Top > 話題別 > 日本代表なでしこジャパン > 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
« 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ | メイン | 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇



女子アジアカップ2018

女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子代表vsなでしこジャパンの試合をNHK BS1の中継を録画してテレビ観戦しました。

中国との準決勝で快勝。グループリーグ最終戦で引き分けに終わったオーストラリア女子との決着をつけるときがきました。

スポンサードリンク

試合展開

なでしこジャパンの先発は、GKに山下、CBに熊谷と市瀬、右SBに清水、左SBに鮫島、ボランチに阪口と宇津木、右SHに中島、左SH長谷川に、2トップに岩渕と菅澤なりました。

前半5分、オーストラリアは跳ね返したボールをひろってシュートも上に外れる。さらに、前半9分にもオーストラリアが左サイドからのクロスに頭で合わせるが防ぎ切る。前半13分、オーストラリアのシュートは山下がファインセーブで逃れる。さらにボールを拾われてシュートを打たれるが、山下が横っ飛びでキャッチする。

さらにオーストラリアの攻勢が続く。前半14分、オーストラリアがゴール前に放り込んだボールを山下がキャッチできず。このボールが熊谷の手に当たってハンドの判定となりPKを与える。それでも、オーストラリアのPKを山下がストップし事なきを得る。

なでしこは前半17分、鮫島のクロスに中島が競りにいくがオフサイドとなる。前半25分、オーストラリアのミドルシュートは上に外れる。

なでしこが徐々にボールを持てるようになる。前半28分、長谷川から菅澤に展開。折返しのボールはシュートを打たせてもらえず。さらに前半35分、右サイドから岩渕がドリブルで切り裂いて長谷川へ。長谷川のシュートはGKがわずかに触ってCKに。なでしこのCKは、ファーで阪口が折り返すが、跳ね返される。

オーストラリアは前半38分、左からのクロスに頭で合わせるが山下がキャッチする。前半39分には、カーが抜け出すがボールタッチが長くなり山下が対処する。前半40分、オーストラリアのミドルシュートは右に外れる。

なでしこは前半45分、左からのクロスに中島が狙うがオフサイドとなる。

前半は、このまま0-0で折り返す。

後半に入ってもオーストラリアの攻勢は止まらず。後半5分、オーストラリアはカーが左からクロスも山下がキャッチする。後半8分には、オーストラリアがロングシュート。これがバーに当たって外れる。

オーストラリアは後半11分にもシュート。山下が足でおさえる。後半15分、オーストラリアがシュートも左に外れる。

なでしこは、後半21分にFKを得る。速いボールを送るがシュートは打てず。

後半27分、菅澤に代えて横山を投入する。

オーストラリアは後半30分に遠目からのFK。跳ね返したボールをさらにシュートも上に外れる。

なでしこは、後半39分。左サイドでボールを受けた長谷川からのパスを受けた横山が相手をかわしながらカットインしてシュート。強烈なシュートが決まり、なでしこが先制する。

オーストラリアは後半41分のFK。カーのヘディングは左に外れる。さらに、後半45分にもオーストラリアのFK。直接狙ったボールは壁に当たるが、これを拾われて右に展開。中にあげたボールは山下がキャッチしきれずに落とすが、なんとか抑える。

試合は、このままなでしこが逃げ切り0-1で勝利した。

戦評

試合内容としては、ほとんどの時間帯でオーストラリアが圧倒する内容となりました。前半は20分過ぎまではなでしこの攻撃の時間はほぼなく。後半にいたっては決勝ゴールが、後半の初シュートという状況でした。

なでしことしても、オーストラリアのフィジカルをいかした攻勢については十分に警戒していたでしょうけど、予想以上にマイボールの時間が少なかったとは感じていたかもしれません。前半のPKストップをはじめとしてGK山下の活躍もあって前半を0-0でしのげた事で、守備面では十分にやれるという感触はあったでしょう。

これまで高倉体制になってから、守備での人数のかけ方だったり、ボール奪取、シュートブロックというところでW杯優勝時のレベルからは程遠い状況でした。今大会では、それが大分整理されてきた事で、相手によっては前からの守備から攻撃へという好循環も生まれました。決勝のオーストラリア戦では、特に守備面では相手の攻撃に対して人数をかけて守ったり、シュートコースを確実に潰したりといった事が出来るようになった気がします。

AFC公式でのスタッツのChalkboradを参照すると、シュートの数では歴然での差がありますが、なでしこジャパンの方は少ないながらも枠内シュートが多かった事がわかります。もっとも、後半はシュート1本で1ゴールで逃げ切ったという内容ですが。ただ、オーストラリアのシュートをみると前半の方がペナルティエリア内からのシュートは多かったようで、後半はシュートの数は多かったもののエリア外からのシュートがほとんどでした。

4年前はまだ、澤が現役で、岩清水や宮間など2011年W杯組がほとんど残っていた時期。リオ五輪出場を逃してガラッとメンバーが変わった中での連覇は価値があるとは思います。ただ、W杯本大会を見据えると、オーストラリア戦のような試合運びだけでは決勝まで行くのはかなりツラい。相手の圧力があるなかでもボールポゼッション出来る時間を増やしていかないと厳しいでしょうね。これから1年でさらなる進化が出来るか。見守っていきたい

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2020-05-24~2020-05-30

最近のエントリー

  1. 2020年 J2 第1節 ジェフ千葉vsFC琉球 電光石火のゴールで開幕戦勝利
  2. ジェフユナイテッド2020
  3. 2020年シーズン J2順位予想
  4. 2020年シーズン J1順位予想
  5. ちばぎんカップ2020 ジェフ千葉vs柏レイソル 手痛いミスで2失点完敗
  6. 2019年 観戦記録まとめ
  7. 第98回 高校選手権 決勝 青森山田vs静岡学園 痛恨の逆転負けで連覇を逃す
  8. 第98回 高校選手権 準決勝 青森山田vs帝京長岡 青森山田が接戦を制して決勝進出
  9. 第98回 高校選手権 3回戦 青森山田vs富山第一 4発快勝でベスト8進出
  10. 第98回 高校選手権 2回戦 青森山田vs米子北 後半爆発で圧勝スタート
  11. E-1サッカー選手権 日本vs香港 小川のハットトリックで5発大勝
  12. E-1サッカー選手権 中国vs日本 2発快勝スタート
  13. 2019年 J1 第33節 ベガルタ仙台vs大分トリニータ 2発完勝で残留を決める
  14. 2019年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC 勇人ラストマッチは苦い敗戦
  15. 日本vsベネズエラ 悪夢の4失点で惨敗
  16. U-22日本代表vsU-22コロンビア代表 試合巧者のコロンビアに完敗
  17. 2019年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 最終盤での失点で惜敗
  18. 2019年 J2 第40節 ジェフ千葉vs東京ヴェルディ 攻め合う展開もスコアレスドローに終わる
  19. 2019年 J2 第39節 ジェフ千葉vsツエーゲン金沢 船山の1G1Aで快勝
  20. 2019年 J2 第38節 レノファ山口FCvsジェフ千葉 アランのゴールで逆転も再逆転負け

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6