Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 第96回 天皇杯 2回戦 ジェフ千葉vsツエーゲン金沢 快勝で3回戦進出
« ロシアW杯 アジア最終予選 日本vsUAE 痛恨の黒星スタート | メイン | ロシアW杯 アジア最終予選 タイvs日本 2得点止まりも最終予選初白星 »

第96回 天皇杯 2回戦 ジェフ千葉vsツエーゲン金沢 快勝で3回戦進出

2016年9月 4日

第96回 天皇杯

第96回 2回戦 ジェフユナイテッド市原・千葉vsツエーゲン金沢の観戦でフクダ電子アリーナまで行ってきました。

徐々に雲が増えて、試合開始前や、試合後は弱い雨が降るような状況でした。スタンドは暑さは感じず、涼しいくらいでした。

スポンサードリンク

1回戦を無事に突破したジェフは、2回戦で同じJ2のツエーゲン金沢との対戦です。相手は、現在J2最下位のチーム。ここは、なんなく2回戦を突破してもらいたいところです。

試合前の記念撮影

試合経過

ジェフの先発は、GKに優也、CBに大久保と若狭、右WBに丹羽、左WBに比嘉、ダブルボランチにアランダと長澤、右SHに菅嶋、左SHに町田、2トップにエウトンと船山という布陣でした。

GKが優也に変わったほかは、1回戦と先発メンバーは変わらずでした。

天皇杯 vsツエーゲン金沢 先発メンバー

まずは、前半4分、ジェフのCK。船山のシュートは右に外れます。

その後も、ジェフがボールを回して攻めこむものの、中々決定機は作れず。右サイドから展開して左の比嘉を使う展開があったもののクロスが合わずにノーチャンス。

金沢は、ミドルシュートなどはあったものの、チャンスは作れず。それでも前半19分、金沢のFK。これは壁に当たってCKとなります。このCKは、優也がキャッチします。
さらに、前半23分、金沢のCK。はねかえしたボールは相手にわたって、シュートを打たれるが優也の正面。金沢に押される展開となってきます。

前半27分、エウトンから大きく左サイドに展開。しかし、比嘉のクロスは直接GKがキャッチします。
前半30分、ジェフのCK。町田がシュートもブロックされます。さらに前半36分のジェフのCK。若狭の折り返しに長澤が合わせてゴールかと思われたがオフサイドとなります。

前半38分、アランダに代えて勇人を投入します。

その後、ジェフがペースを握り返すものの得点は生まれず。前半は0-0で折り返します。

後半3分、金沢のFK。これは、クリアしてCKに。そのCKは、優也がキャッチします。後半9分の金沢のCKは、はねかえします。

後半12分、左サイドから右サイドへと展開。船山がシュート気味に折り返すと流れたボールがフリーのエウトンへ。エウトンが無人のゴールに流し込んで、ジェフが先制します。

エウトンのゴール直後

後半15分、ジェフのCKとなるが、はねかえされます。後半16分、ジェフのCKはクリアされます。
さらに、後半17分には、船山がミドルシュートも、上に外れてしまいます。

後半21分、金沢のミドルシュートは優也の正面となります。さらに、後半23分、金沢のFK。壁に当たったボールはクリアします。
後半24分、金沢のFK。中にボールを入れてくるが、そのまま誰にもふれずにラインを割ってゴールキックになります。

後半26分、菅嶋に代えて小池を投入します。

後半29分、金沢は熊谷のシュートがわずかに上に外れます。

後半32分、比嘉に代えて北爪を投入します。

後半34分、左から船山がクロス。小池が落として、エウトンがシュートも枠を外れます。

後半41分、長澤が左から持ち込んでシュート。これが、ゴール左隅に決まって2-0とします。

長澤のゴール直後

後半42分、金沢のシュートは、優也がキャッチします。さらに、ATには、金沢の波状攻撃から危ない場面がつくられますが、なんとかしのぎ切ります。

試合は、このままジェフが逃げ切り、2-0で勝利し3回戦に進出しました。

天皇杯 vsツエーゲン金沢 試合終了時メンバー

選評

試合終了後の握手をする選手たち

さすがに1回戦のようなわけにはいきませんでしたが、なんとか勝利して2回戦に進出しました。

前半は、なかなか決定機が作れず。ペースを掴み入れずに、逆に金沢にペースを作られる展開となりました。CKからオフサイドになったシーンが最大の決定機だったでしょうか。

後半に入って、ジェフがペースをつかみかけたところでのエウトンのゴール。ゴール自体は、簡単なものでしたが、その前の崩しがよかったですね。左から右とわたって、最後は左に流れたところをエウトンが押し込みました。

ただ、決定機はそこまで多くはなく、1点を返したい金沢の反撃を食らってしまいました。ただ、そこはよく守りきりました。少し、ラインが下がり過ぎな感じではありましたが、守備自体は安定してきた用に思います。

終盤に長澤が技ありのゴールで加点。これで、ほぼ勝負ありました。4分のATを凌ぎ切っての勝利でした。

3回戦の相手は、川崎フロンターレに決まりました。間瀬監督の秋田とも当たっても面白かったのですが、J1年間1位の川崎の当たれるのは面白いですね。長谷部監督に変わってきて徐々に改善の兆しが出て来ましたが、それがどこまで川崎相手に通用するかですね。

3回戦は9月22日という事で、リーグ戦が再開します。岡山戦から3戦連続無失点できました。これを是非継続して勝ち続けてもらいたいところです。

選手評価
GK 優也 6.5
DF 若狭 6.5
DF 大久保 6.5
DF 丹羽 6.0
DF 比嘉 5.5 
MF 北爪 - 
MF 長澤 6.5
MF アランダ 5.5
MF 勇人 5.5 
MF 菅島 5.5
MF 小池 - 
MF 町田 6.0
MF 船山 6.0  
FW エウトン 7.0

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。