Top > 話題別 > 日本代表なでしこジャパン > 女子アジアカップ2014 ベトナム女子vsなでしこジャパン 4得点快勝 W杯に王手
« 女子アジアカップ2014 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 2点差を追いつきドロースタート | メイン | 女子アジアカップ2014 なでしこジャパンvsヨルダン女子 7発圧勝 W杯出場決定 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

女子アジアカップ2014 ベトナム女子vsなでしこジャパン 4得点快勝 W杯に王手



女子アジアカップ

AFC女子アジアカップ2014 ベトナム女子代表vsなでしこジャパンの試合をNHK BS1の生中継で録画してテレビ観戦しました。

なでしこジャパンは、オーストラリアと引き分け、ベトナムはヨルダンに勝利しています。

オーストラリアはヨルダンに勝って、なでしこは現在3位ですが、ベトナムに勝てば2位以内に浮上できます。

スポンサードリンク

試合展開

なでしこの先発は、GKに福元、CBに岩清水と川村、右SBに有吉、左SBに上尾野辺、ボランチに澤と宮間、右SHに木龍、左SHに川澄、2トップに大儀見と菅澤という布陣でした。

オーストラリア戦から6人を入れ替えてきました。

なでしこジャパン
女子アジアカップ vsベトナム女子代表 先発フォーメーション
15.菅澤
17.大儀見
14.木龍
8.宮間
10.澤
9.川澄
2.有吉
3.岩清水
20.川村
5.上尾野辺
1.福元

序盤、宮間がいきなりミドルシュートを狙うもののゴールならず。

ベトナムがアグレッシブにきたものの、次第になでしこがボールを回す時間が長くなります。

前半9分、菅澤から大儀見に渡りワンタッチで落とすと走りこんできた宮間が狙うものの、ここは先にGKが先に処理します。

前半、なでしこはCKのチャンスがあったもののゴールを奪えません。

単発でベトナムにシュートを許すものの、試合はなでしこが圧倒的にボールを保持する展開が続きます。

前半24分、右サイドからのクロスは誰にも合わなかったが、こぼれ球を宮間が狙うが、これはGKがキャッチします。

前半33分、澤から菅澤へボールが通ると大儀見を経由して宮間がサイドからシュートを放つがゴールならず。

前半38分、左サイドから川澄のクロスに大儀見がヘッドで合わせたものの、ボールはGKの正面に飛んでしまいます。

前半44分、なでしこのCKのチャンス。上尾野辺に渡ったボールは処理しそこねてシュートは打てなかったが、なんとか保持して落とすと、川澄がミドルシュートを放ちます。これが、良いコースに飛び、GKも反応できず。
ようやく、なでしこが先制点をあげます。

ATにはベトナムに攻め込まれるもののゴールは許さず、1点をリードして前半を終えます。

後半、なでしこは川澄が右SHに、木龍が左SHに回ります。

後半もなでしこが攻め続ける展開が続きます。

後半9分、右サイドからの川澄のクロスに大儀見が合わせるが、ボールは枠を外れてしまいます。

後半19分、なでしこのCKのチャンス。澤が狙うものの、クリアされてしまいます。
このこぼれ球をひろった上尾野辺がクロス大儀見が触って、岩清水がヘディングで狙うものの、ボールはバーにあたってしまいます。それでも、このボールを木龍が頭で押し込み追加点をあげます。

後半22分、木龍に代えて丸山桂里奈を投入します。

後半24分には、川澄のクロスに大儀見が頭で合わせてゴールを奪い、勝利を決定づけます。なかなかゴールが奪えなかった、川澄・大儀見ラインからゴールが生まれました。

後半28分、大儀見に代えて高瀬を投入します。

後半32分、高瀬が積極的にシュートを狙うものの、これはGKがキャッチします。

後半35分、宮間に代えて宇津木を投入します。宇津木はこのままボランチに入ります。

後半42分、右サイドから高瀬がしかけていき折り返すと、菅澤が潰れながらも落として、最後は川澄がシュート。これが決まって、4得点目をあげます。

この後もなでしこが最後まで攻め続けて、試合終了となります。

大量4得点をあげて、グループリーグ首位に浮上しました。

 

なでしこジャパン
女子アジアカップ vsベトナム女子代表 試合終了時フォーメーション
13.高瀬
15.菅澤
9.川澄
19.宇津木
10.澤
7.丸山
2.有吉
3.岩清水
20.川村
5.上尾野辺
1.福元

戦評

試合自体は危なげがないものだったと思います。

圧倒していたものの、1点目をあげるのに時間がかかってしまったのは反省材料でしょう。

相手が引いて守っていた事もありますが、最後のボールの精度だったり、ちょっとした判断の遅れだったりがあり、ゴールに直結出来なかったシーンも多くありました。

1点目、2点目はCKからの流れだったものの、直接狙った形ではまだゴールが奪えていません。セットプレーから直接狙う形が決まれば、もう少し試合が楽に進められるのですが。

この試合では、宮間が直接狙える位置でのFKもなかったので、もっともっとしかけて行っていいと思います。

この試合に勝利し、勝ち点でオーストラリアと並び、直接対決でも引き分けですが、得失点差でなでしこが首位に浮上しました。

次のヨルダンに引き分け以上で、来年のW杯出場が決まります。

ヨルダンは日本人監督が指揮していて、なでしこリーグのチームと練習試合を組んだりしているので、なかなかやりにくい相手かもしれません。

実力では、なでしこジャパンの方が上回るでしょうが、今後の事を考えれば中東勢にもしっかりと勝利しておきたいところです。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-19~2018-04-25

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6