Top > 話題別 > Jリーグ > 第95回 天皇杯 決勝 浦和レッズvsガンバ大阪 パトリックの2ゴールでガンバが連覇
« 第94回 高校選手権 1回戦 新潟明訓vs那覇西、遠野vs東福岡 | メイン | 第94回 高校選手権 2回戦 青森山田vs聖和学園 ドリブル軍団聖和を5-0で圧勝 »

第95回 天皇杯 決勝 浦和レッズvsガンバ大阪 パトリックの2ゴールでガンバが連覇

2016年1月 2日

第95回 天皇杯

第95回 天皇杯 決勝 浦和レッズvsガンバ大阪の試合をNHKの生中継でテレビ観戦しました。

浦和は9年ぶり、ガンバは2年連続の天皇杯制覇を目指します。

スポンサードリンク

試合展開

まずは前半4分、宇佐美が左サイドから突破をしかけて、折り返しをパトリックがシュートも、西川が触ってポストに当たる。

浦和は、前半8分に、李が折り返すがクリアされる。浦和のCKから槙野がシュートも東口が抑える。

ガンバは、米倉が負傷退場となる。前半11分に、井手口が投入される。今野が右SBに回る。

浦和は前半20分、宇賀神が左サイドからシュートもブロックされる。

前半25分、宇佐美へのロングパスが通るが、シュートは打てず。藤春へ渡してクロスをあげるが、パトリックのヘディングは右に外れる。

前半32分、ガンバはボールを奪って素早く前へボールを送ると、パトリックが抜け出して1対1からシュートを決める。ガンバが先制する。

前半34分、森脇のミドルシュートは、東口が抑える。

前半35分、梅﨑のクロスに李がヘディングシュートはポストに当たるが、跳ね返りを興梠がシュート。バーに当たりながらもゴールに吸い込まれる。浦和が1-1の同点に追いつく。

前半46分、浦和の攻撃。宇賀神のクロスは流れて、梅﨑が折り返す。最後は李がシュートも東口が抑える。

前半は1-1で折り返す。

後半2分、浦和は武藤がボールを持ち出して、中にボールを入れるがクリアされる。さらに後半4分、梅﨑がミドルシュートもバーの上を越える。後半5分には、李がシュートも東口が抑える。

後半8分、ガンバのCK。パトリックが中央でフリーとなりダイレクトシュート。これが決まってガンバが1-2と勝ち越す。

後半12分、ガンバのFK。遠藤が直接狙うが右に外れる。

後半12分、浦和は、梅﨑に代えて関根、武藤に代えてズラタンを投入する。

後半15分、浦和のCK。最後は巻のが頭に当てるが東口がキャッチする。後半18分、ガンバのCK。ショートCKからクロスを上げるがクリアされる。

後半20分、浦和のFKは、東口がパンチングで逃げる。ボールを拾ってクロス。はねかえされたボールを阿部がミドルシュートは防がれる。

後半22分、関根が突破からクロスも茄子のヘディングは東口がキャッチする。

後半24分、宇賀神に代えて高木を投入する。

後半25分、浦和は高木のクロスに、ズラタンが胸で落として、興梠が反転シュートも左に外れる。さらに、後半28分、高木のクロスに李がヘディングで合わせるも右に外れる。さらに、高木のクロスからズラタンが頭に当てるが、混戦から東口がキャッチする。

後半31分、ガンバは宇佐美に代えて内田を投入する。

後半32分、パトリックが右サイドから折り返して、遠藤がシュート。相手に当たってCKに。このCKは、はねかえされる。

後半34分、関根からのパスにリガシュートも、その前に興梠のファウルを取られる。後半35分、ガンバはパトリックが自ら持ち上がってシュートも枠を外れる。

後半36分、浦和のCK。那須のヘディングの跳ね返りを押し込むが、その前にファウルを取られる。

後半40分、ガンバのクリアボールが森脇に渡って、ミドルシュートも東口が防ぐ。

後半42分、浦和のFKは、東口がパンチングで逃げる。

後半42分、ガンバはパトリックに代えて長沢を投入する。

後半46分、浦和は高木のクロスは、ズラタンの頭に当たるが枠には飛ばず。

ガンバは後半47分、長沢が逆サイドにクロス。遠藤が拾ってシュートも枠を外れる。

後半49分、高木のクロスに、ズラタンがヘディングも上に外れる。

試合は、このままガンバが1-2で逃げ切り勝利した。ガンバ大阪が連覇を飾った。

戦評

攻めていた時間は浦和の方が長かったように思いますが、ガンバが確実に得点を奪ってきました。先制点は、ボール奪取から素早く前へ展開したところからパトリックが抜け出しました。浦和は、森脇が振り切られて1対1とされてしまいました。パトリックのシュートもうまかったですね。

ただ、浦和はすぐさま追いつきます。梅﨑がうまく相手を振り切ってクロス。李がのシュートの跳ね返りを、興梠が決めました。この場面は、迫力のある攻撃でした。

しかし、このゴール以降は、そこまでのチャンスは生まれなかったように思います。左右からクロスを送り込んでもなかなかチャンスにならず。後半は関根、高木を投入しましたが、ズラタンもゴールを奪えずでした。

ガンバの勝ち越し点は、サインプレーだったようですが、パトリックがうまくマークを振り切っていました。完全に中央でフリーになってシュートを決めました。

ガンバは、早い時間に米倉が怪我をするというアクシデントがあったのですが、全体としては影響がなかったように思います。逆に、浦和は負傷欠場の柏木、さらにこの試合で手を負傷した槙野の影響がもろに出ていた感じでした。

リーグ戦での勝ち点では浦和の方が上だったのですが、現在のチームの完成度ではガンバの方が上だったように思いました。浦和との対戦では、ガンバが勝ち越しており相性もあったのかもしれませんが。

これで、2015年シーズンはすべて終了となりました。2016年はJリーグの開幕が早くなるという事で、天皇杯で勝ち上がったチームは十分に休養が取れるかが気になるところです。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。