Top > 話題別 > 日本代表なでしこジャパン > 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
« 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け | メイン | 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得



女子アジアカップ2018

女子アジアカップ2018 オーストラリア女子代表vsなでしこジャパンの試合をNHK BS1の中継をテレビ観戦しました。

韓国女子と引き分け、グループリーグ最終戦のオーストラリア女子との試合でW杯進出をかけます。

スポンサードリンク

試合展開

なでしこジャパンの先発は、GKに山下、CBに熊谷と市瀬、右SBに清水、左SBに鮫島、ボランチに阪口と宇津木、右SHに中島、左SH長谷川に、2トップに岩渕と菅澤なりました。

オーストラリアは、前半2分、ロングスローからのシュートも上にはずれる。

なでしこは前半7分にCK。跳ね返されたボールを長谷川がシュートも上に外れる。

オーストラリアは、前半14分、ロングスローからの折返しを狙ってくるが、これはなんとかしのぎ切る。オーストラリアは前半22分にCK。ニアでクリアしたボールを、放り込まれるが、これはそのままゴールラインを割る。
前半25分、オーストラリアが左からのクロスに頭で合わせるが枠には飛ばず。

なでしこは、前半35分にCKも、跳ね返される。前半39分には、鮫島から宇津木、菅澤と渡り長谷川が狙うが相手がクリアする。

オーストラリアは前半43分にFKも。ボールは直接山下がキャッチする。さらに、前半46分にもオーストラリアのCK。ヘディングは枠には飛ばず。

前半は、このまま0-0で折り返す。

後半8分、なでしこは長谷川が切れ込んでクロスを入れるが菅澤の前でクリアされる。なでしこのCKとなり、市瀬が頭に当てるが枠には飛ばせず。

オーストラリアは、後半10分にミドルシュートも右に外れる。

なでしこは、後半17分、岩渕が仕掛けてシュートもGKがキャッチする。後半18分には、岩渕のスルーパスから長谷川が抜け出して折り返すと、阪口が合わせてゴール。なでしこが先制する。

オーストラリアの反撃にあうなでしこ。後半31分、オーストラリアは右からのクロスにヘディングで合わせるが左に外れる。

後半37分、なでしこは長谷川に代えて増矢を投入する。

後半39分、オーストラリアは長いボールからシュートに持ち込むが山下が抑える。それでも、後半41分。オーストラリアは左からシュート。山下が防ぐがこぼしたおころをボールを奪われてシュート。これが決まってオーストラリアが同点に追いつく。

この後は、引き分けでいいオーストラリアはボールを奪いに来ず。なでしこはDFラインでボールを回し続けてタイムアップとなった。試合は、1-1の引き分けに終わった。

戦評

なでしことしては前半によくオーストラリアの攻撃を凌いでいて、前半のお割ぐらいからペースをつかみはじめました。オーストラリアも、なかなかセカンドボールが拾えなくなっていたので、なでしことしては攻め時でした。

そんな中で、岩渕、長谷川とつないで阪口のゴールが生まれました。オーストラリアから今大会初ゴールを奪ってみせます。その後も、オーストラリアの攻撃をよく防いでいたのですが、最後のところで追いつかれてしまいました。GKからすればファウルでもおかしくない場面ではありましたが、仕方ないですかね。

オーストラリアとは、直近の2試合で大敗しており、その間にFIFAランクでもオーストラリアが躍進していた事もあり、なでしこにとってはオーストラリアに勝つというのが本当に意味のある事ではありました。ただ、それと同時に、オーストラリア相手に負けずにW杯出場権を得る事も大事な試合でした。

オーストラリアは、1-1の同点に追いついた後はボールを奪いに来ず。なでしこの方も裏の試合で韓国が4-0でリードしていましたが、このままでグループリーグ2位が確定する状況だったので、これに応じて最終ラインでボールをつないで時間をかせいで終わらせる事となりました。

1-1で終わらせる事は、両チームに取ってメリットがある訳で、まずは目先の勝利よりもW杯出場と決勝トーナメント進出を決める方が先決という判断ですね。
この試合は引き分けに終わりましたが、なでしこが決勝トーナメント準決勝で勝てば再びオーストラリアと対峙する事は間違いないでしょうから、勝負の決着の場は決勝戦でつけようではないかという事になりました。

1-0のまま勝利すれば高倉体制となってからのベストゲームとも言えましたが、引き分け止まりでした。ただ、フィジカルで上回る相手に苦戦し続けてきていたので、オーストラリアの攻めをしっかりと防げたのは大きいと思います。W杯優勝時には及ばないとしても、なでしこらしい粘り強い守備が出てきてきた気がします。

まずはW杯出場おめでとう。次は、女子アジアカップ制覇でアジア女王を

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. アジアカップ2019 日本vsウズベキスタン 逆転勝利でグループリーグ首位突破
  2. 第97回 高校選手権 決勝 青森山田vs流通経済大柏 逆転勝利で2度目の優勝
  3. アジアカップ2019 オマーンvs日本 微妙な判定も勝利しグループリーグ突破
  4. 第97回 高校選手権 準決勝 尚志vs青森山田 大激戦を制して青森山田が決勝へ
  5. アジアカップ2019 日本vsトルクメニスタン 大迫2発堂安決勝点も辛勝スタート
  6. 第97回 高校選手権 準々決勝 青森山田vs矢板中央 堅守突破逆転でベスト4進出
  7. 第97回 高校選手権 3回戦 青森山田vs大津 鬼門突破、完勝でベスト8へ
  8. 第97回 高校選手権 2回戦 青森山田vs草津東 2年連続圧勝スタート
  9. 2018年 観戦記録まとめ
  10. 第40回皇后杯 ジェフレディースvsINAC神戸 延長後半で力尽きる
  11. FCWC'18 準々決勝 鹿島アントラーズvsグアダラハラ 3発逆転で準決勝進出
  12. 2019年シーズン J1,J2,J3の顔ぶれが決定
  13. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  14. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  15. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  16. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  17. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  18. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  19. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  20. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6