Top > 話題別 > 日本代表なでしこジャパン > 女子アジアカップ2014 なでしこジャパンvsヨルダン女子 7発圧勝 W杯出場決定
« 女子アジアカップ2014 ベトナム女子vsなでしこジャパン 4得点快勝 W杯に王手 | メイン | 2014年 J2 第14節 ジェフ千葉vsコンサドーレ札幌 ハル初ゴール!!苦手、札幌に快勝 »

女子アジアカップ2014 なでしこジャパンvsヨルダン女子 7発圧勝 W杯出場決定

2014年5月19日

女子アジアカップ

AFC女子アジアカップ2014 なでしこジャパンvsヨルダン女子代表の試合をNHK BS1の生中継でテレビ観戦しました。

この試合に引き分け以上で、決勝トーナメント進出と来年のW杯出場が決まります。

スポンサードリンク

試合展開

なでしこの先発は、GKに海堀、CBに高畑と乗松、右SBに小原、左SBに宇津木、ボランチに阪口と猶本、右SHに中島、左SHに後藤、2トップに高瀬と吉良という布陣でした。

ベトナム戦から全員を入れ替えてきました。

なでしこジャパン
女子アジアカップ vsヨルダン女子代表 先発フォーメーション
13.高瀬
11.吉良
12.中島
6.阪口
16.猶本
25.後藤
4.小原
22.乗松
23.高畑
19.宇津木
18.海堀

序盤から、なでしこが圧倒的にボールを支配する展開となりました。

序盤から、何度もチャンスを作り出します。
前半8分には、猶本がミドルシュートを狙いますが、GKの正面となってしまいます。

その後も、後藤、中島、吉良と積極的にシュートを狙っていくものの、なかなか枠を捉えきれなかったり、ブロックされたりとゴールが生まれません。
さらに、宇津木も遠目からシュートを狙いますが、バーの上を越えてしまいます。

それでも、前半26分、猶本から宇津木へ繋いでクロスをあげると、吉良がヘディングで流し込んでゴールを奪います。

ヨルダンは、その直後のFKのチャンスは壁に当ってCKになります。そのCKからヨルダンの選手にシュートを打たれますが、なんとか凌ぎ切ります。

その後は、再びなでしこが攻め続ける展開となります。

前半42分、高瀬の落としに猶本が走りこんできて折り返すもののシュートに持ち込めません。

さらに、前半44分、阪口のシュートは防がれるもののこぼれてきたボールを中島が強烈なシュート。これが決まり、前半2-0とリードして折り返します。

後半開始から、猶本が左SBに、宇津木がボランチに入りました。

後半3分、左サイドからの猶本のクロスに高瀬が落とすと、阪口がシュート。これが決まり、3-0とします。

なでしこが、なおも攻め続ける展開となります。

後半16分、宇津木に代えて杉田を投入します。これで、登録メンバー全員をグループリーグで起用する事となりました。

後半21分、ミスからボールを奪われてシュートを打たれるものの海堀がキャッチします。

後半23分、なでしこのCK。ショートCKから作りなおして、右サイドから中島がボールを入れると、相手にあたりゴールに吸い込まれます。オウンゴールで4-0と差を広げます。

後半26分、高畑に代えて澤を投入します。阪口がCBに下がります。

後半28分には高瀬に代えて、大儀見を投入します。

後半31分、なでしこのFKのチャンスに中島が直接狙います。バーに当たり、そのままゴールに吸い込まれます。5-0とします。

杉田が積極的にミドルシュートを狙います。

後藤と、吉良のポジションを入れ替えて、後藤が2トップの一角に、吉良が左SHに入っています。

後半36分、なでしこが左サイドからのFKのチャンス。中島のボールに阪口が頭で合わせてゴールを奪います。6-0と差を広げます。

後半44分、CKから大儀見が頭で狙うものの、これはGKの正面を突いてしまいました。

ATには、CKから杉田がシュート。こぼれ球を吉良が決めて7-0とし、このまま試合終了となります。

 

なでしこジャパン
女子アジアカップ vsヨルダン女子代表 試合終了時フォーメーション
17.大儀見
25.後藤
12.中島
24.杉田
10.澤
11.吉良
4.小原
22.乗松
6.阪口
16.猶本
18.海堀

戦評

控えメンバー中心ながらも、しっかりと勝ち切りました。

相手の実力差を考えれば、これくらいやれても当然ではありますが、最後まで攻め続ける姿勢をみせてくれました。

初戦のオーストラリア戦で、前半のうちに交代させられた吉良が2得点と結果を残してくれました。

中島がサイドからだけではなく、積極的に攻撃に絡んでくれました。CK、FKも良いボールを蹴ってくれたと思います。

この試合は、メンバーだけではなくて、ポジション的にも新しい事にチャレンジしていました。

阪口のCB、猶本のSBといったところだったり、吉良もトップから最後はSHで試されました。

相手との実力差があったという事で、若手がこのまま通用するのかはわかりませんが、試合に出て結果を出したという事で次からは落ち着いて入れると思います。

大儀見がグループリーグで所属チームに帰ってしまう為、決勝トーナメントでは誰がトップに入るのかも興味深いところです。

高瀬がやはり候補の1角でしょうか!?ただ、ゴールがないのが気がかりです。

パートナーは吉良か菅澤かといったところでしょうね。

決勝トーナメントの相手は中国となりました。ここのところは、中国相手に勝てていますが、油断はなりません。しっかりと勝ち切って決勝にすすみたいところです。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。