Top > 話題別 > 日本代表 > 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
« 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝 | メイン | 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦



SAMURAI BLUE

欧州遠征 日本代表vsウクライナ代表の試合をフジテレビの中継を録画してテレビ観戦しました。

マリ戦では後半ATに辛くも同点に追いつきましたが低調な内容。ウクライナ戦で、いいところを見せられるか!?

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに川島、CBに槙野と植田、右SBに酒井高、左SBに長友、ボランチに長谷部と山口、右SHに本田、左SHに原口、トップ下に柴崎、1トップに杉本という布陣でした。

vsウクライナ 先発メンバー

日本は、まずは前半5分、本田が右サイドを抜けて折返しに原口が飛び込むがシュートは打ちきれず。

ウクライナは、前半10分、左サイドに大きく展開して突破。折返しは、なんとか川島が抑える。さらに、前半13分、ウクライナは左から仕掛けてシュートも上に外れる。前半16分にも、右に展開してのクロス。酒井高徳に当たってバーに直撃するが、これはクリアする。

日本は、前半18分、植田がロングシュートを狙うが左に外れる。

ウクライナは前半22分、右から左に展開してのシュート。これが、日本の選手に当たってゴールに吸い込まれる。オウンゴールでウクライナが先制する。

さらにウクライナはセットプレーからもチャンスを作るが、ゴールは許さず。

日本は、なかなかウクライナからボールを奪えず苦しい展開が続く。それでも前半41分、原口が突破して倒されて得たFK。柴崎のボールに槙野が頭で合わせてゴール。日本が同点に追いつく。

さらに前半44分には槙野がミドルシュートも、右に外れる。

前半は、このまま1-1で折り返す。

ウクライナは後半4分のCK。ヘディングは防ぐ。

日本は後半10分、右から展開して左サイドへ。長友からのクロスはGKが弾き返す。

後半11分、杉本に代えて小林を投入する。

日本は後半14分、原口が突破して切れ込むがシュートは打てず。

後半19分、本田に代えて久保を投入する。

ウクライナは、後半24分、左サイドから突破して折返しを、落ち着いてシュートを打たれてゴール左隅に決まる。ウクライナが1-2と勝ち越す。

なんとか1点を返したい日本は、後半27分、柴崎から右に展開。久保のクロスはクリアされてCKに。日本のCKは、弾き返される。これをひろって柴崎がクロスをあげるが、これも弾き返される。

後半30分、ウクライナのシュートは川島が防ぐ。

後半34分、柴崎に代えて中島を投入する。さらに後半36分には、長谷部に代えて三竿を投入する。

後半41分、長友からのボールを受けた中島がシュート。小林に当たってしまうが、さらに中島がシュートもGKがキャッチする。

後半42分、原口に代えて宇佐美を投入する。

日本は後半45分、小林の落としから久保が抜け出してシュートもブロックされる。後半47分には、中島のクロスに久保が合わせに行くがわずかに届かず。

後半49分、ウクライナのGKからのパスが中島に渡ってそのまましかける。倒されてFKとなる。日本のFKは、中島が狙うがGKが防ぐ。久保が狙うが枠には飛ばせず。

試合は、このまま1-2でウクライナが勝利しました。

vsウクライナ 試合終了時メンバー

戦評

前半のはじめこそボールを回す時間があったものの、その後はウクライナのボール回しにプレッシャーがかけられず。サイドからの突破を許して危ない場面を作られました。失点の場面も両サイドから中へ攻め込まれてのものでした。1失点目は選手に当たってコースが変わってしまった不運もありましたが、もう少しなんとかしたかったですね。

2失点目は、完全に右サイドを崩されました。折返しのボールへの反応も遅れた事で、コースにシュートを打たせる事になってしまいました。

ウクライナのボールの動かし方がまた絶妙で、なかなかプレスをかけさせてくれません。まあ、日本のプレス自体が甘いというのもあるし、FWがプレッシャーにいっても後ろが連動しないのでボールを奪えるようなプレスではないのですよね。

どうにも攻撃に出れない中で、前半はセットプレーから追いつきました。ああいった展開だとセットプレーで点が取れると楽になります。

ただ、後半もウクライナに主導権をにぎられてしまいました。ボールの回し方が今一つで、パスミスになる場面も多かったので、ほとんど崩しての攻撃ってのはなかったですね。

この欧州先制では1分1敗。内容的にも厳しいものがありました。このままだと、W杯本番はかなり危ういですね。3連敗で終わる可能性すらあります。

選手評価
GK 川島 5.5
DF 槙野 6.0
DF 植田 5.0 
DF 長友 5.5
DF 酒井高 5.5 
MF 山口 6.0
MF 長谷部 5.5
MF 柴崎 
MF 三竿 6.0
FW 本田 5.5
FW 杉本 5.5 
FW 久保 6.0
FW 中島 6.5
FW 小林 5.5
FW 宇佐美 - 

関連エントリー
  • 2018年03月24日 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
    日本代表vsマリ代表の試合をテレビ朝日の中継でテレビ観戦しました。試合は、前半終了間際にPKで先制されるが、試合終了間際に中島のゴールで追いつき1-1の引き分けに終わりました。
  • 2017年12月17日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs韓国 惨敗で優勝を逃す
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs韓国代表の試合をフジテレビの中継で生中継で観戦しました。試合は、日本がPKで早々に先制するものの、韓国に前半だけで3失点。後半にも1点を失い、1-4で敗れました。
  • 2017年12月13日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs中国 2連勝で優勝に王手
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs中国代表の試合をフジテレビの中継で録画して観戦しました。試合は、日本がボール支配率で圧倒していたもののゴールがなかなか奪えず。それでも終盤に小林のゴールで先制すると、昌子のロングシュートで突き放し、PKの1失点に抑えて2-1で勝利しました。
  • 2017年12月10日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs北朝鮮 中村航輔の好セーブに報いる1勝
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs北朝鮮代表の試合をフジテレビの生中継で観戦しました。試合は、日本がボール支配率では上回っていたものの、再三北朝鮮に攻め込まれる苦しい展開。しかし後半ATに井手口のゴールで先制し1-0で勝利しました。
  • 2017年11月15日 ベルギーvs日本 後半の一発で惜敗
    ベルギー代表vs日本代表の試合をテレビ朝日の中継でテレビ観戦しました。試合は、前半を0-0で折り返すが、後半27分にルカクにゴールを決められて1-0で敗戦となりました。
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-11-06~2018-11-12

最近のエントリー

  1. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  2. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  3. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  4. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  5. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗
  6. 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗
  7. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  8. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  9. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  10. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  11. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  12. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  13. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  14. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  15. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート
  16. 2018年 J2 第32節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 攻守に安定してアウェイ連勝
  17. 2018年 J2 第31節 レノファ山口FCvsジェフ千葉 4発クリーンシートで快勝
  18. 2018年 J2 第30節 ジェフ千葉vs東京ヴェルディ 止まらない失点 追いつけず敗戦
  19. 2018年 J1 第22節 ベガルタ仙台vs湘南ベルマーレ 松崎しげる神来訪で大勝
  20. 2018年 J2 第29節 水戸ホーリーホックvsジェフ千葉 1点も奪えず終了間際の1発に沈む

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6