Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 第96回 天皇杯 1回戦 ジェフ千葉vs北海道教育大学岩見沢校 エウトン爆発で圧勝スタート
« 2016年 J2 第30節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 今季ベストの試合で完勝 | メイン | ロシアW杯 アジア最終予選 日本vsUAE 痛恨の黒星スタート »
このエントリーをはてなブックマークに追加

第96回 天皇杯 1回戦 ジェフ千葉vs北海道教育大学岩見沢校 エウトン爆発で圧勝スタート



第96回 天皇杯

第96回 1回戦 ジェフ千葉vs北海道教育大学岩見沢校 の観戦でフクダ電子アリーナまで行ってきました。

さすがに、1回戦で相手も大学生という事もあり、客入りはよくはありませんでした。思いほか気温が下がって、かなりかなり涼しく感じました。

スポンサードリンク

リーグ戦では、ホームの岡山戦で快勝となり、この流れを続けていきたいところです。

試合前の記念撮影

試合経過

ジェフの先発は、GKに岡本、CBに大久保と若狭、右WBに丹羽、左WBに比嘉、ダブルボランチにアランダと長澤、右SHに菅嶋、左SHに町田、2トップにエウトンと船山という布陣でした。

岡本が、今季初先発となりました。岡山戦で、負傷退場だった近藤のところに、大久保が入りました。

vs北海道教育大学岩見沢校 先発メンバー

試合は、やはりジェフペースで進みました。チャンスは作っていたものの、フィニッシュが合わなかったりと、なかなかゴールは奪えず。

ようやく、得点が動いたのは前半25分。船山が抜けだして折り返したところを、エウトンがスライディングシュート。これが決まって、ジェフが先制します。

エウトンの先制点直後

これで勢いに乗りたかったジェフですが、ややペースダウンしてしまいます。ただ、岩見沢のチャンスはほぼなく、セットプレーのチャンスがあったくらいでした。

前半は、追加点が生まれず。1-0で折り返します。

後半もジェフペースで試合が進みます。後半10分、左サイドからの仕掛けで、比嘉が折り返したところを、最後はエウトンが押し込んでゴール。エウトンの2ゴール目で2-0とします。

後半のエウトンのゴール直後

後半13分、町田に代えて井出を投入します。

さらに、後半15分、左サイドからのボールが流れて右サイドの丹羽へ。丹羽はクロスを入れると見せかけて、直接ゴールを狙います。これが、決まって3-0と突き放します。

後半18分、船山に代えて阿道を投入します。すると、再びエウトンがゴール。ゴール前でフリーとなったところを難なくゴールを奪います。エウトンがハットトリックで4-0とします。

岩見沢は、後半になって何本かシュートを打ちますが、岡本の守備範囲内。ジェフは、井出や阿道が積極的に攻めこむものの、ゴールにはつながらず。

後半27分、菅島に代えて北爪を投入します。

すると、後半31分、左サイドから井出が大きくサイドを帰るパスを出します。北爪がラインギリギリで折り返したボールは高く上がってしまいますが、これにエウトンが頭で押し込んでゴールを奪い5-0とします。

その後もジェフが攻め続けるものの追加点は生まれず。井出もカットインからのシュートはあったものお、枠を捕らえられず。エウトンもチャンスを外ししてしまったりと、さらなる追加点とはいきません。

結局、試合は5-0でジェフが勝利し、2回戦に進出しました。

vs北海道教育大学岩見沢校 試合終了時メンバー

選評

試合終了後の握手をする選手たち

エウトンが4得点と大暴れとなりました。もっとも、ゴールシーンは、相手のマークがずれていたりと、エウトンにすれば簡単なゴールだったかもしれません。ただ、エウトンは、相手のレベルに関係なく、貪欲にゴールに向かっていった成果だったと思います。

逆に船山の方は、簡単なチャンスを外しすぎましたね。味方を活かすプレーは相変わらずよいのですが、自らのゴールも欲しかったと思います。

丹羽のゴールは、クロスを入れてくるだろうというところでのシュートで、味方も驚いたかもしれません。あれは、完全に意表を突かれました。あのシュートが枠に飛んだら撮れませんね。

全体的には、岡山戦でのいい部分を持続できるかというのが焦点だったと思います。相手のレベルからすれば、もっと出来てもよかったとは思いますが、ひとまず意識のところでは出来て居たかなとは思いました。距離感の部分ではできていたところと、そうではない部分があったように思いました。やはり、どうしてもパスコースを探す場面がありました。

ちょっと気になったのは井出でしょうか。早い時間にチャンスをもらったものの、乗りきれていなかったかなと。随所にらしさは見せてくれましたが、シュートシーンも好調時だったら決めていた気もしますし。

チーム事情として、リーグ戦とあまりメンバーを変えずに成熟させたいというのがあり、若手を使いませんでした。残念ではありますが、致し方ないでしょうか。2回戦も一週間後という事で、メンバー変更は最低限という事になるでしょうね。

2回戦の相手は、ツエーゲン金沢となったようです。J2のチームという事で、そこまで簡単にはいかないでしょう。リーグ戦では下位にいる、金沢ですが、この相手にまずは確実に勝てるところを見せて欲しいですね

選手評価
GK 岡本 6.0
DF 若狭 6.0
DF 大久保 6.0
DF 丹羽 6.5
DF 比嘉 6.5 
MF 北爪 6.5 
MF 長澤 6.5
MF アランダ 6.5
MF 菅島 5.5
MF 町田 5.5
MF 井出 5.5 
MF 船山 6.0  
FW エウトン 7.0
FW 阿道 6.0 

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-06-11~2018-06-17

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第19節 ジェフ千葉vs愛媛FC 前半戦ホームラストゲームを勝利で飾る
  2. ロシアW杯開幕 ロシアvsサウジアラビア/エジプトvsウルグアイ
  3. 日本vsパラグアイ 乾の活躍でW杯前最終戦を白星で
  4. 2018年 J2 第18節 モンテディオ山形vsジェフ千葉 セットプレーからの2失点で完敗
  5. スイスvs日本 得点奪えず完敗
  6. 2018年なでしこリーグ 第9節 ジェフレディースvs長野レディース 2点差を追いつかれ引き分け
  7. 2018年 J2 第17節 ジェフ千葉vsレノファ山口FC 指宿2発も痛恨のAT被弾でドロー
  8. 日本vsガーナ 国内最終戦は希望なき敗戦
  9. 2018年 J2 第16節 ジェフ千葉vsロアッソ熊本 3発逆転で完勝
  10. 2018年 J2 第15節 横浜FCvsジェフ千葉 土壇場のゴールで引き分けに持ち込む
  11. 2018年 J2 第14節 ジェフ千葉vsアルビレックス新潟 後半の流れを食い止められず逆転負け
  12. 2018年 J2 第13節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 小島のゴールを守りきりアウェイ初勝利
  13. 2018年 J2 第12節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 ラッキーゴールも試合内容では完勝
  14. 2018年 J2 第11節 ヴァンフォーレ甲府vsジェフ千葉 土壇場の同点劇でアウェイ初勝ち点
  15. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  16. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  17. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  18. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  19. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  20. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6