Top > 話題別 > ユース年代高校選手権 > 第94回 高校選手権 2回戦 青森山田vs聖和学園 ドリブル軍団聖和を5-0で圧勝
« 第95回 天皇杯 決勝 浦和レッズvsガンバ大阪 パトリックの2ゴールでガンバが連覇 | メイン | 第94回 高校選手権 3回戦 桐光学園vs青森山田 劇的同点弾からのPK勝ち »

第94回 高校選手権 2回戦 青森山田vs聖和学園 ドリブル軍団聖和を5-0で圧勝

2016年1月 3日

第94回 高校サッカー選手権

第94回高校サッカー選手権 2回戦 等々力競技場で行われた、青森山田vs聖和学園の試合を観戦してきました。

1回戦で、青森山田は大社高校に0-2からの逆転勝ちとなんとか勝ち上がりました。元々、スロースターターな青森山田だったので心配でしたが、最後は地力の差が出ました。

聖和学園は、野洲高校を7-1と圧勝して勝ち上がってきました。とことん、ドリブルで攻めてくる独特のスタイルをもったチームです。

スポンサードリンク

試合前の整列

試合展開

序盤、ドリブルで攻め込む聖和学園にやや手こずっていた青森山田でしたが、目立ったチャンスは与えす。

前半3分には、青森山田が右サイドからの攻撃も、シュートは枠を外れます。

前半8分、青森山田は左サイドからボールをいれると、豊島のシュートは相手に当たりながらもゴールに吸い込まれる。青森山田が先制します。

その後は、聖和学園も攻め込む時間帯があったものの、チャンスにはつながらず。青森山田も決定機が作れません。

前半16分、青森山田はロングスローからの攻撃も相手に渡ってしまいます。前半17分、聖和学園が右サイドからドリブルシュートもGKの正面となります。

前半20分、青森山田はロングスローからの折り返しをシュートも、枠を外れます。

前半28分の青森山田のFKは、GKが直接キャッチします。

前半34分、聖和学園が右からクロスを入れるも、流れてクリアされます。

前半35分、青森山田は右サイドからの折り返しを嵯峨がスライディングで押し込んでゴールを奪い2-0とします。

前半は、このまま2-0で折り返します。

後半早々の青森山田のFKは、そのままラインを割ってしまいます。

お互いチャンスがないまま時間が過ぎ、後半14分、青森山田はロングスローから頭ですらすがGKにキャッチされます。

後半15分、青森山田の右サイドからのシュートは枠を外れます。さらに、後半16分、青森山田は右サイドからパスで崩して、ゴール正面からのシュートを決めて3-0と突き放します。

後半22分、聖和学園が、左サイドの角度のないところからシュートもGKがキャッチします。

後半23分、青森山田はスルーパスから鳴海が抜け出してGKとの1対1を確実に決めて4-0とします。

青森山田のゴール直後

後半28分、青森山田は後方からのロビングのパスをダイレクトで合わせるも、これはバーの上を越えます。

後半33分、青森山田のFKは、はね返されます。

後半39分、青森山田がゴール前でのパス交換から抜け出した神谷がゴールを決めて5-0とします。

後半42分には、青森山田は右サイドからのクロスにシュートも、これは枠を外れます。

試合は、このまま終了。青森山田が5-0で圧勝しました。

戦評

試合終了

ドリブル軍団、聖和学園の冒険は2回戦で終了しました。おもしろいスタイルではありましたが、青森山田には通用しませんでした。

ドリブルで仕掛けられても、確実にボールにアプローチにいけるところで青森山田はうまかったと思います。きびしくチェックにいっていたため、ファウルになるケースも多かった訳ですが、イエローカード2枚に抑えました。

青森山田としては、先に点が取れたのも大きかったように思います。聖和学園のスタイルを封じていた事で、相手もなかなか思うようにいかないなという感じがしていたと思います。

同じ東北勢同士ではありますが、青森山田はプレミアEASTで戦っており、それほど聖和学園と試合をするという事はなかったとは思いますが、うまく対処できました。青森山田はセカンドチームがプリンスリーグ東北に参戦しているので、情報自体はあったのかもしれません。

青森山田としては1回戦での苦戦に加えて、聖和学園が野洲相手に7-1という結果であった事もあって、最初からギアを上げてきていたなという印象はありました。青森山田は、ドリブルだったり、短いパス、長いパスと使い分けるバランスのとれたチームでした。聖和学園とは、真逆といってもいいかもしれません。

これで、青森山田は3回戦で、神奈川県代表の桐光学園高校との対戦となります。鬼門の3回戦を突破してベスト8進出なるかといったところです。

[青森山田vs聖和学園 公式記録]

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。