Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗
« 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利 | メイン | 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗



PASION

2018年 J2 第38節 ジェフユナイテッド市原・千葉vs大分トリニータの試合を観戦にフクダ電子アリーナまで行ってきました。

前節、山形に完勝して連勝でむかえた大分戦。今季5度目の3連勝をかけての戦いとなりました。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

vs大分トリニータ 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GK大野、CBに近藤とエベルト、右SBにゲリア、左SBに下平、アンカーに熊谷、ISHに小島と矢田、右SHに町田、左SHに船山、トップに指宿という布陣です。先発は前節で変わらず。

前半開始早々、相手のロングボールを処理した大野が自陣でボールを拾おうとしたところを三平にボールをつつかれて、そのままゴールへ。早々に大分が先制する展開となります。

ジェフは、前半7分のCK。ショートコーナーからのクロスは跳ね返されます。前半10分にもCK。戻したボールを町田がスルー。下平がシュートも上に大きく外れます。前半11分には、高木からボールを奪って町田に展開。町田の思い切りの良いシュートが決まってジェフが同点に追いつきます。

町田のゴール直後

ジェフは前半14分、左サイドに展開したボールから船山が突破。上がってきた下平に預けて、そのままシュートも高木がキャッチします。

前半16分、矢田が突破するもシュートは打てず。高木がクリアしたボールを近藤がさわれず裏にボールが抜けてしまいます。このボールを拾った藤本が抜け出して大野もかわしてシュート。大分が1-2と勝ち越します。さらに、前半21分、大分のロングボールに藤本が近藤と競り合いながらもシュートに持ち込むが、これは大野がセーブします。

ジェフは、セットプレーはあったもののチャンスをいかしきれず。前半29分には、矢田からのボールを小島が落として指宿がつないで町田へ。町田からのクロスを矢田がヘディングで合わせるが上に外れます。前半36分のCK。ショートコーナーからの町田のクロスに近藤が合わせるが枠には飛ばず。

前半37分、大分がロングボールからつないで右に展開。右サイドからの折返しを三平が飛び込んでゴール。大分が1-3とします。

その後のジェフの攻撃もチャンスにはつながらず。前半は1-3で折り返します。

ジェフはハーフタイムに指宿に代えて為田を投入します。船山がトップに入って、為田が左へ。

後半3分の大分の攻め。星がシュートも、大野が止めます。ジェフは、後半5分、為田が頭で落としたボールを矢田がミドルシュートも、高木が防ぎます。続くジェフのCKは、クリアされたボールをひろって町田がクロスをあげるが跳ね返されます。

後半17分、ジェフは小島に代えて茶島を投入します。町田がトップ下、茶島が右サイドに入ります。

ジェフは、後半20分、茶島が右から突破しておりかえしたボールを矢田が処理しきれず。かろうじてシュートは打つも高木がキャッチします。

後半24分、町田に代えてラリベイを投入します。

ジェフがボールを保持するもののチャンスに繋げられず。逆に大分は後半35分、右サイドで起点をつくって折返しを星が押し込んでゴール。1-4とします。

ジェフは後半38分のCK。ラリベイが頭で合わせるが枠に飛ばず。後半42分には、船山の折返しを茶島が狙うがミートせず。後半47分、FKのクリックリスタートから矢田が抜け出して折り返すとラリベイが体ごと突っ込んでゴール。2-4とします。後半49分には、ラリベイに頭で落としたボールを矢田がミドルシュートも、わずかに右に外れます。

試合は、このまま2-4で大分が勝利しました。

vs大分トリニータ 試合終了時メンバー

戦評

試合終了後の整列

大分相手に力負けでした。ミス絡みでの2失点が後半は重くのしかかりました。後半は、大分が5-4でブロックを作って、スペースを与えず。ジェフは思ったようなチャンスが作れないまま時間が経過してしまいました。

ジェフの1失点目は、大野のミスから。ボールを拾うなら完全に、相手をブロック出来る状態じゃないとやられてしまいますね。ただ、大分も同じような感じで高木がボールを取られたところからやられてます。町田のゴールで追いついたところで落ち着きたかったですね。

ジェフの2失点目は、おそらく大分のクリアボールだったと思うのですが、近藤がこれを処理しきれずに裏に通ってしまいました。近藤は後追いで、大野も止められず。この失点は痛かったですね。3失点目も大分のロングボールが起点ですが、ボールの運び方がうまかった。人数は揃ってましたが、いずれも後追いする形になってしまって後手を踏んでしまいました。これで2点差にされた事で、後半は相手の思うような展開にされてしまいました。

後半、大分のブロックに対して、縦パスをいれられるのが熊谷くらいで、しかもほとんど入れさせてもらえませんでした。ここのところは、小島がいい縦パスをいれたところからチャンスを作っていたので、ダブルボランチで中にボールを入れていった方が良かったようにも思います。ただ、為田辺りは外でもらう事が多いので、中が足りなくなる可能性はありましたが。大分は、ボールホルダーの前に1人が必ず立つようにして、その脇のスペースも消していたので、サイドに振るようなパスがせいいっぱいで、中々ボールを入れさせてもらえませんでした。

ジェフの2点目のように相手の虚をつくような形で、侵入していかないとなかなかチャンスになりませんね。まあ、ラリベイのゴールには意地を感じました。

ジェフも負けて、上位が勝った事で今シーズンのプレーオフ進出は消滅。J1昇格の目はなくなりました。残りの4試合はとにかく今シーズンの総仕上げとして勝ち続けて終わりたいものです。

選手評価
GK 大野 4.5
DF 近藤 5.0
DF エベルト 5.5 
DF 下平 5.5
DF ゲリア 5.5
MF 小島 5.5
MF 熊谷 5.5 
MF 矢田 6.0
MF 町田 6.0
MF 茶島 6.0
FW 船山 6.0
FW 為田 5.0 
FW 指宿 5.5
FW ラリベイ

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. アジアカップ2019 オマーンvs日本 微妙な判定も勝利しグループリーグ突破
  2. 第97回 高校選手権 準決勝 尚志vs青森山田 大激戦を制して青森山田が決勝へ
  3. アジアカップ2019 日本vsトルクメニスタン 大迫2発堂安決勝点も辛勝スタート
  4. 第97回 高校選手権 準々決勝 青森山田vs矢板中央 堅守突破逆転でベスト4進出
  5. 第97回 高校選手権 3回戦 青森山田vs大津 鬼門突破、完勝でベスト8へ
  6. 第97回 高校選手権 2回戦 青森山田vs草津東 2年連続圧勝スタート
  7. 2018年 観戦記録まとめ
  8. 第40回皇后杯 ジェフレディースvsINAC神戸 延長後半で力尽きる
  9. FCWC'18 準々決勝 鹿島アントラーズvsグアダラハラ 3発逆転で準決勝進出
  10. 2019年シーズン J1,J2,J3の顔ぶれが決定
  11. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  12. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  13. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  14. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  15. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  16. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  17. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  18. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  19. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗
  20. 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6