Top > 話題別 > 日本代表なでしこジャパン > アルガルベカップ2017 なでしこジャパンvsノルウェー女子 横山2発で快勝
« 2017年 J2 第2節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 ホーム開幕戦はドロー決着 | メイン | アルガルベカップ2017 なでしこジャパンvsオランダ女子 土壇場の失点で痛恨の敗戦 »

アルガルベカップ2017 なでしこジャパンvsノルウェー女子 横山2発で快勝

2017年3月 7日

アルガルベカップ

アルガルベカップ2017 なでしこジャパンvsノルウェー女子の試合をフジテレビの中継の生中継でテレビ観戦しました。

アイスランド戦での快勝をうけてのノルウェー戦。継続して、いい戦いが出来るでしょうか!?

スポンサードリンク

試合展開

なでしこジャパンの先発は、GKに池田、CBに熊谷と中村、右SBに高木、左SBに佐々木、ボランチに阪口と川村、右SHに中島、左SHに千葉、2トップに横山と籾木となりました。籾木が初先発となりました。

開始早々、ノルウェーの右サイドからの突破を許して、シュートまで持ち込まれるが逆サイドのポストに当たったところをクリアして難を逃れます。さらに、前半5分にもサイドを突破されてシュートを許すものの、これは上に外してくれます。

序盤のノルウェーの攻撃を凌いだなでしこが徐々にペースを掴み始めます。前半15分には、籾木から横山に渡ってシュートも、これはGKがキャッチします。さらに、前半16分、中島がカットインから直接狙うものの枠を外れます。

ペースを掴みながらもなかなかシュートまでもちこめない時間が続いたものの、前半30分には右からのスローインから横山がシュートもGKがはじきだしてCKとなります。このCKは、熊谷が合わせるものの上に外れます。

この後、ノルウェーに何度か攻め込まれてしまうものの、なんとか凌ぎきります。なでしこは、前半37分、左からのクロスに、阪口がヒールで合わせるもののGKが抑えます。

前半40分、なでしこのFK。中島がボールを入れるものの直接ゴールラインを割ってしまいます。さらに、前半43分、なでしこのCK。はねかえされたボールを拾って攻め込むもののファウルをとられてしまいます。

前半45分には、横山がドリブルから持ち上がってシュートもGKがキャッチします。

前半は、得点なく0-0でおりかえします。なでしこは、ハーフタイムに中島に代えて中里、千葉に代えて長谷川を投入します。

後半開始早々の1分、なでしこは横山から籾木に渡ってシュートもGKがキャッチします。

ノルウェーの反撃。後半4分、ノルウェーにシュートまで持ち込まれるが池田が防ぎます。さらに、後半6分にもノルウェーがシュートまで持ち込むが上に外れます。

後半10分、なでしこは左サイドから横山が中に入れたボールをひろった籾木がシュートもブロックされます。後半12分には、横山がミドルシュートもGKに防がれます。

なでしこが怒涛の攻めをみせます。後半13分、横山からのパスを受けた長谷川がシュートもGKがキャッチします。後半14分には、籾木からのパスを受けた横山が右サイドの角度のないところから思い切ったシュート。これが決まって、なでしこが先制します。

後半15分、川村に代えて宇津木を投入します。

なでしこは後半25分、FKのチャンス。籾木のヘディングはGKがキャッチします。

後半28分、籾木に代えて田中、佐々木に代えて鮫島を投入します。

後半31分、阪口のパスミスからノルウェーに攻め込まれます。シュートは上に外して助かります。後半34分のノルウェーの攻撃。シュートはブロックしてCKとなります。ノルウェーのCKは、ヘディングではねかえします。

なでしこの反撃。後半36分、阪口からのフィードに田中が抜け出しかかるもののシュートは打てず。再び、なでしこがペースを握り始めます。

後半44分、右サイド深くから中里がクロスをあげると、田中がヘディングもポストに当たってしまいます。この跳ね返りを横山が蹴り込んでゴール。なでしこが追加点を奪います。

最後まで、ノルウェーの攻撃を凌ぎきり、なでしこが2-0で勝利しました。

戦評

アイスランド戦につづいての快勝となりました。アイスランド戦ではゴールがなかったものの、横山がスペイン戦に続いてのゴール。しかも2得点で調子の良さをみせつけました。

初先発となった籾木も、ここまで持ち味をなかなかみせれなかったところを、この試合では存分に良さをみせつけました。ただ、ゴールが欲しかったですね。U-20でいっしょだった、長谷川も好調で、新しいなでしこジャパンで軸になる可能性をみせてくれました。

2012年U-20組の、池田、田中、横山、中里、高木といったところに、2016年U-20組の籾木、長谷川らが加わり、ヤングなでしこで活躍した選手が持ち味を発揮してくれました。アンダー世代の女子のこきみよいパス回しといった感じでした。これに、阪口や、宇津木、川村といったところが入って、さしずめオーバーエイジといった感じでしょうか。

スペイン戦での1敗がひびき、優勝決定戦にはまわれなかったものの、順位決定戦ではオランダと対戦する事になりました。最後も勝って終わりたいところです。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。