Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2019年 J2 第5節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 江尻監督初陣は引き分けに
« 日本vsコロンビア 攻撃陣躍動で沸くもPKで惜敗 | メイン | 日本vsボリビア 堅守に大苦戦も中島のゴールで辛勝 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年 J2 第5節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 江尻監督初陣は引き分けに



PASIÓN 2019

2019年 J2 第5節 ジェフユナイテッド市原・千葉vs京都サンガF.C.の試合を観戦しにフクダ電子アリーナまで行ってきました。

ホーム3試合目にしてようやくお天気がよくなりました。気温は低めでした快晴の観戦日和です。

江尻監督就任後初のゲーム。なんとか、勝ち点を上げたい試合です。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

vs京都サンガF.C. 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GKに優也、CBに増嶋とエベルトと新井、右WBに田坂、左WBに下平、ボランチに勇人と小島、右WGに船山、左WGに為田、トップにクレーベとなりました。3バックを採用してきました。

試合は、両チームともに慎重な立ち上がりとなりました。お互いにチャンスなく迎えた前半8分。クレーベがシュートを放つも良くなりGKがキャッチします。前半9分には、勇人のボールカットからクレーベへ。クレーベからのボールを受けた為田がシュートもブロックされます。

京都は前半12分、小屋松がミドルシュートも上に外れます。その後、小島が足を痛めて退場となってしまいます。前半18分に、矢田が代わって投入されました。

前半21分、京都の攻撃からボールを取り戻して矢田が下平へパスも、これを奪われてしまいます。ジュニーニョのクロスに、ファーで小屋松が合わせてゴール。京都が先制します。

反撃を狙うジェフは前半32分、勇人のぼーるダッシュから、クレーベがシュートも右に外れます。さらに、前半39分、ジェフのFK。船山が直接狙うがGKがかろうじて防ぎゴールならず。

前半は、このまま0-1で折り返します。

後半4分、京都のFK。直接狙うが左上に外れます。京都の攻勢が続くが、これは防ぎきります。

クレーベが足を痛めて、後半13分に、アラン・ピニェイロと交代となります。

そのアランからのプレッシャーからミスを誘うと、スローインからアランが左サイドを突破してクロス。流れたところに田坂がミドルシュートもブロックされます。

徐々にジェフのリズムとなり始めます。後半20分、増嶋がボールカットから持ち上がり、ジェフの波状攻撃となるもののゴールにはつながらず。

後半23分、増島のバックパスが短くなり、小屋松にシュートを撃たれるが優也が足に当ててCKとなります。

対するジェフは後半31分のCK。ニアでエベルトが競ってすらしたボールに、新井がファーでお歯根でゴール。ジェフが同点に追いつきます。

新井のゴール

後半35分には、船山がミドルシュートを狙うが左に外れます。

後半37分、為田に代えて堀米を投入します。

後半38分、船山がゴール前でボールを奪って右へ流すと、田坂がシュートも防がれます。後半46分には、右から勇人がクロス。アランが頭で狙うが枠に飛ばせず。

後半50分、京都のCK。シュートはブロックするものの、混戦となるがクリアボールから右サイドに展開してカウンターとなりかけるが、船山が倒れて止められてしまいます。

試合は、このまま動かず。1-1の引き分けに終わりました。

vs京都サンガF.C. 試合終了時メンバー

戦評

試合終了後の挨拶をする選手たち

さすがに、まだまだという印象でしたね。慎重な立ち上がりから、単発ながらも攻撃は出来てましたが、ミスパスから失点してしまったのはもったいなかったですね。

後半、かなり前がかりになった時間にピンチになる場面もありましたが、守備は全体的には安定していました。3バックで相手に合わせた格好にした事で、はめ込みやすくなったところもありました。

この試合でも、小島とクレーベが負傷退場で、ちょっと怪我人が多くて心配になります。矢田が開幕戦以来の試合で戻ってきたところで小島負傷ですから。クレーベは足首をひねった感じなので、次の試合に間に合うかは微妙ですね。

ただ、クレーベが交代して、アランが投入されてから攻撃のスイッチが入った格好になりました。アランは試合に出れていなかったので、勢いよくプレッシャーをかけれたのが功を奏した格好になりました。クレーベと違ってプレスがかかるので、相手もちょっとやりづらかったのかもしれません。

いい流れの中でCKからではありますが、同点に追いつけました。その後もチャンスがありましたが、逆転弾までは奪えず。京都にもチャンスはあったので、引き分けは妥当な結果かなとは思います。

心配なところでは、ミスパスというのもありましたが、下平の調子がいま1つなのが気になります。少し反応が遅れる場面が目立ちます。3バックなら乾でもいい気も

勝ち点3はお預けになりましたが、まだ負け数は2。まだまだ、取り返せる状況ではあります。次節は、アウェイで福岡との対戦。福岡はようやく初勝利を飾りましたが、まだまだ漬け込む余地はあるでしょうから、なんとか勝ち点3を持ち帰ってほしいところですね。

選手評価
GK 優也 6.0
DF 増嶋 6.0
DF エベルト 6.0
DF 新井 6.5 
MF 下平 5.5 
MF 田坂 6.0 
MF 勇人 6.5 
MF 小島 6.0
MF 矢田 6.0 
MF 堀米 -
MF 為田 6.0
FW 船山  6.0
FW アラン 6.0
FW クレーベ 6.0 

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2019-11-11~2019-11-17

最近のエントリー

  1. U-22日本代表vsU-22コロンビア代表 試合巧者のコロンビアに完敗
  2. 2019年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 最終盤での失点で惜敗
  3. 2019年 J2 第40節 ジェフ千葉vs東京ヴェルディ 攻め合う展開もスコアレスドローに終わる
  4. 2019年 J2 第39節 ジェフ千葉vsツエーゲン金沢 船山の1G1Aで快勝
  5. 2019年 J2 第38節 レノファ山口FCvsジェフ千葉 アランのゴールで逆転も再逆転負け
  6. 2019年 J2 第37節 ジェフ千葉vs柏レイソル 順位通りの差で完敗
  7. カタールW杯 アジア2次予選 タジキスタンvs日本 南野の2発で突き放し勝利
  8. 2019年 J2 第36節 V・ファーレン長崎vsジェフ千葉 堀米ブーストで快勝
  9. カタールW杯 アジア2次予選 日本vsモンゴル 実力差をみせつけ完勝
  10. 2019年 J2 第35節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 1度は追いつくも大量失点で完敗
  11. 2019年 J2 第34節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 決定力に欠きスコアレスドロー
  12. 2019年 J2 第33節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 終盤の猛攻実らず引き分けに
  13. 2019年 J2 第32節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック クレーベの2発で7戦ぶりの勝利
  14. カタールW杯 アジア2次予選 ミャンマーvs日本 日本が圧倒も2点どまりの白星スタート
  15. 2019年 J2 第31節 アルビレックス新潟vsジェフ千葉 前半の2失点が重く敗戦
  16. 日本vsパラグアイ 大迫、南野で2発快勝
  17. 2019年 J2 第30節 FC町田ゼルビアvsジェフ千葉 クレーベ弾で同点も引き分けに終わる
  18. 2019年 J2 第29節 ジェフ千葉vsヴァンフォーレ甲府 後半失速3失点で4連敗
  19. 2019年 J2 第28節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 前半の2失点を取り返せず3連敗
  20. 2019年 J3 第20節 ブラウブリッツ秋田vsカターレ富山 AT被弾で引き分けに終わる

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6