Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第2節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 ホーム開幕戦はドロー決着
« アルガルベカップ2017 なでしこジャパンvsアイスランド女子 高倉体制初勝利 | メイン | アルガルベカップ2017 なでしこジャパンvsノルウェー女子 横山2発で快勝 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年 J2 第2節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 ホーム開幕戦はドロー決着



Pasion 力戦奮闘

2017年J2第2節 ジェフユナイテッド市原・千葉の試合vsモンテディオ山形の試合観戦で、フクダ電子アリーナまで行ってきました。

まずまずの天候に恵まれ、チケットの売れ行きもまずまず。待ちに待ったフクアリ開幕戦がやってきました。

スポンサードリンク

エンジン奪取

試合経過

vsモンテディオ山形 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに多々良、近藤、西野。アンカーにアランダ、ISHに町田と壱晟、右WBに北爪、左WBにサリーナス、2トップに船山とラリベイという布陣でした。清武に代えてラリベイを先発起用となりました。

立ち上がりから積極的なプレスでジェフが仕掛けて行きます。前半早々の1分、ジェフのCKとなります。これは、西野が頭で合わせたものの枠を外れてしまいます。

さらに、前半3分。北爪が右サイドを突破して折り返し、町田がシュートもDFにブロックされます。さらに、ジェフのCKとなるが、これははねかえされます。

山形は前半6分にCKも、これは優也が直接キャッチします。ここからのカウンターで、ヤマトが飛び出す。相手GKが飛び出すが、ボールをコントロールできずそらしてしまう。GKがファウルで止めてしまいジェフのFKとなる。このFKは、こぼれ球を町田がシュートも上に外れてしまいます。

前半9分には、サリーナスが意表をついたロングループシュートも、わずかにゴール上に外れます。

なかなかチャンスが作れない山形は、前半14分にCKも、これはジェフが跳ね返します。

前半15分、中央でボールを受けた壱晟がシュートもブロックされます。跳ね返りを拾ってスルーパスも船山は反応できず。ジェフは、前半22分、右サイドへのスルーパスに反応したラリベイがボールを受けて折り返すが、船山は触れず。

前半28分、北爪がボールを奪って右サイドを突破すると、折り返したボールを受けた船山が反転してシュート。こぼれたボールを壱晟が狙うがGKがキャッチします。

さらに、ジェフは前半33分、スルーパスに抜け出した壱晟が左からの折り返し。町田が反応してこぼれたボールをラリベイが強烈なシュートもGKに防がれてCKとなります。このCKは、町田がシュートも跳ね返されます。

前半のCKのチャンス

前半は両チームゴールを奪えず0-0で折り返す。

後半早々の2分、山形は右サイドからクロスに阪野がシュートも左に外れる。そして、後半8分には、山形が右サイドで西野と入れ替わるとそのまま突破。折り返しを南がワンタッチで左に流して阪野が押し込む。山形が先制する。

後半10分、壱晟に代えて熊谷アンドリューを投入する。

反撃に出たいジェフは後半15分、ラリベイがペナルティエリアないでしかけてファウルをもらいPKをゲットする。このPKを船山が決めてジェフが同点に追いつく。

船山のPK

山形は、後半18分にFKを得るが、これは優也が直接キャッチする。後半23分にも山形のCK。菅沼がヘディングも上に外れる。

後半29分、船山に代えて清武を投入する。

ジェフは、後半30分、ラリベイが左からしかけてシュートもクリアされてCKとなる。このCKは、山形がはねかえす。

後半34分、山形は弛木がドリブルで抜け出すが、これは優也が防ぎ切る。後半36分、山形のCKは、優也が直接キャッチする。

後半42分、町田に代えて勇人を投入する。

後半45分のジェフのCKは、クリアされる。後半47分、ジェフは熊谷が右サイドからボールを入れるが、清武にはわずかに届かず。

試合は、このまま追加点が奪えず。1-1の引き分けに終わった。

vsモンテディオ山形 試合終了時メンバー

戦評

試合終了後の握手をする選手たち

山形は、木山監督がつとめるだけに、確実に裏を狙って来るだろうと思われましたが、前半はジェフの圧力が勝り優位に試合を進める事が出来ました。ただ、いい時間帯にゴールが奪えず。あれだけ押し込んでいるなら、2,3点はとっておきたいところ。

後半は、徐々に運動量が落ちてきて、さらに山形に先制点を奪われてしまいました。前半から何度から狙われていたサリーナスの裏。失点シーンでは西野が振り切られてしまい、中に入れられてしまいました。ここは、他のチームも狙ってくるでしょうね。西野は足が遅いのか、追いかける状態だとどうしようもない感じです。

ただ、割と早い時間に追いつく事ができました。ラリベイのうまい仕掛けでPKをもらって、船山が決めてくれました。PKですが、船山が今期初ゴールとなりました。ラリベイは、他の場面でも巧みな足技で突破する場面がありました。長身選手っぽくない、細かいステップで抜いていく感じは、実におもしろい。これは、相手は相当手こずりそうです。

結局、PKの1点止まりで、開幕連勝はならず。ただ、ハイラインの陣形に選手もなれてきたのか、ちばぎんかっぷから、前節と、段々と動ける時間が長くなってきました。足をつる選手も出なかった事で、選手交代も戦術的交代で使えたのは良かったと思います。

壱晟くんは、途中交代となってしまいました。前半から何度かチャンスを演出してはいたのですが、リズムを作る上では少し物足りなかったのでしょう。熊谷アンドリューは、ダイナミックな動きが特徴的で、特に左サイドでサリーナスとのコンビでチャンスを作りかけました。ただ、微妙なプレーもあって評価に迷うところです。

来週もホームでの一戦。J1からの降格組名古屋グランパスとの対戦です。勇人と寿人の兄弟対決が見られるのかも気になるところ。風間監督が就任した名古屋ですが、まだ開幕してまもないという事で、風間サッカーが完成しているとも思えず。個々の能力は、これまでよりも高いのでしょうが、劣化フロンターレならば今のジェフのハイプレスの恰好の餌食になるはずです。

両チームともに現時点でのチームの完成度を測るには絶好の相手でしょうね。ジェフからすれば、どこまでハイプレスで優位に試合をすすめられるか、名古屋はハイプレスのチーム相手にパスで引きはがせるかというところになります。

ここ2試合で2得点。今のスタイルで戦うならば得点はもう少し欲しいところです。

選手評価
GK 優也 6.5
DF 近藤 6.0
DF 西野 5.5
DF 多々良 6.0
MF アランダ 6.5
MF 町田 6.0
MF 壱晟 6.0
MF 熊谷 6.0
MF 勇人 - 
MF 北爪 6.5
MF サリーナス 6.0
FW 船山 6.5
FW 清武 6.0 
FW ラリベイ 6.5

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  2. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート
  3. 2018年 J2 第32節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 攻守に安定してアウェイ連勝
  4. 2018年 J2 第31節 レノファ山口FCvsジェフ千葉 4発クリーンシートで快勝
  5. 2018年 J2 第30節 ジェフ千葉vs東京ヴェルディ 止まらない失点 追いつけず敗戦
  6. 2018年 J1 第22節 ベガルタ仙台vs湘南ベルマーレ 松崎しげる神来訪で大勝
  7. 2018年 J2 第29節 水戸ホーリーホックvsジェフ千葉 1点も奪えず終了間際の1発に沈む
  8. 2018年 J2 第28節 FC町田ゼルビアvsジェフ千葉 完敗ムードをPK3発で追いつく
  9. 2018年 J2 第27節 ジェフ千葉vs松本山雅FC 現時点での力の差が出て完敗
  10. 2018年 J2 第26節 アルビレックス新潟vsジェフ千葉 耐え抜いて為田弾で連勝
  11. 2018年 J2 第25節 ジェフ千葉vsヴァンフォーレ甲府 工藤躍動 逆転勝ちで連敗ストップ
  12. 2018年 J2 第24節 カマタマーレ讃岐vsジェフ千葉 止まらない失点で3連敗
  13. 2018年 J2 第23節 ジェフ千葉vsツエーゲン金沢 セットプレー3発も逆転負けでホーム連敗
  14. 2018年 J2 第22節 ジェフ千葉vs大宮アルディージャ 逆転負けで後半戦も黒星スタート
  15. 2018年W杯 ベルギーvs日本 2点先行も逆転負けでベスト8進出を逃す
  16. 2018年 J2 第21節 栃木SCvsジェフ千葉 序盤のゴールを守りきりアウェイ2勝目
  17. 2018年W杯 グループリーグ終わっての順位表
  18. 2018年W杯 日本vsポーランド 1点差負けも決勝トーナメント進出
  19. 2018年W杯 グループリーグ二巡目終わっての順位表
  20. 2018年W杯 日本vsセネガル 2度のビハインドを追いついてドロー決着

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6