Top > 話題別 > ユース年代高校選手権 > 第97回 高校選手権 準々決勝 青森山田vs矢板中央 堅守突破逆転でベスト4進出
« 第97回 高校選手権 3回戦 青森山田vs大津 鬼門突破、完勝でベスト8へ | メイン | アジアカップ2019 日本vsトルクメニスタン 大迫2発堂安決勝点も辛勝スタート »
このエントリーをはてなブックマークに追加

第97回 高校選手権 準々決勝 青森山田vs矢板中央 堅守突破逆転でベスト4進出



第97回 高校サッカー選手権

第97回 高校サッカー選手権 準々決勝 青森山田高校vs矢板中央高校の試合を観に等々力競技場まで行ってきました。

3回戦、強豪大津高校に快勝した青森山田は、過去1度も敗退していない準々決勝を迎えました。相手は、堅守を誇る矢板中央高校です。

スポンサードリンク

試合前の記念撮影

試合展開

試合は、青森山田が優位に試合を進めるものの、なかなかチャンスが作れない展開となります。

すると前半13分、矢板中央はロングスローから跳ね返されたボールを拾って、クロスを上げるとファーサイドからのヘディングシュートが決まります。矢板中央が先制ゴールをあげます。

その後、1点を追いつきたい青森山田が反撃に出るものの、矢板中央の堅守を崩しきれず。苦しい時間帯が続きます。矢板中央はカウンターからチャンスをつくるものの、青森山田も失点を許さず。

前半38分、青森山田はロングスローから佐々木が触って、このボールに反応し胸トラップからのボレーを二階堂が頭で合わせてゴール。青森山田が同点に追いつきます。

青森山田の1点目直後

前半は、このまま1-1で終了します。

後半、青森山田はバスケス・バイロンが右サイドから突破。そこから連続シュートのチャンスをつかむものの、矢板中央のDFに阻まれてゴールならず。

それでも後半24分、青森山田はロングスローからはねかえりを拾った澤田のクロスを二階堂が蹴り込んでゴール。青森山田が逆転に成功する。

青森山田の2点目直後

青森山田は、終盤に二階堂が空振りで決定的チャンスを作られたものの、ここはGKのファインセーブで守り切る。

最後まで、矢板中央の攻撃を跳ね返し続けた青森山田が、2-1で勝利した。

戦評

試合終了後の整列

堅守の矢板中央に先制点を許したときには嫌な予感がしてしまいましたが、見事にはねのけて見せました。3得点すべてがロングスローから始まった攻撃でしたが、青森山田の方が上回りました。

総合力で上回る青森山田でしたが、先制点を許して苦しい状況になりました。ここで、伝家の宝刀のロングスローが活きました。1点目は、すらしたボールを胸トラップボレー、これを二階堂がゴール。この同点弾は前半終了間際だった事もあって非常に大きなものとなりました。後半だけで2点とってひっくり返すのと、同点で始まるのでは大分感覚が違うでしょうから。

逆転弾もロングスローが起点となりました。ここでも二階堂がゴールをあげました。ボールを入れた場所も良かったですね。青森山田のチャンスの場面でも、矢板中央の堅守は崩れなかったので、ロングスローから2点を取れたのは大きかったと思います。

苦しんで準々決勝を勝ち上がった青森山田は準決勝で尚志高校との対戦となりました。東北勢同士の戦いですが、プレミアEASE2位の青森山田に対して、プリンス東北王者が挑む形になりそうです。

[公式記録][ハイライト]

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6