Top > 話題別 > 日本代表 > アジアカップ2019 日本vsトルクメニスタン 大迫2発堂安決勝点も辛勝スタート
« 第97回 高校選手権 準々決勝 青森山田vs矢板中央 堅守突破逆転でベスト4進出 | メイン | 第97回 高校選手権 準決勝 尚志vs青森山田 大激戦を制して青森山田が決勝へ »
このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアカップ2019 日本vsトルクメニスタン 大迫2発堂安決勝点も辛勝スタート



アジアカップ2019

アジアカップ2019が開幕。日本の初戦のトルクメニスタン戦をNHK BS1の中継を録画してテレビ観戦しました。

2011年大会以来の優勝を目指す戦いが始まりました。

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに権田、CBに吉田と槙野、右SBに酒井、左SBに長友、ボランチに柴崎と富安、右SHに堂安、左SHに原口、トップ下に南野、トップに大迫という布陣でした。

日本が主導権を握る展開となります。まずは、前半5分、柴崎がミドルシュートを放つも上に外れます。さらに前半11分、日本のFK。こぼれ球を堂安がヘディングで合わせるがGKがキャッチします。

日本が攻め込む時間が続くが、前半17分、トルクメニスタンが裏に抜け出してシュートを撃たれるが権田が防いで助かります。つづく、トルクメニスタンのCK。ヘディングシュートは上に外れます。

日本は、前半22分、原口の仕掛けから、最後は堂安がシュートもブロックされます。

前半27分、パスミスを奪われてトルクメニスタンのカウンターに。守備は戻っていたものの、ミドルシュートを決められてトルクメニスタンに先制を許します。

日本は前半30分、長友のクロスを堂安が競って、大迫が収めると反転シュートも枠を外れます。前半32分、ボール奪取から富安がミドルシュートも上に外れます。

その後も日本が攻め込む時間が続くもののトルクメニスタンの5バックを崩しきれず。前半36分、トルクメニスタンのシュートは権田のファインセーブで事なきを得ます。

日本は前半38分、右からのボールに南野が合わせるがGKがキャッチします。前半41分には、長友がカットインからミドルシュートを狙うが枠を外れます。

前半は、このまま0-1で折り返します。

後半、日本は両SBを高く上げて、幅を使った攻撃に切り替えていきます。すると徐々に日本がチャンスを掴み始めます。

後半6分、右からのクロスに原口が頭で合わせるが左に外れます。後半8分、トルクメニスタンがカウンターからシュートに持ち込むもののシュートはブロックします。

日本は後半9分、大迫が競ったこぼれ球を南野がシュートも枠を外れます。それでも、後半11分、原口が左から仕掛けて大迫へ。大迫がワンタッチで相手を外してシュート。これがゴール右隅に決まって、日本が同点に追いつきます。

さらに後半14分、原口が左からしかけて長友へ。DFが処理しきれず、長友がワンタッチで中にいれると、大迫が詰めてゴール。日本が逆転に成功します。

疲れの見えるトルクメニスタンだったが、後半18分のミドルシュートは枠を外れます。

後半19分、原口からのクロスに堂安が狙うが枠に飛ばせず。後半25分、日本がボールを回して、南野がシュートもブロックされます。後半26分、南野からのパスを受けた堂安が反転してシュート。これが決まって3-1とします。

後半27分、南野に代えて北川を投入します。

後半33分、トルクメニスタンにボールを奪われてスルーパスを通されると、権田が倒してPKを取られます。このPKを決められて3-2とされます。

その後、トルクメニスタンの反撃にあうものの、最後まで日本は失点を許さず。日本が3-2で勝利しました。

戦評

予想以上に苦しい展開となってしまいました。日本は、森保監督が縦にボールを入れて中から崩していくことを実践しようとしてましたが、5バックでタイトに守るトルクメニスタンに中々チャンスを作れませんでした。

逆に、トルクメニスタンからミドルシュート1発で先制点を許してしまう嫌な展開でした。結局、前半は、流れを変える事を出来ないまま終わってしまいました。ただ、1失点で終わった事で、まだ反撃の余地は残っている状況ではありました。

後半、縦パスを入れるだけの展開からやり方を代えた事がうまくハマりました。長友、酒井が高い位置をとって、原口、堂安がサイドを突破。サイドチェンジも交えて幅を使ったサッカーに切り替えます。これにより、暑さと前半からの疲れもあって、トルクメニスタンの集中力が徐々になくなっていきました。

そして、大迫が殊勲の2得点で一気に逆転に成功しました。この逆転劇で日本は勢いをつかんで、トルクメニスタンは意気消沈気味に。堂安の3点目で勝負はあったかに思えました。

しかし、簡単にスルーパスを通させてPKを与えてしまった事で、再びトルクメニスタンが生き返ります。日本も疲れがあったのか反撃もいまひとつ。最後は、トルクメニスタンの攻撃を跳ね返し続ける状況となってしまいました。なんとか、最後まで集中力を切らさずに、勝ち点3は得たものの苦しい勝利でした。

今大会、前回チャンピオンのオーストラリアが敗れるなど波乱含みとなっていますが、まずは勝ち点3を取った事がすべてだと思います。日本は、選手が入れ替わったり、発熱などでコンディションが整っていない選手もいる状況だったので、これから徐々によくなってはくると思います。

次戦は、オマーン戦。これも嫌な相手です。ただ、ここで勝てばグループリーグ突破が一気に決まる一戦でもあるだけに、確実に勝っておきたいところです。

選手評価

GK 権田 5.5
DF 吉田 5.5
DF 槙野 5.5
DF 長友 6.0
DF 酒井 5.5
MF 柴崎 5.5
MF 富安 6.0
MF 堂安 6.5
MF 原口 6.5
FW 南野 6.0
FW 大迫 7.0
FW 北川

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 第97回 高校選手権 決勝 青森山田vs流通経済大柏 逆転勝利で2度目の優勝
  2. アジアカップ2019 オマーンvs日本 微妙な判定も勝利しグループリーグ突破
  3. 第97回 高校選手権 準決勝 尚志vs青森山田 大激戦を制して青森山田が決勝へ
  4. アジアカップ2019 日本vsトルクメニスタン 大迫2発堂安決勝点も辛勝スタート
  5. 第97回 高校選手権 準々決勝 青森山田vs矢板中央 堅守突破逆転でベスト4進出
  6. 第97回 高校選手権 3回戦 青森山田vs大津 鬼門突破、完勝でベスト8へ
  7. 第97回 高校選手権 2回戦 青森山田vs草津東 2年連続圧勝スタート
  8. 2018年 観戦記録まとめ
  9. 第40回皇后杯 ジェフレディースvsINAC神戸 延長後半で力尽きる
  10. FCWC'18 準々決勝 鹿島アントラーズvsグアダラハラ 3発逆転で準決勝進出
  11. 2019年シーズン J1,J2,J3の顔ぶれが決定
  12. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  13. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  14. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  15. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  16. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  17. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  18. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  19. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  20. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6