Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
« 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦 | メイン | 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗



PASION

2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNでテレビ観戦しました。

4戦勝ちなしから一転しての2連勝。アウェイで勝って連勝を伸ばし勢いをつけたい一戦でした。

スポンサードリンク

試合経過

vs大分トリニータ 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GKにロドリゲス、CBに近藤、鳥海、エベルト、右WBに溝渕、左WBに杉山、ボランチに勇人と熊谷、右WGに茶島、左WGに町田、トップにラリベイという布陣でした。清武は怪我のせいかベンチ外。船山、指宿、矢田、為田とベンチ入りしています。

まずは、前半2分、大分が裏にボールをいれたボールは流れるが、戻したボールからクロスを入れられるが、これはラインを割る。

ジェフは前半8分、勇人が右サイドで前方にフィード。溝渕からのクロスは中で合わせられず。さらに、前半9分、高い位置でボールを奪って、茶島がシュートも上に外れる。さらに、大分の高木が前に出てきたところを狙って熊谷がシュートも枠を外れる。

その後は、ジェフがボールをまわしながらチャンスを伺う時間が続く。なかなか、チャンスがつくれない両チーム。だが、前半19分、バックパスを蹴り返そうとしたロドリゲスがミスから転倒。そのまま林にボールを奪われてゴールを割られてしまう。

ジェフは、前半21分のCK。グラウンダーのモールから戻したところを茶島がフリーで受けてシュートも上に外れる。さらに、前半28分のCK。弾き返されたボールをひろって左に展開。茶島がクロスをあげるが、はねかえされる。

大分もCKのチャンスがあるが、これはジェフがはねかえす。前半41分、近藤からのロングボールをラリベイが落とすが、これは高木がキャッチする。

前半は、このまま1-0で折り返す。

ハーフタイムに、杉山に代えて為田、勇人に代えて矢田を投入する。4バックにして左SBにエベルト、右に溝渕。アンカーに熊谷、ISHに矢田と茶島、右SHに町田、左SHに為田となる。

後半1分、茶島がペナルティエリアないから戻したところを熊谷がシュートも左に外れる。ジェフの攻勢は続き、後半13分、高木が前に出てきたところを町田がボールを奪ってそのまま無人のゴールへシュートもバーに当たってしまう。

大分は、後半17分、清本のシュートはロドリゲスが素晴らしいセーブで防ぐ。さらに、後半19分、大分が左サイドからしかけて折り返す。このボールを星がシュート。熊谷の足をかすめてゴールに吸い込まれる。2-0と大分が突き放す。

さらに、後半22分、大分がまたも左からの突破。ジェフDFが対応するが、こぼれたボールを清本がシュート。これが決まって3-0とされる。

ジェフは、後半28分、茶島に代えて指宿を投入。ラリベイと指宿のツインタワーとなる。

大分は、後半29分、右サイドで粘って折返しを後藤がシュートも左に外れる。さらに、後半31分、大分が左サイドを突破して折り返すが、これは逆サイドに流れる。後半35分にもおおいたが右サイドから中へボールを入れる。清本がシュートも右に外れる。

ジェフは、後半40分、為田が左からボールを入れて矢田がシュートも相手に当たってCKに。続くジェフのCKは、指宿がヘディングで合わせるが右に外れる。

後半44分、大分が右から突破する。最後は、川西がうまくかわしてシュート。これが決まって4-0とされる。

ジェフは後半48分にFKも、高木が弾き返してタイムアップ。試合は、4-0で大分の勝利となった。

vs大分トリニータ 試合終了時メンバー

戦評

これまでアウェイ大分では負けた事がなかったのですが、これが初黒星となりました。

まずは、なんといっても前半のロドリゲスのミスが痛すぎました。あの時間、ジェフが長くボールを回す時間が続いていた事もあって、ロドリゲスまで戻す事もなかったので、少しそれがミスに繋がったのかもしれません。さらに、ピッチが乾燥していてボールがまったく走らないような状況だったので、パススピードが上がらなかったこともジェフにとってはやりにくい要因でした。

前半は、ボールポゼッションで圧倒していたもののシュート数は少なく、決定機もほとんどありませんでした。後半に入ってシステム変更があって、さらにボールポゼッションで上回って、攻撃でも鋭さがでてきましたが、ゴールは奪えず。町田のシュートが一番の決定機でしたが、あれが入らなかった事で大分に勢いづくきっかけを与えてしまいました。

2失点目、3失点目はともにジェフの右サイドの裏をつかれたところから始まっています。ただ、中の人数は揃っていたし、前から選手も戻ってこれる時間はあったので、数的不利という訳ではなかっただけに、もったいない失点となりました。同点に追いつけるところを取り切れずに逆に失点という悪い循環になってしまいました。

これで7戦目で早くも4敗目という厳しい結果となりました。しかも、アウェイでは全敗という状況です。ハイプレスだったり、ボールポゼッションで上回るところまでは出来ているので、あとはどうやって得点を奪うかというところです。昨年の連勝時に活躍した為田が今一つの出来。ラリベイも無双という状態からはほどとおく。船山はベンチで、清武は負傷欠場。町田も調子は悪くないものの、2試合ベンチで試合感が今ひとつな印象でした。熊谷は昨年の今頃から比べればいい出来なのは良いのですが

開幕ダッシュに失敗したところで負け数も多くなり少しプレッシャーも感じているのかなという気もします。特にアウェイでは勝ててないので。ただ、もうそうも言っていられないので、内容は悪くとも食らいついてアウェイで勝って帰らねければならい状況にもなっています。次のアウェイ金沢戦で勝てないと今年もアウェイでは勝てない状況が続いてしまう事になってしまいそうです。

幸い、首位の岡山が敗れてまだ勝ち点差は9。J1からの降格組も勝ち点を取れていない状況が続いているので、これから巻き返す事は可能でしょう。出来るだけ早くアウェイで勝利。そして、連勝の数を増やすこと。そうして、徐々に調子をあげていくしかないと思います。悪かったところは修正していくしかないですが、ブレずにやりきる事ですよ。

選手評価
GK ロドリゲス 5.0
DF 近藤 5.5
DF エベルト 5.5
DF 鳥海 5.5 
DF 杉山 5.5
DF 溝渕 5.5
MF 熊谷 6.0
MF 勇人 6.0 
MF 町田 5.5
MF 茶島 5.5
MF 矢田 5.5
MF 為田 5.0 
FW ラリベイ 5.5
FW 指宿 5.5

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 2019年 J2 第18節 ジェフ千葉vs鹿児島ユナイテッドFC クレーベ船山弾でユナイテッドダービーを制す
  2. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsスコットランド女子 岩渕、菅澤弾で今大会初勝利
  3. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsアルゼンチン女子 痛恨のスコアレスドロー
  4. 日本vsエルサルバドル 永井2ゴールで快勝
  5. 2019年 J2 第17節 栃木SCvsジェフ千葉 見せ場少なくスコアレスドロー
  6. 日本vsトリニダード・トバゴ 3バック不発でスコアレスドロー
  7. 2019年 J2 第16節 ジェフ千葉vsV・ファーレン長崎 術中にハマり大敗
  8. 2019年 J2 第15節 東京ヴェルディvsジェフ千葉 船山ゴールで先制も痛み分け
  9. 2019年 J2 第14節 ジェフ千葉vsFC岐阜 5発大勝
  10. 2019年 J2 第13節 モンテディオ山形vsジェフ千葉 後半3失点で逆転負け
  11. 2019年 J2 第12節 ヴァンフォーレ甲府vsジェフ千葉 セットプレー2発で快勝
  12. 2019年 J2 第11節 ジェフ千葉vs大宮アルディージャ 両者譲らずスコアレスドロー
  13. 2019年 J2 第10節 横浜FCvsジェフ千葉 工藤ゴールも後半失速で逆転負け
  14. 2019年 J2 第9節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 守備は安定も決め手に欠けてスコアレスドロー
  15. 2019年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 拮抗した試合も得点奪えず完封負け
  16. 2019年 J2 第7節 ジェフ千葉vsFC琉球 寿人弾で首位撃破
  17. 2019年 J2 第6節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 茶島のFKで今シーズン初勝利
  18. 日本vsボリビア 堅守に大苦戦も中島のゴールで辛勝
  19. 2019年 J2 第5節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 江尻監督初陣は引き分けに
  20. 日本vsコロンビア 攻撃陣躍動で沸くもPKで惜敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6