Top > 話題別 > ユース年代高校選手権 > 第97回 高校選手権 2回戦 青森山田vs草津東 2年連続圧勝スタート
« 2018年 観戦記録まとめ | メイン | 第97回 高校選手権 3回戦 青森山田vs大津 鬼門突破、完勝でベスト8へ »
このエントリーをはてなブックマークに追加

第97回 高校選手権 2回戦 青森山田vs草津東 2年連続圧勝スタート



第97回 高校サッカー選手権

第97回 高校サッカー選手権 2回戦 青森山田高校vs草津東高校の試合を観にニッパツ三ツ沢球技場まで行ってきました。

第1試合の後半から観戦してましたが、第2試合のみ簡単にレポート。昨年も同一カードで対戦し、青森山田が5-0で圧勝しています。リベンジに燃える草津東ですが、どうなるか。

スポンサードリンク

試合展開

試合は、青森山田がゲームを支配する形で進みます。ボールは支配しながらもなかなかチャンスが作れなかった青森山田でしたが、前半13分、ゴール前でのパス回しから天笠が強烈なミドルシュートを放つとこれが決まって青森山田があっさりと先制します。

青森山田の先制点直後

その後も、青森山田がボールを支配する時間が続きます。ボールは持てているものの、あと一歩合わずチャンスになりきれない時間が続きます。それでも草津東にはシュートを1本も撃たせず。ほぼ、ワンサイドゲームで試合が進みます。

すると前半37分、バスケス・バイロンが右サイドから突破。倒れ込みながらもスライディングで折り返すと、武田がうまく流し込んでゴール。2-0と青森山田が突き放します。

前半はこのまま2-0で折り返します。

後半に入っても青森山田ペースは変わらず。後半13分、青森山田がCKのチャンスを得ると、檀崎からのボールを橋本が頭で決めて3-0とします。

青森山田の3点目

その後も青森山田が攻め続けます。後半15分、ゴール前で武が決定的なチャンスをつかむものの、シュートはGKに阻まれます。それでも、後半17分、CKからのボールを武が押し込んでゴール4-0とします。さらに、その直後の後半17分には、バスケス・バイロンのシュートのこぼれを小松が押し込んでゴール。5-0とします。

草津東は遠目からのシュートはあったものの、ほぼチャンスらしいチャンスは作れず。後半34分、バスケス・バイロンが右サイドからドリブルで突破し、そのまま強烈なシュートを突き刺して6-0とします。

試合は、このまま6-0で青森山田が勝利しました。

戦評

試合後の整列

青森山田が、草津東を返り討ちにするという内容でした。プレミアEAST 2位の青森山田が、滋賀県リーグ2位のチームを相手にした訳なので当然といえば当然ではありますが。

想像以上に力の差があったかなという試合でした。草津東は、ほとんど自陣でプレーする時間帯が長かったと思います。青森山田は守備もうまいので、なかなかチャンスを作らせてもらえませんでした。

とはいえ、青森山田も大会初戦という事で、前半はそこまで怖い攻撃は出来ていなかったと思います。ただ、早い時間に先制した事で焦りはなかったとは思います。それでも、青森山田が追加点を取れない時間に、同点に追いついたらまた違った試合展開になってはいたでしょうが。

Jリーグクラブ入りが内定している檀崎や三國、いわきFC入りが決まっているバスケス・バイロンなど注目選手が多くいる中で、その他の選手が得点に絡んでいるところも青森山田の強さの要因だと思います。

青森山田は3回戦に進出。相手は熊本県代表の大津高校に決まりました。大津高校は、プリンスリーグ九州で優勝して、プレミアプレーオフを勝ち上がって来季からプレミアWEST入りを決めているだけに、調子は良いのではないでしょうか。プリンスリーグにいるようなチームだと簡単には勝たせてくれないでしょうね。鬼門の3回戦を突破できるか

[公式記録]

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6