Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2016年 J2 第17節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 3発快勝
« キリンカップ2016日本vsボスニア・ヘルツェゴヴィナ 痛恨の2失点で優勝逃す | メイン | 2016年 J2 第18節 ジェフ千葉vs東京ヴェルディ 船山、井出のゴールも守りきれず引き分けに終わる »

2016年 J2 第17節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 3発快勝

2016年6月 9日

REVOLUTION NEXT 25

2016年J2第17節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsモンテディオ山形の試合をスカパーオンデマンドで視聴しました。

今年の平日開催は、いずれも山形戦となっています。ホームもアウェイも生観戦できずです。

スポンサードリンク

ジェフはアウェイ2連戦を2引き分けで切り抜けて6戦負けなしとなっています。ただ、引き分けの数が多く、ホーム連戦を連勝で飾って勝ち点3を積み重ねたいところです。

試合経過

ジェフの先発は、GKに優也、CBに大久保とジュヨン、右SBに多々良、左SBに阿部、ボランチにアランダと山本、右SHに船山、左SHに井出、トップ下に長澤、トップにエウトンという布陣でした。ターンオーバーか、近藤が外れてCBに大久保が入りました。町田が先発から外れて、長澤がトップ下での出場。山本が、アランダとコンビを組みます。

vsモンテディオ山形 先発メンバー

まずは前半4分、船山が左サイドで持ち上がって、エウトン、長澤とつないで、エウトンがシュートも、これはブロックされる。さらに前半5分には、井出から長澤に入って、シュートを狙うもブロックされる。

山形は、前半6分、伊東がシュートも左に外れる。

前半7分、ジェフのFK。船山がファーを狙って上げるが、跳ね返される。長澤がひろって、アランダへ。アランダがシュートを狙うが相手に当たって浮いたボールはGKがキャッチする。

前半11分、山形は流れてきたボールをディエゴがシュートも上に外れる。

前半13分、エウトンがプレッシャーをかけて、こぼれたボールを井出がひろう。井出がそのままペナルティエリアにしかけていって、フリーのエウトンへ。エウトンがなんなくゴールに流し込んで、ジェフが先制する。

前半15分、アランダが左サイドに展開して、船山が持ち上がる。中央にボールをおくって長澤が狙うがGKが先にキャッチする。この後、エウトンが肩を痛めて、吉田がじゅんびするものの、そのままプレーを続行する。

前半20分、ジェフが左サイドからのFK。阿部がいれたボールをエウトンが受ける。浮いたボールをエウトンが反転しながらシュート。これが決まって2-0とする。

前半23分、山形は、アルセウが強引にミドルシュートも左に外れる。後半29分、山形のFK。ディエゴが蹴るが壁に当たる。こぼれたボールをアルセウがシュートもDFに当たって左に外れる。山形のCKとなるが、これははねかえす。これを拾われて、またアルセウがシュートもブロックする。

前半35分、山形が左サイドに展開する。左サイド深くからのクロスは跳ね返す。前半39分、山形のCK。はねかえしたボールをひろった川西がシュートも右に外れる。前半41分、山形は伊東からのパスを受けた汰木がシュートもポストに当たって右に外れる。

前半45分、長澤が右サイドへクロス。多々良が頭で折り返すがオフサイドとなる。前半47分、アルセウがミドルシュートも左に外れる。

前半は2-0とジェフがリードして折り返す。

後半4分、ジェフが右サイドからのFKとなるが、ニアでクリアされる。さらに、後半5分、ジェフのFKも、跳ね返される。

山形は、後半8分、長澤からボールを奪ってカウンターに。右からボールを入れるが、これは跳ね返す。後半9分、山形は左サイドから高木がミドルシュートも上に外れる。後半11分の山形のFK。ヘディングシュートは優也がキャッチする。

後半12分、山本に代えて町田を投入する。長澤がボランチに下がって、町田がトップ下に入る。

後半14分、山形のCKは、優也がキャッチする。

後半16分、エウトンが右からボールを入れるが跳ね返される。さらに、ボールカットから阿部が持ち上がってパスを送るが、合わせきれず。

後半22分、井出から船山、エウトンとつながって、井出にボールを送るがクリアされる。後半23分、船山が振り向きざまにゴールを狙うが、弱くなりGKがキャッチする。後半24分には、船山が左サイドからボールを入れるがクリアされてCKとなる。このCKは、エウトンがシュートに行くが上に外れる。

後半25分、エウトンに代えて吉田を投入する。

後半31分、ジェフのCK。吉田がオーバーヘッド気味に狙うが打ちきれず、クリアされる。後半33分、船山から裏にボールを通すが、吉田はオフサイドとなる。

そして、後半35分、町田からのパスを受けた船山が左サイドを突破する。船山がファーにあげたボールを町田がボレーで合わせてゴールを奪い3-0と突き放す。

後半41分、阿部に代えて乾を投入する。

後半41分、ジェフのCK。ニアに入れるが跳ね返される。後半42分、アランダが持ち上がって右サイドの町田へ。町田が右からボールを入れて吉田が狙うがヒットせず。

山形は、後半44分、右からクロスを入れるがはねかえす。さらに、45分にも右サイドからクロスを入れるが、優也がキャッチする。後半47分、山形、右サイドからの攻撃。これははねかえすが、アルセウがミドルシュートも上に外れる。

後半48分、乾が左サイドを突破して折り返す。吉田がシュートも枠を右に外してしまう。

試合は、このままジェフが3-0で勝利した。

vsモンテディオ山形 試合終了時メンバー

選評

内容結果を含めて、今シーズン1番という出来栄えのゲームとなりました。3得点は、岐阜戦以来の2度目。完封勝ちは、熊本戦依頼となりました。前節の札幌戦で、2得点しながらも、同点に追いつかれてしまった反省を活かして、しっかりとゲームを閉めました。

2得点後、しっかりと守備からという事もあり、山形に攻められる時間が続きました。チャンス自体も作れていたのですが、ミスなどもありシュートが少なくなってしまいました。攻めこまれていた時間帯でも、カウンターからフィニッシュまで持ち込めていれば、もっと良かったですね。

近藤に代わって、CBに入った大久保がそつなく仕事をこなしました。ここまでSBでの出場だったのですが、連戦を乗り切る上では非常に助かりました。そして、乾は3-0とリードした事もあり、ようやくのJ2デビューを飾りました。少し、緊張気味の表情でしたが、あわやアシストというクロスもありました。

ボランチに負傷者が続出という事で、急遽コンバートされた、長澤のボランチも板についてきました。本来、攻撃的なポジションをこなしていたところで、ボランチも出来るようになりプレーの幅が広がったように思います。さらに、山本が戻ってきて、ポジション的にもいろいろなパターンを作れるようになってきました。

そして、町田が2試合連続となるボレーシュート。町田が一つ自分の形を作り始めたように思います。ポジション取りも良かったですね。チーム得点王を継続中です。町田が点を取れるようになって、いよいよ怖い選手になってきました。
エウトンも初の1試合2得点となりました。J2リーグにも慣れてきたようで、動きがかなりよくなっています。むしろ、この暑さはエウトンにとってはいいようですね。

町田の覚醒、エウトン爆発で、後は船山でしょうね。船山が点を取れるようになると、どこからでも点が取れるという体制になってきますから。

次は中3日でホームの東京ヴェルディ戦となります。レジェンドマッチも楽しみですが、やはり連勝したいですね。ターンオーバーした近藤が戻ってくるでしょうか!?長澤あたりがお休みとなるか、阿部も少々疲れがみられる気がするので、誰かが代わって入るかもしれませんね。

順位こそ8位のままですが、首位札幌が敗れて勝ち点差6に縮まって混戦模様になってきました。ここで勝ち点3を積み重ねる事は大事になってきます。次も勝利を

選手評価
GK 優也 6.0
DF 大久保 6.0
DF イ 6.0
DF 多々良 5.5
DF 阿部 5.5
DF 乾 - 
MF アランダ 6.5  
MF 長澤 6.5
MF 山本 6.0 
MF 井出 6.5
MF 町田 7.0 
FW 船山 6.5
FW 吉田 6.0
FW エウトン 7.5

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。