Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第18節 モンテディオ山形vsジェフ千葉 セットプレーからの2失点で完敗
« スイスvs日本 得点奪えず完敗 | メイン | 日本vsパラグアイ 乾の活躍でW杯前最終戦を白星で »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第18節 モンテディオ山形vsジェフ千葉 セットプレーからの2失点で完敗



PASION

2018年 J2 第18節 モンテディオ山形vsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNでテレビ観戦しました。

ホームで、山口に追いつかれて引き分けに終わり、アウェイ山形での勝利が求められる試合となりました。

スポンサードリンク

試合経過

vsモンテディオ山形 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GKにロドリゲス、CBに近藤、増嶋、右SBに真希、左SBに高木、アンカーに熊谷、右SHに矢田、左SHにサリーナス、トップ下に船山、2トップにラリベイと指宿という布陣でした。負傷の茶島に代えて真希をSBで器用。サリーナスが先発で入りました。

ジェフがボールを握る展開になったものの、前半2分には山形にシュートまで持ちこまれるがヒットせず。その後もジェフがポゼッションで上回るが、またもや前半8分に山形がシュートに持ち込むがDFに当たって右に外れます。続く、山形のCK。ヘディングシュートは、ロドリゲスがキャッチします。

ジェフは、前半12分、高木が左サイドからクロス。指宿が頭に当てて、こぼれたボールを船山が狙うがシュートは上に外れます。前半14分には、ジェフのCK。ショートCKからのクロスは、跳ね返されます。

ジェフは、前半20分。右からのクロスに、ラリベイが狙うがGKが弾き返します。これを指宿が拾ってシュートを狙うがブロックされます。

前半22分、高木のバックパスがミスとなり、山形のCKとなります。このCKは、阪野が頭で合わせてゴール。山形が先制します。

ジェフは、前半33分にFK。サリーナスが直接狙うが壁にあててしまいます。前半34分、増嶋のクロスにラリベイが突っ込むがファウルとなります。

ジェフは、熊谷と矢田のダブルボランチとし、右SHに船山、左SHにサリーナスという布陣に変えます。

ボールは持てるものの、なかなかチャンスが作れないジェフ。前半41分には、指宿のボールカットから持ち上がり、右に展開。船山のシュートは相手に当たってCKに。続くジェフのCKは、ショートCKから、サリーナスがクロス。指宿が頭に当てるがシュートは打てず。

前半は、1-0で折り返します。

ジェフはハーフタイムに、高木に代えて為田を投入。SBにサリーナス、前に為田が入ります。

後半2分、山形がカウンターからの攻撃。シュートは左に外れます。後半6分にも山形右からのシュートも枠の外。

ジェフは後半8分、ためだがカットインからのシュートもポストに当たって外れます。

ジェフは、後半10分、真希に変えて溝渕を投入します。

山形はFKから、再び阪野が頭で合わえてゴール。2-0とします。

なかなかシュートまで持ち込めないジェフ。後半21分には、矢田がミドルシュートもわずかに右に外れます。

後半26分、船山に代えて清武を投入します。

後半27分、清武の折返しにラリベイが狙うがCKに。続く、ジェフのCKは、跳ね返されます。

ジェフは、後半36分、為田のクロスにラリベイが頭あで合わせてゴール。2-1とします。

さらに後半40分、ジェフのCK。混戦となるが、跳ね返されます。このこぼれをひろって、左に展開してクロスからラリベイが落として清武が突っ込んできますがオフサイドとなります。

山形は後半45分、カウンターから汰木がシュートも右に外れます。その後のジェフの攻撃も得点には結びつかず。試合は、2-1で山形が勝利しました。

vsモンテディオ山形 試合終了時メンバー

戦評

ポゼッションでは山形を大きく上回ったものの、あまりシュートまで持ち込む事は出来ず。不用意に与えたセットプレーからの2失点で敗戦となってしまいました。

前半からボールは持てていましたが、なかなかサイドを突破出来ず。シュートまで持ち込む事が出来ませんでした。左サイドは高木にいい形でボールが入るとチャンスが作れそうな感じはしましたが、指宿にあてたこぼれを船山がシュートまで持ち込んだ場面くらいでしょうか。

右サイドは、真希が高い位置からクロスを送る機会はほとどんどなく沈黙した状態。高木のバックパスを増嶋が受けられず、そのままゴールラインを割って、なんでもないところから相手にCKを与えてしまいます。CKは、1人浮いていた阪野がヘディング。これが決まってしまい、あっさりと失点。ノーチャンスのところから相手に得点を与えてしまうという状況になってしまいました。

前半途中から、ダイヤモンド型からダブルボランチに変更し、両ワイドに船山とサリーナスをおく形にしたものの状況は大きく変わらず。
それでも、後半から為田が入って少し流れが出来て来ました。ただ、為田1人で打開できる状況も多くはなく、逆にFKからまたしても阪野に決められて失点。セットプレーから2失点というところで、これももったいない失点となりました。

その後、為田が粘ってクロスを上げてラリベイが合わせてゴール。単純にラリベイが高さ勝負で勝って軽く合わせただけでしたが、いいコースに決まりました。このゴールで勢いづいて同点まで持っていきたいところでしたが、追加点は奪えず。近藤をトップにおいて3枚を前に並べたものの、決定機自体がなかな作れませんでした。

まずは、山形の守備に苦しんだ事。これはもう、事前のスカウティングでもわかっていたとは思いますが、もう少しアイデアがほしかった。後半の得点でもあったように単純にラリベイ、指宿の高さを活かすのでも良かった気もします。両サイドが下がって5バックになるとスペースもあまりない状況だったので、パスを回しているだけだと、なかなかこじ開けるのは難しかったでしょうから。

相手の守備の固さもあって選手の判断も少しづつ遅くなってしまった気がします。サイドチェンジのボールがこの試合では少なかったと思うし、サイドを変えるにしてももう少し速く変えたいところでしたから。

茶島が負傷、小島もいなくて、町田が長期離脱中。なかなか中盤の攻勢でバリエーションがつけられなくなっています。為田は天皇杯でも好調でしたが、ダイヤモンド型の中盤では入れる場所がないという状況なのがもったいないですね。船山トップ下で4-2-3-1でも良かったのかなという気もしましたし。

エスナイデル監督らコーチ陣も含めた山形対策も、目に見えたものがなく、選手たちも相手の守備に対応出来ず。チーム全体として良くなかった試合だったと思います。ポゼッションで上回れる事は割り切って守備に回る相手にはまだまだジェフの力が足りていないという事がわかった一戦でもありました。

まずは、次のホーム愛媛戦で勝利する事。愛媛も負けがこんではいますが、大分に勝利していることから油断ならない相手です。ホームで、しっかりと勝ちきって、アウェイ連戦の松本、栃木戦につなげたいですね。

選手評価
GK ロドリゲス 5.5
DF 近藤 5.5
DF 増嶋 5.5
DF 高木 5.5
DF 溝渕 5.5
MF 熊谷 5.5
MF 真希 5.5
MF サリーナス 5.0 
MF 矢田 5.5
MF 為田 6.5 
FW ラリベイ 6.0
FW 指宿 5.5
FW 船山 5.5
FW 清武 6.0

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 2019年 J2 第9節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 守備は安定も決め手に欠けてスコアレスドロー
  2. 2019年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 拮抗した試合も得点奪えず完封負け
  3. 2019年 J2 第7節 ジェフ千葉vsFC琉球 寿人弾で首位撃破
  4. 2019年 J2 第6節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 茶島のFKで今シーズン初勝利
  5. 日本vsボリビア 堅守に大苦戦も中島のゴールで辛勝
  6. 2019年 J2 第5節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 江尻監督初陣は引き分けに
  7. 日本vsコロンビア 攻撃陣躍動で沸くもPKで惜敗
  8. エスナイデル解任と江尻監督就任
  9. 2019年 J2 第4節 水戸ホーリーホックvsジェフ千葉 先制するもAT弾で引き分け
  10. 2019年 J2 第3節 ジェフ千葉vsレノファ山口FC OG退場大量失点でホーム連敗
  11. 2019年 J1 第2節 横浜Fマリノスvsベガルタ仙台 一方的な展開で完敗
  12. 2019年 J2 第2節 ジェフ千葉vsアルビレックス新潟 ホーム開幕はよもやの大敗に
  13. 2019年 J2 第1節 愛媛FCvsジェフ千葉 スコアレスドロースタート
  14. 2019年シーズン J2順位予想
  15. ジェフユナイテッド2019
  16. 2019年シーズン J1順位予想
  17. 2018年 総括 ジェフ千葉 シーズン後半
  18. 2018年 総括 ジェフ千葉 シーズン前半
  19. ちばぎんカップ2019 柏レイソルvsジェフ千葉 白熱の一戦はPK勝利
  20. ジェフ千葉「2019キックオフフェスタ」楽しんできました

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6