Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第23節 ジェフ千葉vsツエーゲン金沢 セットプレー3発も逆転負けでホーム連敗
« 2018年 J2 第22節 ジェフ千葉vs大宮アルディージャ 逆転負けで後半戦も黒星スタート | メイン | 2018年 J2 第24節 カマタマーレ讃岐vsジェフ千葉 止まらない失点で3連敗 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第23節 ジェフ千葉vsツエーゲン金沢 セットプレー3発も逆転負けでホーム連敗



PASION

2018年 J2 第23節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsツエーゲン金沢の試合を観戦にフクダ電子アリーナまで行ってきました。

うだるような暑さとなった日中。まだ暑さの残る中の試合となりました。前節、大宮に敗れてホーム3敗目。これ以上はホームで負けられません。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

ジェフの先発メンバーは、GK優也、3バックに増嶋、エベルト、岡野、ダブルボランチに熊谷と小島、右WBに茶島、左WBに乾、右WGに船山、左WGに為田、1トップにラリベイという布陣です。天皇杯の神戸戦での布陣を継続してきました。

vsツエーゲン金沢 先発メンバー

まずは、前半3分、ジェフは茶島が右からクロスをあげるが逆サイドに流れます。乾がひろってクロスもゴール欄を割ります。

なかなかペースを握れないジェフ。前半11分には、金沢に攻め込まれるものの、なんとか凌ぎきります。前半12分には、金沢が左からボールを入れると垣田が反転してシュートも上に外れます。

さらに前半13分、金沢は右サイドを突破して中にボールを入れると、ワンタッチでボールをうけた宮崎がシュートを決めて、金沢が先制します。

なおも金沢ペースとなり、前半18分、金沢が右からの折返しは、中を抜けていくが左からのシュートはクリアします。はねかえりをシュートもブロックします。

ジェフは、前半20分頃から、岡野が右SBに入って4バックに変更します。船山がトップ下に入りました。

前半21分、スルーパスからラリベイが飛び出すがオフサイドとなります。さらに前半25分、ジェフのFK。増嶋が頭から飛び込むがシュートは枠を外れます。

金沢は前半28分にCK。垣田が競り勝つがボールは枠を外れます。ジェフは前半33分にCK。ショートCKから為田がクロスも跳ね返されます。

ジェフは前半35分に岡野に変えて真希を投入します。真希がそのまま右SBに入ります。

vsツエーゲン金沢 前半途中からのメンバー

ジェフは前半40分、茶島のクロスに熊谷が頭で合わせるが枠の外。さらに前半42分、ラリベイの落としを茶島がシュートもブロックされます。

ジェフは、前半46分にCK。増嶋が頭ですらしたボールをラリベイが押し込んでゴール。ジェフが同点に追いつきます。

ラリベイのゴール直後

前半は、このまま1-1で折り返します。

後半2分、金沢は左から持ち込んでシュートも、これは優也が抑えます。ジェフは、後半3分。熊谷が思い切ったミドルシュートも枠を外れます。

後半6分、ジェフのFK。エベルトが頭で合わせてゴール。ジェフが逆転に成功します。

エベルトのゴール

ジェフは後半8分、為田のミドルシュートも上に外れます。それでも、後半10分のCK。今度はニアで増嶋が合わせてゴール。ジェフが3-1と突き放します。

後半15分、金沢のFK。直接狙うが優也がキャッチします。

後半22分、茶島が突破してシュートもGKがはじき出します。さらに、後半25分、縦パスからラリベイが受けて真希へ。最初のクロスはブロックされるが、再び中央の小島へパスも、小島のシュートは大きく上にハズレます。

ジェフは後半26分、茶島に代えてサリーナスを投入します。熊谷がアンカーに、小島とサリーナスがISH、右に船山、左に為田の4-2-3-1に変わります。

金沢は後半29分、裏にボールを出して右サイドからの突破から折り返すと、エベルトの足に当たってそのままゴールに吸い込まれまれます。金沢が1点を返します。

さらに、後半31分、金沢が左サイドから突破してクロス。マラニョンが中で合わせてゴール。金沢が同点に追いつきます。

ジェフは、後半33分、エベルトに代えて近藤を投入します。

金沢は後半44分、シュートがリフレクトするが、枠を外れて助かります。後半45分、金沢のCKはクリアするが、さらに拾われたボールから放り込まれるが、ここは優也が防ぎます。続く、CKからサリーナスがファウルをとられてPKの判定に。このPKをマラニョンに決められて金沢が3-4と逆転します。

残り時間、近藤、増嶋を上げてパワープレーに出るもののゴールは生まれず。試合は、このまま3-4で金沢が勝利しました。

vsツエーゲン金沢 試合終了時メンバー

戦評

試合終了後の選手たち

セットプレーから3発逆転でも勝てませんでした。

試合当初の3-4-3がまったく機能せずに先制を許し、試合途中から4-2-3-1に変更。これでリズムを掴みはじめて、岡野に代えて真希も投入。これが実ったのが、前半AT。CKから増島がヘディングで合わせて、ラリベイがファーで詰めてゴール。前半のうちに同点に追いつきました。

さらに、後半5分にエベルト、後半10分に増嶋がセットプレーから得点。いずれも完全にフリーになる動きからのゴールでした。エベルトはフリーならあの高さは圧倒的です。増嶋は、駆け引きで上回りました。

それ以降も、ジェフペースが続いていたので、このまま逃げ切れるかなと思ったのですが。小島がフリーでシュートを大きく外した辺りから怪しくなります。茶島に代えてサリーナスを投入してアンカーシステムになったものの、監督の意図したとおりのボールポゼッションとはならず。

逆に、金沢が連続得点で同点に追いつきます。金沢の2点目はオウンゴールでした。エベルトがなんとか足にあてたのがゴールに吸い込まれたものでした。この時点ではまだ勝っていたので問題はなかったのですが、続く3点目は完全に右サイドを崩されてからのクロスでした。エベルトが先に触れずゴールを許しています。

ここで、なぜかエベルトに代えて近藤を投入。相手の勢いを打ち消すことは出来ずに、後半ATにPKを献上してしまい、再逆転を許す結果となりました。

アンカーシステムが全て悪いという訳ではないですが、あの交代から流れが悪くなってしまったので、そう見えるのは致し方がないと思います。ボールを追わなければいけないところで追えない場面が増えましたし、体力的なものもあったのかもしれません。まだ指宿、清武が残っていたので攻撃な交代も出来たはずですが・・・。

なお、エスナイデル監督は、終了時の整列のタイミングで抗議して退席処分となってしまったようです。

大量失点が続いており、ホームで2連敗で通算4敗目。もうすぐ1試合平均2失点というところまできていてるだけにどうするのか。このままエスナイデル監督で行くかどうかの分かれ目になりそうです。現状、エスナイデルの目指しているサッカーは8割方出来ていると思いますし、あとはどう試合で勝っていくかという段階です。うまく、今のサッカーを引き継いで安定させる人材がいれば、これから勝てるようになると思うのですが。

次節はアウェイで讃岐戦となります。アウェイ讃岐戦は行けないのでDAZN観戦となります。この試合のショックは相当あるでしょうから、苦手のアウェイで勝てるかどうかは今後にも響いてきそうです。

選手評価
GK 優也 5.5
DF 増嶋 6.0
DF エベルト 5.5
DF 岡野 5.5
DF 近藤 - 
DF 乾 5.5

MF 茶島 6.0
MF 真希 5.5 
MF 熊谷 6.0
MF 小島 5.5
MF サリーナス 
MF 為田 6.0 
FW 船山 6.0
FW ラリベイ 6.0

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-02~2018-12-08

最近のエントリー

  1. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  2. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  3. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  4. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  5. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  6. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  7. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  8. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  9. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗
  10. 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗
  11. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  12. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  13. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  14. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  15. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  16. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  17. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  18. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  19. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート
  20. 2018年 J2 第32節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 攻守に安定してアウェイ連勝

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6