こぼれたボールには1歩間に合わず。

岡山もシュートはあったものの、ジェフがペースを握る展開となります。

後半11分、井出に代えて佑昌を投入します。右SHに佑昌が入って、中央にネイツが回り、2トップに近い布陣となります。

後半14分、佑昌のクロスはわずかにネイツに合わず。
さらに後半17分、ジェフのFKのチャンス。ネイツが競ったボールのこぼれを金井がシュートも惜しくも枠を外れてしまいます。

岡山は後半20分、クロスからヘディングもバーの上を越えます。

ジェフは、FK、CKもあり押し込む展開が続きます。勇人やパウリーニョがミドルシュートを狙うものの枠を外れます。

そして迎えた後半36分、谷澤がドリブルで中央に切れ込みながらタイミングのよいクロス。これにファーサイドから金井が走りこんでのダイビングヘッドが決まり、ジェフが先制点をあげます。

金井のゴール直後

その後、岡山の反撃もあり押し込まれ始めるものの、これをなんとかしのぎ切ります。

ATに森本に代えて阿道を投入し、その直後にタイムアップ。1-0で僅差で勝利し首位に立ちました。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2015年 J2第4節 vsファジアーノ岡山 終了直前フォーメーション
11.ネイツ
9.森本
6.田中
7.佐藤勇
5.パウロ
8.谷澤
13.金井
20.キム
2.大岩
17.中村
21.高木

 

戦評

試合後の整列

ある程度は予想されましたが、お互いに球際が厳しく肉弾戦の様相を呈しました。レフェリーの判定がイマイチ安定せず、スタンドからはブーイングもありましたが、選手たちは目の前に相手に向かっていってくれたと思います。

昨年までのジェフだと、こういう試合では球際で負ける事が多々あったのですが、今年のジェフは強いですね。もちろん、パウリーニョが入った事もありますが、局面局面で体をはってくれています。

後半開始から積極的にシュートを狙っていった事もありますが、前半の厳しい勝負で後手に回らなかった事が大きかったように思います。

相手の方が先にバテてくれたのも、そこら辺が大きいのかなとも思います。

後半は試合を優位に進めていたものの、得点を奪うまでには時間がかかりました。ただ、得点シーンは谷澤のクロスも素晴らしく、佑昌がいいおとりになって、金井が思い切りのよい飛び込みを見せてくれました。

今のところ守備が安定しているのは好材料です。CBの2人は前に強いですし、パウリーニョが入ってきて守りやすくなっているのもあると思います。
ときには勇人や、金井がいい判断でフォローしてくれたりもしているおかげで失点は4試合で1失点に抑えられています。

ここまで得点は1試合1,2点というところで大量点という試合はありません。森本にしてもPKの1点だけですし。ただ、得点パターンとして、左で崩して右で決めるというのは勝ちになってきています。水戸戦の太亮からネイツ、この試合の谷澤から金井というのは出しても得点者も違いますが、似たパターンになっています。

ネイツは右サイドから中に入ってくる事が多く、ややボールロストが多いのですが、味方との連携が合わない部分もあり、作りの段階ではまだまだかなというところです。この試合では中央に入ってから、森本とともにボールをよく納めてくれました。

これで、3月の4試合を無敗で切り抜けました。4月は、C大阪、京都、大宮との3連戦に、磐田との試合もあり序盤戦の山となりそうです。ここまで守備は安定しているだけに、しっかりと点を取りきれるかがカギになりそうです。

まずは水曜日のセレッソ戦でしっかりと勝ちたいところです。

選手評価
GK 高木 6.0
DF 大岩 6.0
DF キム 6.5
DF 金井 6.5
DF 中村 6.0
MF パウリーニョ 6.0
MF 勇人 6.0
MF 井出 5.5
MF 田中 6.0
MF 谷澤 6.5
FW ネイツ 6.0
FW 森本 5.5
FW オナイウ -

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。