Top > 話題別 > 日本代表なでしこジャパン > 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
« 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利 | メイン | 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ



女子アジアカップ2018

女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子代表vsなでしこジャパンの試合をNHK BS1の中継を録画してテレビ観戦しました。

グループリーグを2位で突破して準決勝は中国女子代表との試合になりました。直前の試合でオーストラリアが苦戦の末PK戦で決勝に進出しています。

スポンサードリンク

試合展開

なでしこジャパンの先発は、GKに池田、CBに熊谷と三宅、右SBに清水、左SBにある良し、ボランチに宇津木と隅田、右SHに中島、左SH長谷川に、トップ下に増矢、1トップに岩渕となりました。

なでしこは前半2分、岩渕が遠目からシュートも左に外れます。さらに、前半5分、なでしこのCK。右にふってからのクロス。はねかえされたボールをシュートもブロックされる。
前半7分には、長谷川から岩渕とつないで宇津木がシュートもGKがおさえる。

中国は前半13分にCKも、逆サイドに流れる。中国がボールを拾うが、これはなでしこが奪い返す。

なでしこがペースを握る中前半15分、岩渕が左からクロスもわずかに合わせられず。前半17分、ボールを奪ってから岩渕が持ち上がってシュートも枠を外れる。

前半19分、中国のCK。はねかえしたボールから立て続けにシュートを打たれるが、最後は枠を外れる。

なでしこがボールを保持する時間が長くなるが、なかなか決定機が作れず時間が流れる。前半35分、なでしこは右からのクロスもクリアされる。そして、前半39分、清水からのパスを受けた隅田が縦パスを入れると岩渕が受けて切れ込みながらシュート。これが決まって、なでしこが先制する。

さらに前半41分、なでしこのCK。競り合いから左に流れたボールを増矢がクロス。はねかえされたボールをひろって中島がシュートもブロックされる。前半44分には、右からのクロス。はねかえされたボールを拾って増矢がシュートも枠を外れる。

前半は、このまま0-1で折り返す。

後半は、立ち上がりから中国に攻め込まれる時間が続く。後半1分、いきなり攻め込まれてシュートを打たれるが守り切る。後半3分にも中国が右からのシュート。左ポストに当たって外れる。

なでしこは後半14分に岩渕が遠目からのシュートも大きく外れる。後半20分には、岩渕からのパスを受けた長谷川がシュートも枠を外れる。

中国は後半22分にCK。ショートCKからつないでボールを入れるがクリアする。後半23分、中国が右から攻め込む。中央で受けてのシュートは右に外れる。

後半23分、なでしこは中島に代えて川澄を投入する。

後半26分、長谷川が遠目からシュートも上に外れる。後半28分に、長谷川に代えて横山を投入する。

中国は、後半30分に、右サイドの角度のないところからシュートも、これは枠を外れる。

なでしこは、後半40分、横山が左サイドの有吉に預けてリターンをもらうと、左から思い切ったミドルシュート。これが決まって2点差とする。

さらになでしこは後半42分。岩渕がドリブルでもちあがって折り返す。川澄がワンタッチで戻したボールを増矢がシュート。これが中国のハンドを誘いPKを得る。このPKを横山が落ち着いて決めて3点目となる。

後半43分、増矢に代えて田中を投入する。

後半44分、横山がペナルティエリア内でファウルをとられてPKの判定。このPKを決められて1-3とされる。

それでも試合は、このままなでしこが守りきり、1-3と勝利し決勝進出を決める。z

戦評

前半はなでしこがポゼッションで圧倒してペースを掴みました。今大会、尻上がりに調子を上げているなでしこ。ボールホルダーへの寄せが速くボールを奪い返すのに成功しています。ただ、中国も引いて守ってきたので、なかなか決定機が作れない状態でした。

なでしこの先制点は、隅田からの縦パスが岩淵に入ったことろからでした。あそこから仕掛けて決めれるのは、さすがに岩渕でした。見事なゴールで先制しました。

ただ、後半は立ち上がりから中国が攻勢に出てきた事で、劣勢になってしまいました。それでも、中国に得点は許さなかった事で完全にはペースは渡さず。途中交代の川澄、横山が入ってフレッシュなメンバーが入ってなでしこのチャンスも生まれていきました。

なでしこの2点目は横山。横山らしいミドルシュートでした。あのレンジで狙えるのが横山の強みですね。横山は続くPKも決めて2得点。おまけに相手にPKも与えて計3得点に絡みました。

ただ、3点とったところで勝負ありでした。PKは余計でしたが、きっちりと勝利して2大会連続の決勝進出となりました。決勝の相手は再びオーストラリア女子との対戦です。グループリーグでは引き分け止まりだったので勝って優勝してもらいたいですね。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-08~2018-12-14

最近のエントリー

  1. 2019年シーズン J1,J2,J3の顔ぶれが決定
  2. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  3. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  4. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  5. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  6. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  7. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  8. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  9. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  10. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗
  11. 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗
  12. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  13. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  14. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  15. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  16. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  17. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  18. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  19. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  20. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6