Top > 話題別 > 日本代表 > 日本vsコロンビア 攻撃陣躍動で沸くもPKで惜敗
« エスナイデル解任と江尻監督就任 | メイン | 2019年 J2 第5節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 江尻監督初陣は引き分けに »
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本vsコロンビア 攻撃陣躍動で沸くもPKで惜敗



サッカー日本代表vsコロンビア代表

日本代表vsコロンビア代表の試合を日テレの中継でテレビ観戦しました。

アジアカップ以来の代表戦となりました。今回は、香川、宇佐美らのロシアW杯組が復帰しています。

スポンサードリンク

試合展開

vsコロンビア代表 先発メンバー

日本の先発は、GKに東口、CBに昌子と冨安、右SBに室屋、左SBに佐々木、ボランチに柴崎と山口、右SHに堂安、左SHに中島、トップ下に南野、トップに鈴木という布陣でした。。

前半早々の4分、コロンビアは、ハメスのパスから左に展開、折返したボールを中で合わせられるがバーに当たって助かる。

日本は、前半7分、右サイドで作って柴崎の縦パスから堂安がシュートもブロックされる。前半9分のCK。ショートCKから堂安のクロスに昌子が狙うが上に外れる。前半10分には、南野がミドルシュートもGKがはじき出す。

その後の、CKはチャンスにつながらず。前半17分、堂安がカットインからのシュートも左に外れる。

コロンビアは、右からのクロスにヘディングで不正だボールをファルカオが狙うが東口がキャッチする。

日本は前半21分、中島のボールカットから堂安がドリブルで持ち上がってシュートも左に外れる。前半24分には、堂安がドリブルで持ち上がって右サイドを抜け出した室屋がクロスも中と合わず。前半26分、中島のミドルシュートはわずかに上に外れる。

前半33分、コロンビアのミドルシュートは東口がキャッチする。

前半34分、室屋から堂安とつないで、南野がボールを受けて反転シュートも右に外れる。前半35分、鈴木武蔵から堂安へ。柴崎が右サイドを上ってクロスもラインを割る。前半37分、中島が左サイドからのクロス。鈴木が頭で合わせるが枠を外れる。

前半40分、コロンビアのFKは、ミラが頭に当てるが枠には飛ばせず。前半42分、コロンビアは右からのシュートも枠を外れる。

前半は、このまま0-0で折り返す。

後半3分、コロンビアは右サイドから攻め込みシュートも右に外れる。

日本は後半6分、佐々木のクロスが相手に当たって堂安が拾ってシュートも、南野に当たって枠を外れる。

後半9分、コロンビアが右からのクロスにファルカオが飛び込んで枠を捉えるが、ハンドの判定でノーゴール。後半11分、中島のミドルシュートは、GKがキャッチする。

後半18分、コロンビアの攻撃。シュートが冨安の肘に当たってPKの判定に。このPKをファルカオが決めてコロンビアが先制する。

後半20分、鈴木武蔵に代えて香川が入る。南野がトップに入る。

コロンビアが立て続けにチャンスを作るが、なんとか失点はせずに防ぎ切る。

後半26分、堂安に代わって乾、山口に代えて小林祐希を投入する。

後半31分、小林のシュートは相手に当たってCKとなる。続く日本のCKは、冨安が頭で合わせるが、GKがキャッチする。

後半34分、南野に代えて鎌田を投入する。

後半38分、中島がカットインからのシュートもバーに当たってしまう。

後半44分、佐々木に代えて安西を投入する。

後半45分、小林から裏に出たパスに鎌田が反応するがオフサイドに。後半47分、乾が右サイドから仕掛けて小林がワンタッチシュートもGKが抑える。
日本が立て続けにCKからチャンスを迎えるが、シュートは決まらず。日本が猛攻を見せるが最後まで得点は奪えず。

試合は、0-1でコロンビアが勝利した

vsコロンビア代表 試合終了時メンバー

戦評

前半は、かなりチャンスも作って悪くはなかったんですけどね。後半、かなり相手に対策されてしまった感があります。中島の裏を徹底的に突いてきました。日本も対策をしようかという矢先にPKで失点してしまいました。あれは、PK取るのは厳しい気もしますが仕方ないですね。

アジアカップを怪我で欠場した中島が躍動。ボールを取られないし、どんどん仕掛けてくるし、相手にとっては厄介な事この上ない存在だったと思います。欲を言うなら、ペナルティエリア内まで侵入してのシュートを見たかったですね。堂安、南野もシュートまで打てていましたが、ボックス内でのシュートは少なく、結果的に相手に守られてしまいました。ミドルシュートを打つなら枠には入れたかったです。

鈴木武蔵は、時間こそ作れなかったものの、前線でターゲットになって奮闘しました。相手のDFと渡り合えるフィジカルの強さは、武器になりそうです。どちらかというとスピードが武器なタイプですが、背負ってプレーする事も覚えればもっと良くなると思います。中島からのクロスは決めたかったですね。

後半は、中島対策もあってハメス・ロドリゲスを右サイドで起用。佐々木が対応して、さらには山口も対応していましたが、ペースはコロンビアに傾いてしまいました。

失点後に、香川、乾を投入して、起点が増えた事で、中島にもまたボールが回って来るようになりました。まあ、乾に香川に中島なので、ドリブラーが多いなぁという印象ではありますが。チャンスは作れていましたが、組織的な攻撃というよりも即興性がある攻撃という感じだったので、なかなか合わない場面もあってゴールまで奪う事は出来ませんでした。ただ、見ていて面白かった事は確かです。

今の代表は、個人能力の高い選手が集まっていて、かつての日本代表ではありえない組織より個が際立ったチームになっている印象です。日本代表といえば、組織だったチームという印象だったので、なんだか不思議な感じはします。ただ、個の能力だけでは勝てない試合も出てくるので、彼らをどう融合させていくのかが今後の課題になりそうです。

選手評価

GK 東口 5.5
DF 昌子 6.0
DF 冨安 6.0
DF 佐々木 5.5
DF 室屋 6.5
DF 安西 - 
MF 柴崎 6.0
MF 山口 6.0
MF 小林 6.0 
MF 堂安 6.0
MF 中島 6.5 
MF 乾 6.0
MF 香川 5.5 
FW 南野 6.0
FW 鈴木 5.5
FW 鎌田 -

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2019-05-12~2019-05-18

最近のエントリー

  1. 2019年 J2 第13節 モンテディオ山形vsジェフ千葉 後半3失点で逆転負け
  2. 2019年 J2 第12節 ヴァンフォーレ甲府vsジェフ千葉 セットプレー2発で快勝
  3. 2019年 J2 第11節 ジェフ千葉vs大宮アルディージャ 両者譲らずスコアレスドロー
  4. 2019年 J2 第10節 横浜FCvsジェフ千葉 工藤ゴールも後半失速で逆転負け
  5. 2019年 J2 第9節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 守備は安定も決め手に欠けてスコアレスドロー
  6. 2019年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 拮抗した試合も得点奪えず完封負け
  7. 2019年 J2 第7節 ジェフ千葉vsFC琉球 寿人弾で首位撃破
  8. 2019年 J2 第6節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 茶島のFKで今シーズン初勝利
  9. 日本vsボリビア 堅守に大苦戦も中島のゴールで辛勝
  10. 2019年 J2 第5節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 江尻監督初陣は引き分けに
  11. 日本vsコロンビア 攻撃陣躍動で沸くもPKで惜敗
  12. エスナイデル解任と江尻監督就任
  13. 2019年 J2 第4節 水戸ホーリーホックvsジェフ千葉 先制するもAT弾で引き分け
  14. 2019年 J2 第3節 ジェフ千葉vsレノファ山口FC OG退場大量失点でホーム連敗
  15. 2019年 J1 第2節 横浜Fマリノスvsベガルタ仙台 一方的な展開で完敗
  16. 2019年 J2 第2節 ジェフ千葉vsアルビレックス新潟 ホーム開幕はよもやの大敗に
  17. 2019年 J2 第1節 愛媛FCvsジェフ千葉 スコアレスドロースタート
  18. 2019年シーズン J2順位予想
  19. ジェフユナイテッド2019
  20. 2019年シーズン J1順位予想

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6