Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第40節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 後半大苦戦も5連勝でプレーオフ進出に名乗りを上げる
« 2017年 J2ラスト3 | メイン | 2017年 J2ラスト2 »

2017年 J2 第40節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 後半大苦戦も5連勝でプレーオフ進出に名乗りを上げる

2017年11月 6日

Pasion 力戦奮闘

2017年J2第40節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsFC町田ゼルビアの試合観戦で、フクダ電子アリーナまで行ってきました。

アウェイ2連戦を連勝で切り抜けて、今季初の4連勝。プレーオフ圏との勝ち点差は5のままだけに連勝を続けて可能性を残したいところです。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

vsFC町田ゼルビア 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤、ボムヨン、右SBに真希、左SBに乾、ダブルボランチに勇人と矢田、右SHに町田、左SHに為田、トップ下に船山、トップにラリベイという布陣でした。為田が先発起用となり、清武がベンチスタートとなりました。

まずは前半2分、船山から右のラリベイにふって、ラリベイからの折り返しに船山が合わせるがヒットせず右に外れます。前半5分のジェフのCK。近藤が頭に当てて折り返すが、跳ね返される。勇人がひろってミドルシュートも上に外れる。

町田は、前半8分に、ゴール前まで持ち込みシュートも枠を外れます。

ジェフは、前半10分、勇人がダイレクトで右サイドに展開すると町田からの低いクロスは、ラリベイには合わず。しかし、流れたボールを為田が落ち着いてシュート。これが決まって、ジェフが先制します。

為田のゴール後

その後、膠着状態になるもののジェフが主導権を握ります。前半18分、ジェフのCK。ラリベイが落としたボールをボムヨンがシュートもブロックされます。

町田は、前半19分、クロスから戸島が合わせるが左に外れます。すると、前半21分、町田はヘッドで競り合ったボールを自陣でバックパスするもGKと合わず。慌ててパスを出したボールを船山が奪って無人のゴールに流し込む。ジェフが2-0とします。

船山のゴール後

さらにジェフは、前半24分、スルーパスからラリベイが抜け出してシュートもGKに防がれます。ジェフのCKとなり、ショートCKから船山が受けて戻したボールを矢田がクロスを狙うが相手に当たってCKに。続くジェフのCKは、はねかえされます。

前半29分、ジェフのFK。為田にあずけてからのクロスのはねかえりを船山がシュートもGKがおさえます。前半32分には、為田のパスから町田がシュートもブロックされます。
ジェフは、船山を右SHに、町田と矢田をインサイドハーフ、勇人をアンカーに変更します。

前半36分、乾が負傷し倒れ込みます。前半40分に、乾に代えて岡野を投入します。ボムヨンが左SBに回って、岡野が左CBに入ります。

前半は、このままジェフが2-0とリードして折り返します。

後半は、町田がやや押し込む展開となります。後半5分、町田のCKは、ヘディングで当てるものの枠には飛ばせず。

ジェフは、後半6分、船山のクロスから矢田が頭で合わせるもののGKの正面となります。

町田は連続してCKもゴールに繋がらず。それでも、後半17分、町田は右からのクロスが流れたところに戸島が走り込んでシュート。これが決まって2-1と1点差とします。

後半21分、矢田に代えて熊谷を投入します。勇人と熊谷のダブルボランチになり、船山がトップ下、町田が右に出ます。

後半23分、町田のCK。競り合ったボールは優也がパンチングで逃げて再度のCKに。続く、町田のCKは、跳ね返します。

ジェフは、後半24分、為田が左サイドで受けるとそのままカットイン。ミドルシュートは枠を外れます。

町田は、後半26分にCK。再三攻め込むもののなんとかジェフが凌ぎきりカウンターへ持ちこみます。町田からの折り返しは、はねかえされ。溝渕が拾ってクロスにラリベイが狙うが枠には飛ばせず。

後半29分、町田に代えて清武を投入します。

後半30分、町田の攻撃。左サイドからの速いクロスは逆サイドに抜けてそのままゴールラインを割ります。

ジェフは、後半42分、清武が右サイドから抜け出してシュートもGKに防がれます。この、はねかえりを船山がシュートもヒットせず。ずれたボールを為田が反応するもののGKに防がれます。

後半43分、町田の攻撃。中島が抜け出すが、優也が飛び出してクリアするものの、これを拾われて戸島がループで狙うが上に外れます。ジェフは、なんとか時間を使って逃げ切りをはかります。それでも、町田は後半50分、最後のシュートはわずかに右に外れます。

このままタイムアップとなり、ジェフが2-1で勝利しました。

vsFC町田ゼルビア 試合終了時メンバー

戦評

勝利のでんぐり返し

最後はヒヤヒヤものながらも、なんとか粘り勝ち。2013年以来の5連勝となりました。さらに上位の結果を受けて、9位に上昇。プレーオフ圏との勝ち点差も2に縮まりました。

序盤は、ジェフが押し込む展開となり、2-0としたところまでは、良かったと思います。その後もジェフペースだったのですが、3点目が奪えず。乾の負傷交代でDFが入れ替わって、少しづつ町田におされてしまいました。後半になると、さらに町田に押し込まれる展開が続くようになりました。結果、戸島に恩返し弾を食らってしまいました。ジェフも何回か決定機があったのですが、3点目は奪えず。最後まで、苦しい展開でした。

ジェフは、前半の途中からアンカーをおくシステムに代えていましたが、エスナイデル監督の狙った形にはならず。失点後に再び4-2-3-1に戻しています。アンカーを置いたシステムが悪いわけではないんでしょうが、どうもハマりませんね。後半途中から矢田に代えて熊谷投入。矢田は名古屋戦に出れないので、勇人と熊谷の組み合わせを試せた事は良かったと思います。

5連勝となりましたが、大分戦に続いてかなり薄氷を踏むような勝利となってしまいました。しかも乾の負傷もあって次節は、DFラインの変更となるでしょう。矢田が出場出来ないので、熊谷当たりが起用される事となると思います。強力な攻撃陣がいる名古屋だけに連勝中踏ん張ってきたDF陣が入れ替わってうまく対応できるかが鍵になりそうです。

逆に攻撃陣は好調を維持。特に、為田と船山が素晴らしい出来をキープしています。この試合、シュート1本となったもののラリベイもポストとして機能していて、チャンスがあれば決めれる力を持っているので、名古屋相手でも得点を奪う事は出来るでしょうね。後は、ゴールから遠ざかっている清武にゴールが生まれれば、かなり載れそうなんですけどね。

5連勝という状況でのアウェイ名古屋戦。豊田スタジアムまで参戦する事になっています。ここでも負ければプレーオフ圏が絶望的になる可能性が高く、勝ってホーム横浜FC戦につなげられるかの大事な試合になります。名古屋も負ければ自動昇格がなくなる可能性があり、絶対に負けられないでしょうし、簡単なゲームにはならないでしょうね。

選手評価
GK 優也 6.5
DF 近藤 6.0
DF ボムヨン 5.5
DF 乾 5.5
DF 岡野 5.5
MF 勇人 6.0
MF 矢田 6.0
MF 熊谷 6.0 
MF 為田 7.0
MF 町田 6.0 
MF 清武 5.5
FW 船山 7.0 
FW ラリベイ 6.0

 にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。