Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第1節 FC町田ゼルビアvsジェフ千葉 也真人の開幕弾で勝利
« 2017年シーズン J2順位予想 | メイン | Jリーグ 2017年シーズン観戦予定を立てた »

2017年 J2 第1節 FC町田ゼルビアvsジェフ千葉 也真人の開幕弾で勝利

2017年2月26日

Pasion 力戦奮闘

2017年J2第1節 FC町田ゼルビアvsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNの中継で観戦しました。

いよいよ、2017年シーズンが開幕します。プレシーズンマッチでは、不安材料も多かったですが、まずは初戦勝利をめざしたいところ。

スポンサードリンク

試合経過

vsFC町田ゼルビア 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに多々良、近藤、西野。アンカーにアランダ、ISHに町田と壱晟、右WBに北爪、左WBにサリーナス、2トップに船山と清武という布陣でした。高橋壱晟が高卒ルーキーでの開幕デビューを果たしました。

前半6分、町田は中島が遠目から狙うものの上に外れる。

ジェフは前半9分のCK。ショートCKからつないで船山がクロスも、クリアされて再度のCKに。続くCKは、西野がヘディングで合わせたものの枠を外れる。

さらに前半14分にもジェフのCK。サリーナスにパスもクリアされる。再度のCKは、ショートCKからつなぐもはねかえされる。

前半16分、清武がサイドチェンジから北爪がクロス。清武が自ら走り込んで合わせるがシュートは防がれる。前半21分には、左に流れた船山からのパスを受けた町田がスルーパスも清武には届かず。

前半27分、町田のCK。ジェフがクリアしたボールを拾われてクロスをあげられるが、これは優也がキャッチする。さらに、前半28分にも町田の攻撃。左からのクロスに、戸島が頭で合わせるが上に外れる。

前半33分、ジェフは清武のクロスに船山が合わせるがゴールならず。

町田は前半37分、クロスから戸島が頭で合わせるが、これも上に外れる。さらに、前半39分、町田は左からのクロスに井上がダイレクトシュートも上に外れる。

ジェフは前半40分、北爪からのパスを受けた町田が裏に抜け出す。カットインからのシュートが決まってジェフが先制する。

町田は、ATに谷澤がシュートも、これは優也がの正面となりなんなくキャッチする。

前半は、0-1で折り返す。

後半早々のジェフのCK。ショートCKからサリーナスがクロスをあげると、船山が合わせるがブロックされる。さらに、後半7分、北爪からのクロスに清武がヒールで合わせるがGKがキャッチする。

後半10分、優也のミスパスから谷澤にボールを奪われてピンチとなるが、これはなんとか凌ぎ切る。

後半13分、船山が裏に抜け出してシュートも左に外れる。後半14分、町田のCKは、ヘディングシュートを打たれるが優也がキャッチする。ここからカウンターとなり、町田が右から折り返すが、わずかに中とは合わず。

後半15分、壱晟のミドルシュートは上に外れる。さらに、後半18分、壱晟がうまくDFを外してサリーナスへパス。サリーナスがシュートもGKの正面となる。後半20分、町田は戸島がボールを受けて反転シュートも上に外れる。

後半22分、西野に代えてジュヨンを投入する。

後半23分、町田は戸島が走り込んできてシュートも上に外れる。後半25分の町田のFK。直接狙ってくるがわずかに上に外れる。

後半25分、船山に代えてラリベイを投入する。

後半30分、ジェフのFK。サリーナスがファーサイドに送ったボールを町田が折り返す。こぼれたボールを多々良がシュートも上に外れる。

後半31分の町田のCK。優也がパンチングで跳ね返すが、これをひろわれて右サイドからボールを入れられるがクリアする。

後半32分、清武に代えて羽生を投入する。町田が1列前にあがって、町田のポジションに羽生が入る。

後半34分、町田がクロスからヘディングシュートも左に外れる。ジェフは、後半37分、羽生の折り返しにラリベイが合わせるが右に外れてしまう。

町田は、後半41分に、CKから重松がヘディングシュート。後半42分にも波状攻撃からのシュートと立て続けにチャンスを作る。後半48分の町田の攻撃、深津のシュートは左に外れる。

町田の猛攻を凌ぎきったジェフが辛くも0-1で逃げ切り、開幕戦勝利を飾った。

vsFC町田ゼルビア 試合終了時メンバー

戦評

この試合もプレーシーズン同様に高い位置からプレッシャーをかけていきました。ラインも高いままです。町田もかなりラインを高く設定してお互いに裏を狙いあう様相となりました。

ただ、球際で勝てていたジェフが前半途中からは主導権を握る展開となりました。この試合でも北爪のところにはよくボールが入ってチャンスを作り出していました。先日の、相模原戦と違い、ダイレクトでのパスも増えた事で右サイドからの攻撃はかなり活性化出来ていたと思います。

2トップに入った、船山と清武は運動量も多くボールが収まるタイプという事も大きかったように思います。逆に町田はボールを奪い返してからのパスミスが多くジェフがすぐさま奪い返す展開も多くなりました。

前半は、清武の絶好機を外して以降なかなかチャンスはなかったんですが、前半終盤に町田が決めてくれました。北爪の判断のよいパスから裏に抜け出して相手DFを引き付けてのシュート。GKも、ブラインドで見えなかったとはいえ、狭いニアをよく通したシュートでした。

後半もジェフがペースを握る展開となりましたが、西野がジュヨンと交代。さらには、船山も足をつるような状況で、ラリベイと交代しました。羽生が投入された後に、壱晟も足をつらせる場面があり、各ポジションともに相当運動量を要求されるようで疲れも見えました。

終盤に立て続けにチャンスを作られたのはそういったところもあるのでしょう。シュートが枠に飛ばなくて助かったという場面が連続しましたが、本当に助かりました。

裏を狙われる展開は変わらずも、この試合ではうまく対処できていたと思います。アランダの両脇のスペースも、町田や壱晟がカバー。北爪やサリーナスが絞って助ける場面もあり、アランダ自身の持ち味が出しやすい状況を作れていました。

これだけ運動量が要求されるサッカーだと、この先気温が上がってからは少し不安な面もありますが。まずは、今のサッカーで勝てるようになる事でしょうね。夏場はどうするのかは考えざるをえないでしょうが、まずはこのサッカーをやっていくしかないでしょう。

次戦は、ホーム開幕戦。木山監督率いるモンテディオ山形との対戦となります。開幕戦でも京都に勝利して、ジェフ相手に研究は余念がないでしょうね。間違いなく弱点はついてくるでしょうから、今のサッカーでどれだけやれるのを見るには絶好の相手かもしれません。とはいえ、ホーム開幕戦ですから勝って終わりたいですね。

選手評価
GK 優也 5.5
DF 近藤 6.5
DF 西野 6.0
DF 多々良 6.0
DF イ 6.0
MF アランダ 6.5
MF 町田 7.5
MF 壱晟 6.5
MF 北爪 6.5
MF 羽生 -
MF サリーナス 6.0
FW 清武 6.5
FW 船山 6.5
FW ラリベイ 5.5

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。