Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
« 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝 | メイン | なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め



PASION

2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNでテレビ観戦しました。

京都は前節でJ2残留が決まって、お互いに昇格も降格もないなかでの対決となりました。ジェフは前節のいい流れを継続したいところです。

スポンサードリンク

試合経過

vs京都サンガF.C. 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GKに優也、CBに増嶋とエベルト、右SBにゲリア、左SBに下平、アンカーに熊谷、ISHに小島と矢田、右SHに茶島、左SHに町田、トップに船山いう布陣です。鳥海が負傷した事でエベルトが先発に変わりました。

まずは前半1分、京都のFK。ヘディングシュートは優也がキャッチします。さらに、京都が裏にボールをいれてきたところを優也がクリアするが、これを拾った闘莉王がシュートもエベルトがクリアします。

ジェフは前半6分、カウンターから町田が受けて、カットインからのシュートもGKがセーブします。前半8分には、ゲリアからのパスを受けた茶島がシュートもGKにセーブされます。

京都は前半10分、ボールを奪って、右から石櫃が折り返すが、これはクリアします。京都は前半14分にFKも、これは優也がパンチングで逃げます。さらに前半15分、京都のFK。低いボールを送るがクリアします。

ジェフは前半22分、矢田から船山につないで右の茶島へ。さげたボールをゲリアが受けてクロスを送るがオフサイドとなる。

京都は前半24分のCK。優也がパンチングでさわるが、逆サイドのラインを割って再度のCKに。つづくCKは、ヘディングでクリアしたボールを矢田がコントロールしようとしたところでハンドをとられてFKとなる。このFKは、直接狙うが壁に当たる。京都は、前半32分、ボールを繋いで左からのクロスも逆サイドに抜ける。

ジェフは前半33分、下平から右に展開。茶島が折り返すがクリアされる。前半35分、ジェフのCK。クリアされたボールをひろった矢田が切り替えしてからのクロス。増嶋がニアでさわってコースをかえて船山が頭で押し込んでジェフが先制する。

さらに前半37分には、相手のクリアボールをエベルトが受けて、町田へ。町田から船山に渡って、町田へ縦パス。町田がカット・インしながら茶島へおくと、茶島がミドルシュート。これはポストに当たるが、こぼれたボールを下平がシュート。これが決まって0-2と突き放す。

その後、京都はFKのチャンスはあったものの得点は生まれず。前半は0-2で折り返す。

京都は後半2分、右サイドから小屋松がクロスも中と合わず。対するジェフは、後半3分のFK。短くつないでクロスを送るがオフサイドに。

京都は後半6分、左からのクロスに闘莉王がヘディングで合わせるが、優也が防いでクリアする。ジェフは、後半7分、茶島からの折返しを船山が流して、町田がシュートもブロックされる。

後半11分、矢田に代えて指宿を投入する。熊谷と小島のダブルボランチとなる。

ジェフは後半12分、茶島が右サイドを突破してシュートも左に外れる。ジェフペースで試合は進み、後半20分のCK。エベルトが頭で合わせるが枠を外れる。後半21分には、町田のスルーパスに抜け出した指宿がシュートも上に外れる。

それでも後半24分、茶島が右サイドを突破して折り返すと、指宿が収めてシュート。これが決まって0-3とします。後半27分には、町田と船山のコンビネーションから、最後は船山がシュートもGKが防ぎます。

後半28分、町田に代えて近藤を投入します。3バックとなり、船山が左サイドへ回ります。

京都は、湯沢が抜け出して優也と1対1となるが、シュートは上に外れます。

後半35分、足がつった茶島に代えて為田を投入します。為田が左に入って、船山が右に回ります。

京都は後半38分、左からのクロスもシュートは打てず。ジェフは立て続けにFK、CKを得るが得点は生まれず。

後半48分、京都は波状攻撃からジュニーニョがシュートは左に外れる。ジェフは、後半49分、スルーパスから為田が抜け出してシュートもGKに防がれます。

試合は、このまま0-3でジェフが勝利しました。

vs京都サンガF.C. 試合終了時メンバー

戦評

終わってみればジェフの完勝に終わりました。前半、先制点が生まれるまでは五分五分の展開。ポゼッションでは、京都が上回る展開でした。序盤に危ない場面があったものの、それ以降は守りきれていましたが、攻撃の方では再三シュートチャンスはあったもののGKの好セーブもあり得点が奪えず。

それでもCKからの流れから船山がゴールして先制点を奪うと、ジェフが一気に流れを引き寄せました。2分後には、船山と町田で作って茶島のミドルシュートのこぼれを下平が押し込みました。あの場面で下平が詰めれていたのが良かったと思います。ジェフのペースとなり、京都としても少し気落ちした形となりました。

後半、京都が序盤はゲリアのサイドを狙って攻め立てるものの、危なかったシーンは闘莉王のヘディングシュートくらいでした。指宿のゴールで突き放して、勝負ありました。指宿は直前にも決定機があったもののふかしてしまっていたので、面目躍如となりました。

その後は、3バックにして相手の高さ対策。茶島があしをつったものの、最後は為田がはいって締めました。もっとも、為田の最後のシュートは決めないといけないものでしたけどね。

やはり、今シーズン残留争いをしていた事で、京都の力は少し落ちるのかなという印象でした。とはいえ、ジェフもシーズン中、アウェイで讃岐に負けたりと下位相手でも勝てない試合が多かったので、きっちりと勝てたのは良かったと思います。

これで連勝となり、ホーム最終戦では、今シーズン最後の3連勝をかけた戦いとなります。振るわなかったシーズンでしたが、最後3連勝で終えて、来季に望みをつなぎたいところです。

選手評価
GK 優也 6.5
DF 増嶋 6.5
DF エベルト 6.0
DF 下平 6.5
DF ゲリア 6.0
DF 近藤 6.0 
MF 熊谷 6.0
MF 小島 6.0
MF 矢田 5.5
MF 町田 6.5
MF 茶島 6.0
MF 為田 5.5 
FW 船山 
FW 指宿 6.5 

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-08~2018-12-14

最近のエントリー

  1. 2019年シーズン J1,J2,J3の顔ぶれが決定
  2. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  3. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  4. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  5. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  6. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  7. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  8. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  9. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  10. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗
  11. 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗
  12. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  13. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  14. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  15. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  16. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  17. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  18. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  19. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  20. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6