Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第39節 大分トリニータvsジェフ千葉 怒涛の4連勝
« 2017年 J2ラスト4 | メイン | 2017年 J2ラスト3 »

2017年 J2 第39節 大分トリニータvsジェフ千葉 怒涛の4連勝

2017年10月29日

Pasion 力戦奮闘

2017年J2第39節 大分トリニータvsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNの中継で観戦しました。

松本、福岡という難敵を相手に連勝して3連勝。大分に勝利して連勝を続けていきたいゲームです。

スポンサードリンク

試合経過

vs大分トリニータ 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤とボムヨン、右SBに溝渕、左SBに乾、ダブルボランチに勇人と矢田、右SHに町田、左SHに清武、トップ下に船山、1トップにラリベイという布陣でした。負傷の真希のところに町田を入れてきました。

まずは前半2分、大分は伊佐がシュートを狙っていくが上に外れます。 ジェフは、前半6分、ボムヨンからそのまま持ち上がりシュートも上に外れます。

前半6分、ロングボールに近藤と溝渕が交錯。こぼれたボールを拾われて後藤がシュートもバーに当たり助かります。

ジェフは、前半9分、町田の浮き球のパスに清武が狙うが先にクリアされます。前半10分には、船山からラリベイと渡って清武がシュートを狙うが打ちきれず。ラリベイがシュートも右に外れます。前半14分には、乾がミドルシュートも上に外れます。

大分は前半16分にCK。これははねかえすが、こぼれ球を拾われてクロスを入れられるが、これも跳ね返します。

ジェフは、前半16分、船山が右サイドで抜け出して矢田にあずけると、清武へパス。清武がシュートも上に外れます。大分は、前半18分、後藤からの折り返しにシュートも優也が防ぎます。

前半19分、乾からのクロスに町田が狙うが防がれます。前半21分には、町田からの戻しを船山がミドルシュート。こぼれをラリベイが狙うがGKが抑える。

大分は、前半22分に鈴木がシュートも上に外れます。前半25分、大分のCKは跳ね返します。

前半28分、矢田のパスからラリベイがシュートもGKが防いでCKとなります。続くCKは、はねかえされたボールを近藤が頭で入れるがクリアされます。前半30分、清武が強引にシュートにいくがGKがキャッチする。

ジェフは前半39分、ボムヨンからのクロスに、ラリベイがトラップからのシュートもGKが防ぎます。前半40分、ジェフのCK。こぼれをボムヨンがひろって矢田へ。クロスは相手に当たって再度のCKに。続くCKは、ニアを狙うがこぼれて清武のおりかえしは相手に当たってCKに。ジェフのCK。低いボールからの戻しを清武が受けてクロスも相手に当たってラインを割る。

前半43分、清武からのパスにラリベイが狙うがGKが抑える。前半46分、ジェフのFK。ファーで受けてからの溝渕のクロスは、跳ね返される。こぼれ球を勇人がシュートも上に外れる。

前半は、このまま0-0で折り返します。

vs大分トリニータ 後半頭のメンバー

ジェフは、ハーフタイムに清武に代えて為田を投入します。

ジェフは、後半1分、町田のクロスに船山が狙うがGKがキャッチする。

後半3分、大分のFKは、はねかえす。後半7分には、ジェフのFKも、跳ね返される。

ジェフは、後半8分、為田が左サイドを突破してクロスを上げる。GKがこぼしたボールをラリベイが押し込んでゴール。ジェフが先制する。

大分は、後半13分にFK。鈴木が直接狙うが優也がキャッチする。後半15分、大分は右からのボールに後藤がヘディングも左に外れる。さらに、後半16分、伊佐のシュートは右に外れる。
後半18分、大分のCK。ニアへのボールはDFに当たってCKに。つづくCKは、大分の攻撃が続くが、ここはなんとか凌ぎ切る。

ジェフは、後半23分、ラリベイからの落としを受けた為田が左サイドを突破して折り返すと、船山が飛び込んで足に当ててゴール。ジェフは0-2とする。

後半26分、大分のCKは、クリアするが、これをひろわれて折り返しを近藤が頭でクリアするがゴール方向へ。これはなんとかクリアしてCKとなる。続く、大分のCKは、跳ね返す。
後半27分、大分は川西が裏に抜け出してゴールに流し込むが、これはオフサイド。

ジェフは、後半31分、為田からのボールをラリベイが受けるがシュートは打てず。

大分は、後半31分、シキーニョが抜け出すがオフサイドに。

ジェフは、後半33分、町田からのボールを受けた矢田が突破してスルーパス。町田がシュートも左に外れます。後半34分、矢田がシュートも上に外れます。

後半36分、船山に代えて熊谷を投入。勇人と熊谷のダブルボランチになり、矢田が一列前へ。

大分は、後半37分、シキーニョが左サイドを突破して折り返すが、合わせられず。ワンタッチあってCKとなる。大分のCKは、はねかえす。これをひろった大分がクロスからヘディングで合わせるが左に外れる。
後半39分、大分がボールを奪っての速攻。後藤が突破からのシュートを決めて1-2となる。

ジェフは、後半45分、町田に代えて大久保を投入し3バックとなる。

後半47分、大分のシュートはわずかに優也が触って外れる。続く、大分のCKは、優也がキャッチする。

試合は、このままジェフが1-2と勝利した。

vs大分トリニータ 試合終了時メンバー

戦評

相性のいい大分。相性のいい大銀ドームでの試合ではありましたが、なんとか勝利しました。前半、チャンスは作っていたものの無得点。危ない場面もあっただけにどうなるかと思いましたが、後半から投入した為田が非常にいい働きをしてくれました。

後半の2得点はいずれも為田の左サイドからの仕掛けからのもの。1得点目は相手GKのミスではありましたが、ラリベイがいいポジションを取ってゴールを奪いました。さらに、同じような形から、今度は船山が足を伸ばして竹内より先に触ってのゴールでした。

清武も悪くはなかったのですが、ゴールというところでかなり見放されていただけに、為田投入は思い切ったものでした。しかし、元大分の為田が古巣相手に無双するのは圧巻でした。ゴールシーン以外にも為田の突破はかなり効果的でしたから。エスナイデル監督の采配が見事に当たりました。

2点をリードしてからはかなり押される展開になり、1点を返されてしまいました。終盤は、かなりヒヤヒヤものではありましたが大久保を投入して3バックにしてなんとか凌ぎきりました。終わってみれば、なんとか勝利したという形になりました。

これで、今期初の4連勝となりました。アウェイでは初の連勝となりました。間違いなくジェフの勢いはあるのですが、上との勝ち点差が縮まらないのが残念ですね。依然としてプレーオフ進出は難しい状況にあります。しかし、ここまできたら、残りの3試合を勝って7連勝で今シーズンを締めくくりたいところです。

選手評価
GK 優也 6.5
DF ボムヨン 6.0
DF 近藤 6.0 
DF 大久保 -
DF 乾 5.5
DF 溝渕 6.0 
MF 勇人 6.0
MF 熊谷 6.0 
MF 町田 6.0 
MF 矢田 6.5
FW 清武 5.5
FW 船山 7.0 
FW ラリベイ 7.0

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。